• まだやるか苗の植え付けサラダ菜、えっ?種まきも?

    パプリカの鉢が開いたので、苗を買ってきて植えたとさ。 買ってきたタイミングはパセリと同じ。  ほらね可愛いでしょ。 このあと帽子を載せて防寒に備えます。 そして種まきは2点。  スナップエンドウ と  辛味だいこん 新しい種ではないので、本当に発芽するかどうかも不安です。 一応帽子をかぶせて、晴れた日には気温を確保します。 発芽するかな?

  • かわいい大根12月を前に撤収します

    かわいい大根です。 そういう名前の大根です。  あまりよからぬ予感がします。 もうちょっとおいてみてもいいのですが、予感のために抜いてみます。 やはり予感通りでした。 この様子だと、いくらおいてみても変わらなかったでしょう。 さて、この後どうするかな。

  • 大根、もーいいかい?まーだだよ。

    種まきからちょうど2か月が経過したところのかわいい大根。  葉っぱは大根らしい。 では根っこはどうかな。 なんだか斜めに生えている。 なんだか綺麗な大根っぽい。そろそろかな、いやもうちょっとかな。 抜いたら終わりだしな。 来週ぐらいに収穫してみようかな。

  • おいしそうな立ち姿*だいこん様 Vol.79

    田舎の一軒家さんで大根の収穫が始まりました。 葉っぱの先から根の先までおいしい大根 さまざまな料理が浮かんできます。 Copyright © 2017 Yoshiko Takatsuka. All rights Reserved. 無断転載を禁止致します

  • 大根の行く末

    大根を育てていたのを忘れていたかのような間が開いた。 左の大根はそろそろのはずなんだが、大きさはさほどでもなく、まだ放置している。 右の方は種まきして、発芽はしたのだが、  ご覧のとおり、見事に食われまくっていた。 夜中に何べん見回りに行けば収まるのだろう。 見に行くたんびに芋虫を発見する。そして潰す。この繰り返しである。 さて、ダメ元でもう一度種まきするか。

  • ぶりと大根のスープ

    ぶり、大根、昆布、醤油、みりん、酒、オリーブ油

  • 成長しないかわいい大根

    種まきしたのはいつだったっけ?もう覚えていない。 絵ズラが変わってないような気がする。 左の、 これだけは多少大きくなった? けれども、 これは最悪。 引っこ抜いて、種まきしなおした。 ここ最近はさすがに寒くなってきたので、発芽するかどうか心配。

  • 秋に向けて果敢に種まきしてみる

    何はともあれ、 夏は最悪だった。おいらの4月から8月までの4か月間は一体なんだったんだろう。 思えば躓きはあの事だったのかもしれない。 そろそろ癒えているはずなのに、次の煩いが始まっている。 いつまで続くのやら。 そんなこんなを払拭するためにも秋に向けての種まきは重要である。  これはほうれん草。 まだあんまり我が農園ではまともな収穫ができていない品種。  これはサラダ菜。 初年度の衣類ケース栽培

  • 夏の辛い辛味大根収穫

    普通の大根でも夏の大根は辛いと言われる。 その中で作っていた辛味大根。 こんな感じになったので、先端が出っぷりになる前に収穫することにした。 とはいえ、少し遅かった。やっぱり先端がでっぷりしている。 こういう形になる前に抜かなきゃいかんのだな。 3株育成だったが。もう1株は生育不良なので、あきらめます。 さて、空いたプランターどうしようかな。 一昨日からヨメも娘も不在。 どんないけないことしようか

  • 辛味大根ホジホジしてみたけど

     辛味大根。 わりと葉っぱがワサワサしている。 根っこの方はというと、 結構、こんにちわしてるのだ。 少しホジホジしてみたのだが、これ以上深いところに達していない。 どうしようかと思ったが、もう少しだけ放置してみることにした。 それでも、数日後には抜いたほうがいいかもしれない。 昨日、ラジオでパーソナリティが言ってたセリフ。 「切ない想いって失恋してから発生する感情なんだよね。」 恋愛中に発生する

  • 残っていたかわいい大根抜いてみたら

    成長が遅れていたため、1株だけ残していたかわいい大根。 葉っぱも元気だし、そろそろプランターも空けたいし、ということで抜いてみた。 小ぶりだけど形はまあまあ。久しぶりにいい収穫だった。 このところ撤収ばかりでいい思い出来なかったが、これは収穫と言える。 大根だけが心の支え?

