潜血尿のムラゴンブログ

  • 信じられないハプニング続き

    妊娠25週目、7カ月にはいりました。 あと残り3分の1です。 私にとって大イベントだった結婚パーティーも無事終わりました。ハプニング続きでストレスMAXでした。 プロフィールムービーっていうのを作ったんですが、旦那の子供の頃の写真を義母に30枚ほどアルバムから剥がして送ってもらったところ、まさか郵便局が紛失。。。 そんなことってあるの。。という感じでした。 郵便局側に問い合わせたら 「写真くらい、

  • 妊娠継続中 Bスポット治療しつつ、霊感対決していたお子の性別判明

    こんにちは。ハイリスク妊婦継続中です。 妊娠23週目にはいりました。 今日も久々の耳鼻科でBスポット治療。。。 泣きそうになりながらも、まだ血が付着するので上咽頭炎が悪さをしているようです。 しかし、妊娠してからぐんぐん蛋白尿が減っている奇跡。。食事がよいのか、休むようになったからなのか、はたまた自己ステロイドが効いているのか。 嬉しい限りです。 先日病院でスクリーニング検査なるものを受けました。

  • 産婦人科を腎臓内科併設の病院へ移転 iga腎症と妊娠

    遂に妊娠6週目3日にはいり、産婦人科をかかりつけの腎臓内科のある病院へ移動した。この病院は都内にあるのだけど、古いけれど看護師さんや先生や検査技師さんがちゃんとしてるから、病院嫌いの私も気に入ってる。 中身重視の病院だ。 この病院では初の産婦人科。他のところにあんまりいったことがないので緊張した。 そして、紹介状を忘れる。 私のバカ。。。 紹介状がないと今日は無理です。 そ、そんなぁ。今日という日

  • 焦らないこと、肩肘張らないこと 病人の心得

    今日のごはん ●タンパク尿 ➕2 ●潜血尿➕3 体調 風邪気味 口内炎、口角炎 天気 猛暑 東京 ありえないほど暑い。そして、東京はやはり忙しい。自分でそうしていることは間違いないのだが、忙しくて自分のことよりも周りのことについつい心が奪われる。 追われるようにやることが次々やってくるので寝不足が続いた。いかん。風邪気味と共に身体のレッドシグナル続出である。 今日はわたしの大好きなオシャレミセス山

  • 鹿を食べて口内炎ができる セカンドオピニオンを経て

    ごはん ●鹿のホットドック ●無農薬野菜 タンパク尿 ± 潜血尿 +1 体調 よし 天気 晴れ 口内炎あり 旅行先でしばらく禁じていた肉を解禁した。 ジビエ料理。野生の鹿を食した。滅多に食べられないのもあるし、野生のパワーをいただいてみようと思ったのだ。 しかし、高タンパク。 結果、美味しかったしタンパク尿に影響はなかった。しかし、次の日、口内炎が多発した。 どうもわたしの場合、胃が疲れると顎下が

  • iga腎症を治すべく、衣食住を変える旅

    今日のごはん フムス サラダ ノンシュガーマフィン 潜血尿 +2 タンパク± 旅行にきている。 目的は移住先を探しに。 iga腎症を治すべく、色々模索した。 やはり、生活スタイルを整えるには、衣食住が大切だということに行き着いた。 自然と共に暮らしたい! 東京ではなかなか実現しない。 それで移住先をさがすことにした。 来月からは東京でcafe & spaceをやりつつ 近郊地でリセットできる場所を

  • 田舎で気が緩み、体調悪化。喉と潜血尿の関連性。

    今日のごはん ●焼きピーマン ●トマト、おくら、玉ねぎ、アルファルファの人参サラダ ●全粒粉ぱん ●亜麻仁油 タンパク尿+1 潜血尿+3 アレルギー性鼻炎ひどい 体調わるし、喉がおかしい 天気 晴れ 一気に体調不良になってしまった。 タンパク、潜血尿共に悪化している。 原因はハッキリしている。 田舎に帰省してきて、とても体調がよかった。 それもあって、気が緩みまくっていたと思う。 それで、調子に乗

  • iga腎症だから、起業してみる。 タンパク尿によくなかったこと。

    最近の朝ごはんは大体こんな感じ。 殆ど、野菜ばっかり。小松菜とバナナ、亜麻仁油、えごまをミキサーしたジュース。 亜麻仁油とえごまはiga腎症にもよいとされる、オメガ3.オメガ6.オメガ9がはいっている。 糖尿病もあるので、まず野菜食べて、ジュースのんで、最後にごはんとか、果物という食べ方にも気をつける。 検尿検査は毎朝起きたてに、ウリエースで。 体温もはかる。ここ3ヶ月で36.5分が平熱になった。

  • 潜血尿、タンパク尿悪化からの回復 謎すぎる宇宙エネルギー

    元々マックスあった潜血尿とタンパク尿。 潜血+4 タンパク+3 病院の先生曰く、この数値が両方共マイナスになれば、寛解とみなすとのこと。 それで、先生からは早期標準治療を進められて、扁桃腺摘出やステロイドパルスをやるように言われているが。 その前に色々試した結果、2ヶ月ほどで両方共減ってきた。タンパク ± 潜血 +1〜2。 なんとか自然治癒力で治したい私は、日々人体実験を繰り返している。そして、そ

  • 潜血尿+3から、減り始めたのに効果を感じたもの

    私はフリーランスで、健康診断を受けたことがなかった。ゆえに、いつからこの病気になったのかは不明。 しかし、2016年の11月に膀胱炎になったときから尿検査の潜血は+3あった。 その後ずっとこのMAXから下がらなかった。 色々試みて、数値や検尿検査で様子を毎日みている。 タンパク尿は±と−を行き来しているが、潜血はなにをやってもぜんぜん下がらなかったのである。 おそらく、潜血をさげるには病巣である場

  • ライフスタイル大幅チェンジの現在 iga腎症

    ⚫️難病が発覚するまえの生活⚫️ 発覚後 現在進行形 ⚫️就寝⇨起床TIME⚫️ ◎夜中2時か3時就寝⇨朝11時に起きる ◎徹夜の仕事も多い 現在 ◎夜11時30分就寝⇨朝6時に起きる ◎徹夜の仕事はしない ⚫️食事⚫️ ◎朝 食べない 昼、夜 バラバラ 外食 (タイ料理、イタリアン、アメリカ、インドカレー多し)家では玄米と納豆のみ。 満腹になるまで食べる。夜中も食べる。 お酒は週に3〜4回飲む。

  • iga腎症 身体のエラーはきっと何度でも起こる

    腎生検は本当に散々だったんだけど、ずっと指名していた担当医が移動することになった。 「〇〇さんのこと(私のこと)は、はじめから担当して、腎生検もしているし、最後までみれないのは心残りだけど、ちゃんとつなぐからね」 と先生。色々あったけど、いい先生なのかもしれない、、、。 とことん質問しまくりました。 都内大病院の腎臓内科の先生の見解。 とりあえず、忘れないように記しておく。 ◎扁桃腺摘出とステロイ

  • iga腎症 自己免疫疾患の治癒の可能性を探してみる

    iga腎症になり腎生検も経て、激しい運動は禁止のようだ。ということで、わたしは自分にとって大切な生き甲斐でもあったダンスが踊れない。 失業でもある。とっても悲しい。 この先なんの仕事をして、どうやって生きていこう。仮に、寛解したとしても身体が求める生活はどんなことなんだろう。きっといままで生活の中に無意識下でもストレスが入り込んでいるはずだ。 色んな本を読んでいる。 毎日のヨモギ湯で20分はつかり