• 10連休を前に・・・。

    今年はゴールデンウィークが「10連休」ということで、予約の入りが非常に早くなっています。 個室は4月27日~5月5日の9日間、2室ともすべて埋まりました。昨年の今ごろは、5月3日と4日の個室こそ埋まっていたものの、前半と中日の平日は僅かだったので、「10連休おそるべし」です。 予約は3月に入った途端に急増、4月30日~5月2日の個室は3月中旬までに埋まりました。下旬にかけて28日・29日・3日の個

  • 「水木しげる生誕祭」を終えて

    9日に行われた「水木しげる生誕祭」は、大盛況となりました。 前日の8日が、故・水木しげる先生の生誕日。この日から来られているファンもおり、8日の宿泊の二人は昼過ぎにご到着して散策し、水木しげる記念館の無料開放などに行かれました。両日とも晴天に恵まれたことで一般の観光客も多くなり、「ゲゲゲ食堂」なども堪能していただけました。 祭典が米子開催になったため行くことはできず、夜も宿泊者などで食事会を行った

  • 「間違い予約」に謝りの電話

    SNSで少し載せたのですが、あらためて先日(26日)の出来事をブログで掲載します。 先日、鳥取大学の入試が行われました。それに際し、1月末に「米子と境港の位置関係を理解せずに予約→詳細を送ってキャンセル」となった受験生がいました。 予約の際に「入試のため」と記されていたので、境港→米子が列車で45~50分かかることや、当宿は観光向けの要素が強いことなどを説明。 「場所を把握していませんでした」とい

  • 「物語を伝えること」への想い

    「旅宿」としての拘りの一つとして「案内の中に『物語を伝えること』」を大切にしています。 自分は物事において「理由」を理解し納得して初めて行動できるタイプで、感覚的に身に着けることが苦手です。子どものころから「理屈が分からないこと(興味が持てないこと)は、簡単なことでもできないタイプ」で、「とりあえずやってみる」には消極的でした。スポーツなども「ルールを覚えることから入るタイプ」。「頭で納得して、初

  • 子どもの受け入れへの拘り

    うちの宿は「中学生以下の子ども」を積極的に受け入れています。 昨年は約35%が「子ども連れのご家族」で、7月以降に限れば40%を超えています。12月~2月は閑散期で少なくなりますが、3月から増加傾向にあり、早くも春休みやゴールデンウィークの問い合わせも入り始めています(ファミリー層は予約が早いです)。 昨年はアニメの影響もあって、特に「3歳~8歳の男児」が大幅に増加しました。お盆期間は「6日連続で

  • 「高枕」で公開されました

    このたび「西日本のすてきな宿」を紹介・仲介するサイト「高枕」に掲載していただくことになりました。 うちは決して「すてきな宿」ではないのですが「旅宿」としての拘りは強く持っているつもりです。 「公共交通機関を使った旅のプランニング」と「日本全国の観光資料の量」には自信を持っていますし、「水木しげるロードのまちづくり」に関する古い資料なども豊富なので、「旅を楽しむ」に加えて「旅を学ぶ」という人に貢献で

  • 娯楽は「妖怪UNO」と「妖怪トランプ」

    当宿は観光資料を膨大に設置しており、境港周辺はもちろんのこと、鳥取市内・智頭あたりから出雲・石見銀山あたりまでは、手広く提供しています。 個人として「観光パンフレット類の蒐集」は「旅の趣の一つ」で、特に北海道・東北は豊富にあります。長旅の人だと岡山や広島、山口や北九州地方などへ向かわれる人も多く、倉敷や宮島、角島や秋吉台、仙崎などは重複しているものを差し上げることもありました。 「旅宿」への拘りと

  • 昼食にカニ

    先日(13日)、朝から水産物直売センターへカニを買いに行かれたご宿泊の旅人さんが「昼ご飯に宿内でカニを食べたい」と言われたので、日中から「カニ三昧」となりました。 ちょうど、ちょっとした縁で名古屋から一人旅で来られた女性も立ち寄ってくださり、ご宿泊のお二人が「一緒に昼ご飯いかがですか」と薦められたので、思いがけず盛り上がりました。 一般的な宿だと「チェックアウト終了時刻からチェックイン開始時刻まで

  • 賢い切符の買い方を(その2)

    当宿は「公共交通機関を使って旅を楽しんでいる人」を歓迎しており、「安く、効率よく、無駄なく」少しでも満喫していただけるよう、プランニングに尽力しています。 そこで、先日公開した「賢い切符の買い方を」の続きとして、今回は「近距離」のご利用について記します。 境港に来られる旅人さんは「松江・出雲」方面か「鳥取・倉吉」方面と併せて旅を楽しまれる人が多いです。高速バス(夜行バス)などと組み合わせる人が主に

  • 賢い切符の買い方を

    12月後半から先週まで、大人の宿泊者は30~50代が殆でしたが、今週は「初ゲストハウス」の20代前半女子一人旅が2人続きました。 月曜日は愛知県西三河からの大学生。 「47都道府県全部へ一人旅したい!」という目標を持っていて、今回は「鳥取県縦断3泊4日」。「公共交通機関を駆使して、安く効率よく楽しむ」という、自身の“想い”をしっかり持った、独自性の強い「一人旅」を楽しまれていました。 水曜と木曜は

