• セルフパトロン制、という考え方

    早期リタイアするにあたって、気になっていることがあります。 どうもブログ村セミリタイアカテゴリを見ていても、自分と同じような環境の人があまり見当たりません。 仲間がいない…一抹の不安 カテゴリ名からすると当たり前かもしれませんが、割とセミリタイアの人が多く、早期リタイアの人はそんなにいないんですね。 いても、見たところ、 ・同じ「貯金切り崩し型」の人は、持ち家などで私より生活費をぐっと抑えている

  • 【カウントダウン】出勤日残り14日目の過ごし方

    今年の出勤日は、今日を含めて14日。 それで今のお勤めとは、さよならです。 今日は何をしたかというと… まず朝5時に起きて、フィギュアスケートグランプリファイナル男子シングルのショートプログラムをライフストリームで観戦。 その後、8時位までスマホでネットサーフィンしつつ布団の中でゴロゴロ。 8時に起きだして出社の支度。 定時から出社しました。 (やればできるんじゃんね、私…) 出社後は、引継ぎ打ち

  • 会社員はイージーモード。だけど型にはめられるのも辛いよね

    昨日、会社から帰りながら思いました。 会社員は人生イージーモードだな、と。 一度、会社の中に入り込んでしまえば、毎日、居場所とやることが用意される。 肩書も目標も、人間関係もやりがいも、お得なセットでついてくる。 それに例えば一日寝てても、お給料は振り込まれる。 (仕事をしているふりは必要だけれど) 断然、イージーモードです。 この身分を自ら捨てるなんて、おバカな人のすること。 そして今日、会社に

  • 早期リタイア実行までの道のりを振り返ってみる

    今月いっぱいで今の仕事から離れ、早期リタイアするにあたって、これまでの道のりを少しばかり振り返ってみます。 私の場合、早期リタイアについては、もう何年も前から考えていました。 もともと入社当時から、定年まで勤められるかどうかは怪しかったんですよね。 人との付き合い方が壊滅的に下手なので、会社では浮いた存在でしたし、 社内の根回しや交渉なんかもダメダメでしたし、 何より毎朝きちんと起きて定時に出社す

  • 早期リタイア定期チェック:12月1回目

    ぎゃー、今日はまとめの日だった!←忘れるほどに気が抜けている 前回 早期リタイア定期チェック:11月2回目 前々回 早期リタイア定期チェック:11月1回目 その前 早期リタイア定期チェック:10月2回目 その前の前 早期リタイア定期チェック:10月1回目 その前の前の前 早期リタイア定期チェック:9月 ◇現在の状況の確認 外側の状況 仕事の山場を越えました&早期退職が決まりました 終わりました。

  • 引継ぎが結構大変です。

    甘かった…。 先日、引継ぎの準備は大体できてるし~♪などと書きましたが、まだまだやることはたくさんありました。 「〇〇さん(私)、引継ぎの打ち合わせ、できる限り入れといて」 「え、そんなに話すことありましたっけ。大体マニュアルありますよね。  それに××さん(私の後を引き継ぐ人)、前やってらっしゃいましたし」 「でもこれとあれはマニュアルないでしょ。」 「…あ、そういえばありませんね。」 「それに

  • 仕事の山場を越えました&早期退職が決まりました

    仕事の山場を越えました。 なんとか、終わりまで生き延びることができました。 大げさなようだけど、最後のほうはもうホントに、ただ一日一日が無事に過ぎてくれるように祈ってました。 そして、早期退職の希望も通りました。 割増退職金を頂けることも決まったので、一安心です。 ※もともと少ないので、割り増しても少ないんですけどね! あと一か月お仕事したら、退職前の休暇に入るので、もうひと頑張り。 でもここ一か

  • 早期リタイア定期チェック:11月2回目

    て…定期チェックのお時間です。(息も絶え絶え) 前回 早期リタイア定期チェック:11月1回目 前々回 早期リタイア定期チェック:10月2回目 その前 早期リタイア定期チェック:10月1回目 その前の前 早期リタイア定期チェック:9月 ◇目標と条件の確認 目標確認その1:なぜ早期リタイアしたいか 自由意思による選択なんて、あったのだろうか。(資本主義と教育、その他) 資本主義の構造そのものへの疑問か

  • 早期リタイア定期チェック:11月1回目

    定期チェックのお時間です。 前回 早期リタイア定期チェック:10月2回目 前々回 早期リタイア定期チェック:10月1回目 その前 早期リタイア定期チェック:9月 ◇目標と条件の確認 目標確認その1:なぜ早期リタイアしたいか 人にはそれぞれ合った働き方がある:日本の労働生産性の低さと硬直した労働形態に思うこと 仕事を早く終わらせて早く帰る、それが良いこととされない職場。 やっぱりむやみに長時間働くの

  • やっぱりむやみに長時間働くのではなく、効率よく短時間働いたほうが良いよね、と再認識したニュース

    セミリタイア、早期リタイア者に後押しになりそうなニュースを見つけたので、ご紹介します。 週30時間以上働くと仕事の効率はここまで下がる! ブラック企業の非合理性が数字で判明- 記事詳細|Infoseekニュース 「経済協力開発機構(OECD)が2012年に実施した各国の平均労働時間(職場での有給労働と家事などの無給労働を併せたもの)の調査」で、労働時間が長い国を見ると、経済低迷国が上位に来ている傾

