ホウレン草のムラゴンブログ

  • ホウレン草の種まきを考える

    昨日は本来ならば、交野マラソンが開催されるはずの日だった。 折角ここまで走ってきたのだから、自己満足のためにも10キロを走っておかねばと思い、コースは違うけれども同じ距離を走ってきた。 タイムは55分ちょっと。本コースとは違い、割と平坦なコースなので、記録は参考程度だが、目標としていた1時間切りが達成できたので、夜にはとっておきのワインで乾杯し、まあまあ満足して一日を終えた。 さて、菜園の話だが、

  • 思いだしたのでホウレン草種まき

    大阪とならとの県境はまだまだ朝が寒い。 とはいえ、かなり気温は上昇している。 特に昼間は15度を超える日が多くなってきた。 そこで、秋冬にうまくいかなかったホウレン草のプランターが空になっているのを思い出したので、同じ種をまいてみた。 まあ、種まきだけなので、かなりシュールな絵面になっているが、仕方が無い。 さて、発芽する?しない?

  • ホウレン草は次に向けてあらためます

    結局のところたいした成果無くここにいるホウレン草。 成長も止まり、葉も紅葉化し、周囲を訳のわからん雑草に囲まれ、ただ佇んでいるだけ。 もう3月です。入れ替えをしましょう。 思い立ったが吉日。 ということで、出勤前の間隙を縫って掘り起こしてしまいました。 この雑草がまた難儀で、結構根が深くて広くて大変です。 続きは土曜日に行うこととしましょう。

  • ホウレン草もお試し収穫

    パソコンって面倒くさい。 新しいパソコンに切り替えて、セキュリティソフトも切り替えないとダメなのよ。 その設定が面倒くさい。 ウチのホウレン草も面倒くさい。  これが限界? 大きい株を収穫してしまえ。 一応お試し収穫としておこう。  こんなものか? まあいいや。 面倒くさいが重なると、なんだか色々どうでもいいやになってくる。 いかんのだけどね。

  • ホウレン草は全然大きくならないので

    どうしようかと思っている。 タイトルから本文へ続けて書いてみました。 (だからどやさ) そのホウレン草を見てみるべ。 全体的に黄色くなってきてないか?  うん、やっぱり黄色いよね。 引き上げるときは収穫じゃなくて、撤収かも。 ま、仕方ないか。

  • 寒さに震えているかのようなホウレン草

    寒い寒い、1月だし仕方ないか。 昨日は野球チームの新年会。 そんなに飲んだつもりはなかったのに今朝はやや体調不良。 しかし、寒空の下で頑張っている(と思う)ほうれん草に励まされよう。 と思ったのだが、よく見ると、  葉っぱ、黄色くなってる? やばいかも。  緑は濃いけど、 ここからさらに大きくなったりするのだろうか。 1月だしなあ。 葉っぱの形はよさげなんだが、液体肥料を与えてみるか。

  • ホウレン草の行く先は如何に

    とうとう今年も最後の日が訪れた。 あっという間に大晦日である。 この一年、いったい何をしてきたのだろう。 なんだか虚無な日々だったような気がする。 さて現実に戻ろう。 やはり今思うと、種まき時期が少し遅かったのかな。 ホウレン草の成長が止まっているような気がする。 それとも超遅いのか?  一応それなりの形はしている。 しかし、冷静に考えれば、今頃収穫すればいいものなのではないのだろうか。 種袋には

  • ホウレン草の間違い探し

    期待を込めて種まきしたちぢみホウレン草。 周囲にやたら緑色の小さな草が生えている。 もちろん可能な限り抜いて、またぞろ地面の中に埋めてやりました。 さてここで問題です。 下の2枚の写真はどこが違うでしょう。 間違い探しみたいなもんです。 正解は間引きしました。 ぽっかり空いたスペースがその跡です。 後一度だけ間引きが必要になるかもしれません。

  • ちぢみホウレン草は間引きしてみた

    発芽後、20日以上も経っている。 そろそろ間引きしないと。 そんなホウレン草。 我が農園では、まだまだ鬼門作物のひとつなんだべさ。 つまりはリベンジ作物でもあるということ。 あんまし変わんねえように見えるだが、そこそこちゃんと間引きした。 但し一回目ということを意識して。 十日ほど経ったら、最終間引きをすると思う。

  • さあて、どうするホウレン草

    いわゆるちぢみホウレン草。 発芽して数日が経ちました。 意外と成長が遅い。  この密集度合。 早目にまびきしてやらんといかんかなあ。 でも、見た目ひ弱そうだし、一気にしおれるのが少し怖い。

  • ホウレン草も発芽していますし・・・

    ショウガを撤収した跡地に種まきしていた新ホウレン草。 無事に発芽しました。 まだまだ小さいけど、今からもっと大きくなってくれるよね。 ん?よく見ると、  端っこの方でこぼれ種が・・・。 これはこれで様子を見ていくことにしよう。

