• 朝鮮寺【天水庵】(てんすいあん)東大阪市

    辻子谷ハイキングコース途中の左側に【天水庵】(てんすいあん)の看板が立っています。その矢印の方へ細い道を通って行きます。由緒等詳細は不明です。「不動明王」「薬師如来」「観音如来」「檀君天王」「天照大神」が祀られているようです。 近くに【辻子谷の水車】があります。 場所:東大阪市上石切町2丁目23 アクセス:近鉄石切駅下車、徒歩約20分。

  • 【大観音寺】(だいかんのんじ)東大阪市

    真言宗 石切高野山 【大観音寺】(だいかんのんじ)東大阪市 生駒山上遊園地に向かう「辻子谷ハイキングコース」は、道の両側にお地蔵さんが祀られています。【大観音寺】(だいかんのんじ)は、辻子谷ハイキングコース途中の左側にあります。由緒等詳細は不明です。入口に「石切水掛不動明名王」があり、奥には「宝珠身代地蔵尊」があります。 所在地:大阪府東大阪市上石切町2丁目20−27 アクセス:近鉄石切駅下車、徒

  • 【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市

    【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市 由緒等詳細は不明ですが、建物の色、標石の文字などから朝鮮寺の1つと思われます。入り口には、「天龍寺」と書かれた木製の灯篭がありますが、かなり劣化しています。入って直ぐ左側に、小さな赤い祠があり、小さな不動妙王が祀られています。さらに左へ行くと、2つの小さな鳥居だけがあります。1つは赤く塗られています。ここに何か祀られていたのかもしれません。とに奥に滝があり、その横

  • 【四軒町地蔵尊】八尾市

    大阪府八尾市志紀町南に【四軒町地蔵尊】があります。国道25号線の「八尾市志紀町南3丁目」交差点の東南角になります。御堂自体は大きくないですが、そこまでの参道は数メートルあります。由緒等詳細は不明です。 住所:大阪府八尾市志紀町南1丁目

  • 曹洞宗薬師寺の前にある【延命地蔵尊】

    曹洞宗薬師寺の前に【延命地蔵尊】があります。新しい木の祠に3体の石仏があります。中央は、「延命地蔵尊」で、両側に1体づつ新しい石仏が祀られています。由緒等詳細は不明です。 所在地: 大阪府 柏原市本郷2-5-13

  • 【身代わり地蔵尊】柏原市

    法善寺に「身代わり地蔵尊」があります。地蔵堂内には石仏1体と仏像が1体祀られています。由緒等詳しいことは不明です。 場所:近鉄線沿いで、法善寺駅と堅下駅のちょうど真ん中あたりの踏切の横にあります。

  • 【壺井寺】(つぼいでら)柏原市

    【壺井寺】(つぼいでら)は、大阪府柏原市法善寺にある融通念仏宗の仏教寺院。山号は「護法山」。平安時代にこの地に法善寺の地名の由来とされる「法禅寺」と呼ばれた寺院があったが、天授年間(1375年~1381年)の兵火により焼失し、その後当山が再建されたと伝わっている。 大念仏寺に伝わる文書「大念仏寺四十五代記録并末寺帳」によると、1617年(元和三年)に道念が創建したと記されている。当初は浄福寺と称し

  • 【善福寺】(ぜんぷくじ)大阪市天王寺区

    【善福寺】(ぜんぷくじ)は、大阪市天王寺区空堀町にある高野山真言宗の寺院。「どんどろ大師」「どんどろ」と通称する。山号は如意山。院号は甘露院。「どんどろ大師」の名で知られる。現在、善福寺のある位置には鏡如庵大師堂(鏡如寺・通称:どんどろ大師)という寺があったが、明治時代に廃寺になっている。その後、明治42年(1909年)1月9日に大阪府豊能郡豊能町(旧大阪府豊能郡東能勢村)にあった如意山甘露院善福

  • 【安国寺】(あんこくじ)/ 天龍山一の谷 安国寺 

    【安国寺】(あんこくじ)/ 天龍山一の谷 安国寺  大阪府八尾市服部川にある 久遠の本仏、聖祖親尊の大曼陀羅を本尊とする 単立(本化妙宗)の寺院です。国柱会の設立者である田中智學の弟子である山川智應によって設立。法華系の新宗教。正式名称は宗教法人本化妙宗聯盟。宗派:本化妙宗。御本尊:十界曼荼羅。 境内に鎮守社があり【天照大神】が祀られています。また、【畜魂廟】と【神牛】があります。 所在地:大阪府

  • 【神光寺】(じんこうじ)と付近一帯の「高安古墳群」/ 八尾市

    【神光寺】(じんこうじ)八尾市 大阪府八尾市の服部川の東方山腹に谷一つ隔て郡川の法蔵寺に相対して【神光寺】(じんこうじ)があります。正式には、医王山薬師院神光寺と称し、曹洞宗蔭涼寺末。享保年間(18世紀初め)に万徹和尚の開基で、薬師如来を本尊とし、本堂前に揚げてある「天玄堂」の扁額は、徳川光圀の帰依した東皇心越の書です。参道には桜並木があり、桜の名所として知られ、春の花時には非常に賑わいを見せます