  • 自分にとっての幸せの基準を持つということ

    早期リタイア、セミリタイアという手段を含めて、自分がどういう風に生きていきたいかを考えるとき、重要になってくるのが「自分にとっての幸せ」は何か、ということだと思います。 そもそも、幸せってなんでしょうね。 昔読んだ漫画には、こう書いてありました。 「あたたかいお布団と、おいしいごはんがあれば、幸せ」と。 いまの日本では、よほどのことがない限り誰でも手に入れられるものなので、ありがたみが薄れているか

  • 日本で行き詰ったら、世界に飛び出してみてもいいかもね。

    早期退職申請も出して、あとは決定が下るのを待つだけという気楽な状態なのに、今日もまたブルーなのは、お隣さんのせいです。 私がものすごく集中して仕事をしている気配を漲らせているのに、相変わらず前を向いたまま「ねぇ、これ〇〇なんだけどさ」と独り言のように話しかけてくるあの人です。 今はなしかけんな凄くめんどくさくて神経使う仕事してんだからYOヽ(`Д´)ノと言えたらどんなにいいか。 おまけにいまの仕事

  • 早期リタイア定期チェック:10月2回目

    定期チェックのお時間がやってまいりました。 前回はこちら。 早期リタイア定期チェック:10月1回目 前々回はこちら。 早期リタイア定期チェック:9月 ◇目標と条件の確認 目標確認その1:なぜ早期リタイアしたいか 好きなことだけして暮らす 「~のための我慢」をやめて、いま、自分を幸せにしよう。 「好きなことだけして暮らす」の「好き」について 別の言葉でいえば、自分らしく生きるということ。 目標確認そ

  • 「夢なんてどうせ叶わない」という不信感に対して、「夢が叶わない理由」を調べてみる

    またしても、やってきました揺り戻し。 今朝、夢うつつでスマホを弄り、某掲示板でカウンセラーについての情報を探していた時のことです。こんな思考が降ってきました。  早期リタイアしたら、新しいことを学びたくても、お金がないからできないかもよ?  今のままなら資金的な余裕はあるからいくらでも学べる。 「そう来たか!」と思いました。 不安中心に訴えてきた昨日と違って、私のやりたいこと(いろんなことを学びた

  • 早期リタイアを考え直すチャンス?揺り戻しが来ました。

    今朝、起き抜けに、「本当に辞めてもいいの?」という思いが沸き起こってきました。 そして続けざまに、辞めることへの不安、辞めないほうが安心安全だという考えが、心の中をぐるぐるし始めました。 辞めなくてもいいんじゃないの? 仕事は、たまに忙しいけれど忙殺というほどではないし。 普段は、のらりくらりと窓際族を楽しめるし。 お金の心配もしなくていい。 社会的立場の心配もしなくていい。 だいたい、辞めてどう

  • 生きるための仕事からはリタイアする。でも遊びながらの仕事はしたい。矛盾してないよね?

    逃げの早期リタイアから、攻めの早期リタイアへ、気持ちが変わってきたことを前に書きました。 早期リタイア後の時間をどう使うか。遊んで過ごすのも、それはそれでいいけれど そして「好きなことだけして暮らす」を実践していきたい。 そうする中で、遊んでいるのか働いているのか分からないくらい、楽しく働きたい。 今はそう思っています。 働きたい、と思う理由は、主に次の2点からです。 (1)自分の個性、能力を発揮

  • リタイア後は、どこに住むかについて考えてみた

    会社を辞めたら、もう出勤しなくなるので、勤め先の場所にこだわる必要がなくなります。 ある意味、どこに行ってもいい。 これまた、白紙のスケジュールと同じように、ワクワクするとともにちょっとした不安を呼び覚ますワードです。 そもそも定住する?という話もあります。 季節ごとに、過ごしやすい場所に移り住む方法だってある。 日本国内でなければ、というのもありません。 海外でロングステイ、というのも、すでにリ

  • 働くことは苦しくて当たり前だと、いつだれが決めたんだろうか。

    働くことは苦しくて当たり前だ。 って、いつ、誰が決めたんだろうか。 物心ついた時には、 人生は我慢の連続だと、思っていた。 学校には遅刻してはいけません。 どんなに眠くても、朝早く起きて、支度をして、 時間までには登校しなければいけません。 授業が始まったら大人しく席について、 真面目に先生の話を聞かなければいけません。 外ではお日様がさんさんと輝いていて、 うたたねしたら気持ちいいだろうなと思え

  • 早期リタイア定期チェック:10月1回目

    半月に一度の定期チェックです。 前回は、こちら。 早期リタイア定期チェック:9月 ◇目標と条件の確認 目標確認その1:なぜ早期リタイアしたいか 「肩車されない」存在になること。めざせ生涯現役? 好きな仕事でなら、生涯現役も楽しいことに違いない。 「BE-DO-HAVE」という考え方(「夢かな手帳」より) どんな自分になりたいか、どんな心の状態になりたいか、から行動と成果を考えたら、なんかいっぱい出

  • 早期リタイア後の時間をどう使うか。遊んで過ごすのも、それはそれでいいけれど

    今日は少し時間をとって、来年の手帳におおまかな計画を書き込んでみていました。 というのも、おそらくは来年から早期リタイアして、自由な時間がたくさんできる…むしろ自由な時間しかない状態になるから。 何らかの形で、大まかでいいから計画を考えておかないと、有り余る時間に溺れてしまいそう。 時間のつぶし方ならいくらでも知っている いえいえ、もちろん、計画なんてたてておかなくても、時間はいくらでもつぶせます

1 2 3 4