  • 種まきホウレン草はヨメ好み

    ショウガを撤収したプランタが空いている。 ここに秋冬作物の種まきをしてみよう。 まく種はこれだ。  いわゆる縮みホウレン草か。 これはヨメが好きで毎冬に買いまくるんだよね。 縦一列の筋蒔きにしてみました。 さて、上手く発芽してくれるかな? ホウレン草も、我が農園では気まぐれ集団作物のカテゴリだからな。

  • ホウレン草は夏に弱い

    そろそろ諦めます。 やっとのことで発芽させたホウレン草ですが、日差しに負けてます。  ココから先、成長しません。 この時期にホウレン草が売られてないのは、暑いからです。 だいたい種袋に「寒さに強い」って書いてあるし。 近く、強制撤収します。んんんんん残念。

  • ホウレン草をまびきしてみたら

    大雨を乗り切ったホウレン草たち。 間引き前なので、 寄り添っている。 これが大雨をしのげてきた要因の一つ。 もう梅雨も終わったし、そろそろ間引きをしなければ。  ということで間引き実行。 さて、暑い夏を乗り切れるかな?

  • 発芽そろい踏みホウニンパク

    先日種まきしたものが、今回は割と順調に発芽しました。  ホウレン草です。  黄色いニンジンです。  パクチーです。 この時期のホウレン草は初めてだし、パクチーはどうなる変わらないし、 いずれにせよ楽しみです。 結局虫に食われることになるでしょうけどね。

  • トウ立ちしてしまったホウレン草

    これもあっという間の出来事だった。 何かおかしな飾りが飛び出てる。  花の蕾。 いわゆるトウ立ちってやつだな。 何でホウレン草って大きくなる前にトウ立ちしてしまうんだろう。 仕方ないので、蕾をカットして収穫しました。 一応、それらしく見えるよね。

  • まびきその2ホウレン草

    何とか出そろったホウレン草。  沢山じゃないけど、間引きします。 まびき後の様子がコレ。  なんか淋しくなった? 思い切ってまびいたんだから、茶々を入れないこと。 さて、どこまで大きくなってくれるかな?

  • やっとホウレン草が発芽した

    元は子供の朝顔鉢。今ではオイラのホウレン草鉢。 種まきしたのはいつだっただろう。 そしてようやく春が来た。 発芽でーす。 ちょっとウキウキしてまーす。

  • ロンリーホウレン草収穫

    玉ねぎのプランターにただ一人生えていたホウレン草。 それなりの大きさになったので、収穫することにした。 鳥や虫に食べられる前にオイラが食べる。 立派とは言わないが、これで十分に満足。 種まきしたものはいつ発芽するのかな。 ホウレン草の種は殻が堅くて発芽が遅い。 もうちょっと待ってみよう。

  • 種まきゾロゾロいくつ蒔いた?

    明日から本格的な春が到来。 それに備えて種まきをゾロゾロ。  ときなし大根  中葉春菊  辛味大根  ルッコラ  ほうれん草 さて、発芽するのはいくつかな?

  • タマネギの横で頑張るほうれん草

    タマネギのプランターです。 タマネギのさることながら、 そのタマネギの脇で、立派に踏ん張っているほうれん草が逞しい。  応援してやってください。

  • 瀕死の玉ねぎとひょんな飛び入り

    タマネギも冬は苦手。そんな感じ。 上の5株植えと下の3株植えとで明暗が分かれている。  上の株。 小さいながらも特に変わりなし。  下の株。 植え付けた時よりも小さくなっているのはなぜ。 そんな中、ひょんなお友達が顔を出す。  種まきした記憶がある。 おそらくはほうれん草だろう。今頃発芽してきやがった。 折角なので、しばらく放置してみよう。 これはこれで面白そうだ。

  • 秋に向けて果敢に種まきしてみる

    何はともあれ、 夏は最悪だった。おいらの4月から8月までの4か月間は一体なんだったんだろう。 思えば躓きはあの事だったのかもしれない。 そろそろ癒えているはずなのに、次の煩いが始まっている。 いつまで続くのやら。 そんなこんなを払拭するためにも秋に向けての種まきは重要である。  これはほうれん草。 まだあんまり我が農園ではまともな収穫ができていない品種。  これはサラダ菜。 初年度の衣類ケース栽培

  • イチョウ葉エキス(シュワーベギンコ)は僕のポパイのホウレン草!

    シュワーベギンコの効果がスゴイ!脳の働きに超プラス! イチョウ葉エキス シュワーベギンコ | アサヒフードアンドヘルスケア 最終秘密兵器 いちょう葉エキスで脳を活性化! これ本当に脳の働きを良くしてくれます。 皆さんもぜひ試しに何粒か飲んでみてください。 飲んでからしばらくすると 頭の辺りがちょっぴりズキズキし始めて 脳がギシギシ回転し始めるのがよく分かります。 まあ、口の中に入れるものなので、