  • 【法立寺 永禄地蔵】(ほうりゅうじ えいろくじぞう)八尾市

    融通念仏宗法立寺の下に【永禄地蔵】( えいろくじぞう)あります。高さ110㎝、幅56㎝の花崗岩に像高73㎝の地蔵立像を半肉彫にしています。美しく優雅な像容であり、像の左右に次の銘文が陰刻されています。地蔵講一結衆本□衆 永禄十二年巳十月廿四日地蔵講の人々が造立したことがわかります。この永禄地蔵堂内に元和の線刻地蔵があります。これは高さ30.5㎝、幅19㎝ほどの方形の板石に、像高15㎝の地蔵立像を線

  • 書籍:「見仏記 」

    社寺仏閣巡りが好きなので、これも図書館で借りた本ですが、さすがに仏像に関する内容はレベルが高いと思います。いとうせいこう氏とみうらじゅん氏のヤジキタ道中記、JRの車中、田舎のホテルなどでの会話内容は読んで笑えます。これを読めば少しでも社寺仏閣に興味をもつようになると思います。 【4K】新TV見仏記 4K版トレーラー~みちのく岩手編・みちのく山形編~ https://www.mercari.com/

  • 書籍:「巨大仏!!」

    この「巨大仏!!」も図書館で借りてきました。全国の巨大仏の写真集ですが、「巨大仏を撮った写真」ではなくて、巨大仏とわまりの建物、風景も一緒に撮ってあります。そのアンバランスがいい感じです。この写真集には全国の巨大仏の地図がついていますが、都会の東京や大阪にはこんな巨大仏はないようです。千葉県富津市には「東京湾観音」があり、巨大仏が載っています。奈良や京都もこんな巨大仏はないようです。奈良は本物の巨

  • 【三獄神社のお札】高安山ハイキングコース 

    大阪府八尾市 高安山へのハイキングコースに「三獄神社」のお札が木に貼り付けてあるのを発見しました。詳細は不明です。 恩智神社・惣池から登るコースです。急な坂道で森の中を歩く感じです。頂上まで約20分程度です。 「高安山」(たかやすやま)は、大阪府と奈良県との境に位置する標高 488m の山。 7世紀後半に大和朝廷により大和国防衛の拠点として高安城が築かれたことで知られています。 (撮影:2017/

  • 書籍:「信貴山むかしばなし」

    この本も図書館で借りました。信貴山縁起絵巻を元にした物語絵本で、内容は、「飛びゆく倉」「帝の病い」「老尼の旅」の3部に分かれています。本のサイズは11.8×14.7cmととても小さく絵本となっていますが、文章を読むと子供用ではないようです。 https://www.mercari.com/jp/u/441318165/ https://www.mercari.com/jp/u/441318165/

  • 【延命地蔵尊・尊水堂菩薩・めおと地蔵尊】大阪市福島区

    【延命地蔵・尊水堂菩薩・めおと地蔵尊】大阪市福島区 瓦造りの2つの御堂が合体したような御堂です。左側の御堂は、「延命地蔵尊」で4体の丸彫り造りの地蔵さんがいます。右側の御堂は、「尊水堂菩薩」です。また、同じ御堂内に「めおと地蔵尊」で30センチ程の道祖神の石仏があります。 場所:大阪府大阪市福島区玉川1丁目4-17のカフェ、「cafe huehue tenango」の道を挟んで前にあります。 (撮影

  • 【野田城跡】と周辺 大阪市福島区

    「極楽寺」の前に【野田城跡】の標石があります。戦国時代にこの周辺に野田城という城郭が築かれ、「恵美須神社」も城郭の一部に取り込まれたのではないかと考えられています。安土桃山時代になると織田信長と三好三人衆と間で野田城・福島城の戦いが繰り広げられ戦乱の地となりました。そのような中、当社も野田城の守護神、武士たちの信仰の対象ともなったようです。 アクセス:大阪市営地下鉄千日前線玉川駅から徒歩約5分、ま

  • 書籍:「神社の解剖図鑑2」

    この本も図書館で借りてきました。内容は、神社(建物)と神様(ご利益)について、 イラストを使って分かりやすく解説している本です。一つの神社を深く掘り下げて、建物、神様、歴史、系列、ご利益などについて詳しく説明しています。まさに本のタイトル通り神社の「解剖」している本です。 https://www.mercari.com/jp/u/441318165/ https://www.mercari.com

  • 【太福寺】(たいふくじ)神戸市

    【太福寺】(たいふくじ)神戸市 JR道場駅駅から東の踏切を渡り、左折しすぐ北側にあります。太子堂としても親しまれています。聖徳太子のご請願によって創建されたお寺です。この辺は四天王寺の荘園で太福寺は四天王寺の別当寺だそうで、また、太子の福が授かる寺としてその名が付けられました。旧来は生野の村人すべてを檀徒とする寺で栄えていたそうです。この太福寺では毎年2月11日に太子祭が行われます。生野地区で前の

  • 【子安地蔵尊】(こやすじぞうそん)大阪市住吉区

    【子安地蔵尊】大阪市住吉区 立派な御堂の子安地蔵尊です。中には、大阪市指定文化財になっている50センチ程の木彫の地蔵さんが、錫杖と宝珠を持って立っています。右手には、五大力尊の御堂が有ります。 住所:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89 #じゃらんネット #観光スポット #社寺仏閣 #ムラゴン #むらごんブログ #Sakamoto119

1 ... 2 3 4 5 6 ... 14