  • 行程を「追加する」旅

    先日、中部地方から一人旅の女性が来られました。 「境港に1泊のみ」の予定で、昼過ぎに到着され、荷物を置いて観光に出掛けました。平日で休業の店も多かったですが、半日かけて満喫できたようです。時間に余裕があるので、夜も「妖怪ショップゲゲゲ」での手づくり体験を楽しまれました(ちなみに「初ゲストハウス」でした)。 「水木しげるロードの観光以外は特に決めていない」ということでしたが、ご到着が早かったのもあり

  • 2018年の総括

    間もなく2018年が幕を閉じます。 今年は、7月のリニューアルまでは昨年とほぼ同数の集客(目標値の70%ほど)でしたが、リニューアル後は子ども連れのご家族が大幅に増え、年内ご利用の延べ人数は475人ほどになりそうです。 年間目標として設定した「480人」に少し届かずですが、入り込み数は前年比で約138%と増加。8月が昨年の約1・5倍、11月に至っては4倍近く入りました。とは言え、12月は昨年の半分

  • 「水木しげる生誕祭」参加者限定割引

    3月9日(土)に行われる「水木しげる生誕祭」の参加募集が始まりました。 今回も参加者に限定した割引を実施いたします。とりあえず下記の通り実施し、予約状況を見て2月以降に再検討いたします。 対象日:3月8日(金)・9日(土) 対象者:「水木しげる生誕祭」への参加者 駐車場のご利用に制約があることから「女性専用ドミトリー」「女性専用個室」および「公共交通機関で来られる子ども連れのご家族」を優先いたしま

  • 宿の名称を正式に変更

    この度、宿の正式名称を「ゲストハウス”縁”in鳥取境港」から「『旅の宿家』鳥取境港”縁”」に変更いたしました。 宿泊予約サイトなども12月中をめどに、すべて統一いたします。 自分の「旅」の「原点」は「旅行者が囲炉裏を囲んで夕食を取り語り合う雰囲気の、飛騨の山間の民宿」で、この宿の雰囲気や取り組んでいたこと(メッセージカードや観光案内の在り方、サービス面など)を、大幅に参考にしています。 そのため、

  • 「旅を学ぶ」ご宿泊

    日曜日と月曜日の2日間、偶然にも「奈良県在住の25歳」が続きました(^_-)-☆ 1人目は大阪出身の社会人。 学生時代は京都のよさこいチームで踊っていて「札幌YOSAKOIソーラン祭り」へも参加していたとのこと。現在も関西のチームに所属しているそうで「よさこい割引」が適用されました!(^^)! ご到着が遅めだったので、ゆっくり話す時間はありませんでしたが、どこかの祭りで会うことがあるかもしれません

  • 11月30日は水木しげる先生の命日です

    水木しげる先生が亡くなられて、間もなく丸3年がたちます。 個人的には、命日である11月30日を最も大切にすべき日だと捉えています。 宿としては、水木先生に祈念して、11月29日(木)~30日(金)は、すべての宿泊者を300円割引します(30日は公式ホームページからの予約のみ)。 催しについては「命日は調布市、生誕日は境港市」と決めているようで、境港市や観光協会、水木しげるロード振興会としては特に大

  • リピーターの存在

    9月~10月は、「2回目」「3回目」の人に多くご宿泊いただきました。 10月中旬は、昨年9月と今年4月に次いで「3回目のご宿泊」の旅人さんが再訪。 「観光として3回目」の人は初めて。しかも、うち2回は2泊され、境港・水木しげるロードだけでなく松江や出雲、美保関、鳥取砂丘など、広域の「旅」を楽しんでおり、情報収集の「拠点」として来てくださっている感じです。 「昭和の民宿の雰囲気を大切にした旅宿」とし

  • 21日は「境港妖怪検定」と「水産まつり」

    21日(日)、恒例の「境港妖怪検定」と「水産まつり」が行われます。 「境港妖怪検定」は昨年、台風の影響もあって受験者は過去最低。また、難易度が上がったのか受験者の勉強不足だったのか、初級、中級とも合格率が過去最低でした。 調布会場のほうが受験者が多く、合格者も多かったので、境港で受験するメリットを設けるなどがあっても良いと思います。例えば、水木しげるロードの店を前日か当日に訪ねればヒントがもらえる

  • 昨年との違い・・・

    9月最初の3連休は合計3家族のみでしたが、続く今回の3連休は家族5組+一人旅2名とにぎわい、23日で昨年1年間の延べ人数と並びました(思えば昨年は、9月は台風に祟られてキャンセルが相次ぎましたが・・・)。 昨年1年間と比べると「子ども連れのご家族」が18組多く、未就学児が31人、小学生が5人プラス。保護者と中高生などを含め約70人多いです。 その分、一人旅は男女とも約10人少なく、男女グループもほ

  • 旅モニ当選者が決まりました!

    7月中旬「旅のおためしサイト≪旅モニ≫」にプランを掲載した結果、95名からの有効応募(ほか無効5名)があり、この度、9月~10月にご宿泊いただき町を楽しんでレポートしていただく2名が決定しました(先々週にいったん決定したのですが、1名辞退により繰り上げがありました)。 正直なところ「興味本位」というか「なぜ応募したのだろう?」と言いたくなるような人もいましたが、30~40人くらいは「境港・水木しげ

1 2 3 4 5 ... 7