  • 辛味大根はちょっと遅かった全部収穫

     辛味大根。 これだけじゃねえ。わからないのよねえ。地中がどうなってるか。 そこで、ちょっと大きめの株を抜いてみた。  この形は・・・。 完全に行き過ぎている形。 これはもういけない。残りの2株も抜いてみた。  思った通りだった。 地上の太さがイマイチだと掘り返すのに勇気がいるんだよね。 何日って決めてかかっても、ウチの農園じゃだいたい2割増しだし。 昨日から咳が出てどうも具合が悪い。 今朝は窓も

  • かわいい大根収穫二本目はどうか

    3株の内の1株を引っこ抜いて残り2株の大根。 さて、そろそろ二本目を抜きますか。 思いのほかワンダホー。ちょっと小さいけど。 しかし、贅沢言っちゃいけません。 最近、不調続きだったにもかかわらず、いい収穫ができたことに感謝すべきです。 残りは1株。大きさはイマイチなんだ。 もしかしたらダメかも。こいつは。

  • ピーマン⁈ 成長期のトウモロコシ

    ムチムチに育ったピーマン。 に見えますよね。 でもこれ、もう少し、もう少し待てば、黄色になるはずなんです。 パプリカの苗を買って植えたので…。 本当に黄色になるのかしら? 一抹の不安…。 もう少し待ってみます。 もう一つ今成長期を迎えているトウモロコシ。 6月7日は、 こんなだったのが、 7月14日 7月21日一週間でググっと成長しました。 最近の毎日の暑さ、梅雨時期は、こちらは雨がしっかり降った

  • 辛味大根も復活の兆し・・・か?

    どっかのスポーツ新聞の見出しのような出だしで始めて見ました。  現在の様子。 手前選手はかなり復活模様ですが、向こう選手はイマイチ調子上がらず。 そこで監督である小生は、この鉢の向きを180度ひっくり返す作戦をとる。 これで日当たり具合が変わってくるので、向こう選手も調子を取り戻してくれるのではないかと期待している。  まだこんなもの・・・。 されど、大根は強し。そう願っている。

  • 大根だけは調子がいいかも

    先週は散々だった。 なんだか何もかもがうまくいかない。そんな何日かだった。  大根がいい勢い。 放置しすぎるとまたぞろ根切り虫にやられそうだったので、大きな株から抜いてみた。  非常にいい感じ。 なんだか、一線の光を見た感じがする。 これは葉っぱも食べられそうだ。 残りの2株も早いうちに収穫できればいいな。

  • 防災リュックのチェック 続き

    先日、「防災リュックのチェック」というタイトルで、ユルい記事を書いてしまったので、続編で真面目に書きます。 数年前、無料で聞ける講演会で防災の話を聞きに行きました。 NPO法人プラス・アーツ の『地震ITSUMO講座』という講座です。 神戸市にあるNPO法人だそうで、阪神・淡路大震災での体験を起点にして、2006年に設立された法人のようです。(間違っていたらごめんなさい。) 阪神・淡路大震災以後も

  • 大根の間引きとノベル第三弾公開

    辛味大根が発芽しました。  今回の予定は3株です。 あんまり置いておくと、徒長してしまうので、早めに間引きします。 今回ははさみでチョッキン方式で行いました。  絵ズラ的には淋しいもんです。 後は不織布をかけるかかけないか、芋虫のことを思えばかけたほうがいいし、ナメクジやアブラムシのことを思えばかけない方がいいし。 そうだ、忌避剤方式にチャレンジしてみよう。 何にするはまた今度。 さて、ノベル第三

  • 大根の生命力とは

     見るからにぼろぼろの大根。 しかし、ボクは信じていた。彼らが底力を見せつけてくれることを。 すると、真中の株に変化が。  新しい葉っぱが出てきている。 そして左端の最も行けなかった株も。  新しい葉っぱを出してきた。 最後まであきらめずに、頑張る姿ともいえる。 世の中で落ち込んでる人、ブルーな人、そんな人たちに感じて欲しい。 って、ボクのことか。 さあ、前を向いて歩こう。 ござるな偏り凝り食い記

  • 辛味大根は葉っぱがスケルトン

     ここから見てもわかります。 葉っぱがズタボロです。 まるでオイラのハートの様です。  みるからにスケルトンです。 完全無農薬の証しではありますが。 毎日虫取り作業がたいへんです。取っても取っても芋虫がわいてきます。  根っこはまだこげな感じです。 早く太くなってくれないと、早く葉っぱを増やしてくれないと、種まきをしなおさなくてはなりません。 いっそのこと、あきらめるか。 ござるな偏り凝り食い記録

1 2 3