• 地道に、堅実に、直接的に――。

    「さっぽろ雪まつり」と「小樽雪あかりの路」を楽しんだ2日半。 10数年続けて訪ねていると、鳥取市や米子市よりは札幌や小樽のほうが詳しいくらいになっています(#^.^#) 特に「観光」においては、得意の「公共交通機関を使ったプランニング」が生かせると自負していて、宿内で一緒になった人から相談されることもあります。 この時期と6月の「YOSAKOIソーランまつり」は、境港観光は閑散期でもあるので、3泊

  • ライトアップは3月上旬まで延長予定

    昨年末から始まった、「水木しげるロードのライトアップ」が、期間延長されることになりました。 当初は1月末までの予定でしたが、3月上旬までは継続されます。3月3日の「生誕祭」に来られる人には、見ていただけることになりそうです! 3月は多少、旅人さんが増えてきますので、できれば3月17・18日の「大漁祭」くらいまで続くことを願います!

  • ブロンズ像の大移動

    先週は雪が続きましたが、今週は日曜に雨が降って一気に雪が融け、水曜日以降は穏やかな天候が続きました。 水木しげるロードのリニューアル工事は、天候不良に悩まされ遅れ気味で、晴天時はフル回転の状態。今日はブロンズ像の大移動が行われました。 昨年の7月以降、「世界妖怪会議」の会場に順次、ブロンズ像が移され、年末ごろは最大74体ありました。1月以降は徐々にロード本線に戻り、今朝の時点では58体でした。 今

  • 年賀状や寒中見舞い

    ご宿泊いただいた旅人さんや、境港でお会いした旅人さんから、年賀状や寒中見舞いをいただきました(フルネームが書かれている人は一部修正しています)。 自分もfacebookページに年賀のあいさつを載せ、個人ページをフォローしてくださっている人には直接、メッセージでお礼状やあいさつ状を送るなどは、割とまめに行っています。 自分で言うのもですが、年賀状は毎年。凝ったものをつくっています。新聞社で制作も担っ

  • あす28日は「夢みなとタワー」入館無料!

    明日28日、夢みなとタワーで「第8回 国際交流の日―韓国・ロシアを楽しもう―」というイベントが行われます。 両国の特産品の販売、伝統文化の体験講座、演奏会、各種振る舞いなどがあります。 9年半ほど前から、韓国の東海、ロシアのウラジオストック、そして境港の3市を1週間かけて循環する「DBS」という定期船便が運行されていることから、両国との繋がりが濃くなっています。現在の船の利用者は韓国人が9割ほどと

  • 子ども5人で楽しい雰囲気に!

    昨夜は子ども5人を連れたご家族にご宿泊いただき、にぎやかな夜になりました。 4人きょうだいは今までに2組入っていますが、5人は初めて(しかも本来は6人きょうだいで、長女は受験のため旅に参加せず、でした)。 皆、人懐っこく、特に5歳の末っ子はすぐにコミュニティスペースを“探索”(^_-)-☆ 小学3年生の長男は鬼太郎のちゃんちゃんこを着て出掛け、夕食&展望風呂に出掛けて戻ってからは、23時すぎまで2

  • 久々に台湾からの旅人さん

    昨日(22日)は、久々に台湾からの旅人さんでした。 大学生の姉妹旅で、日本へは何度も旅に出ているそうです。 境港は昼過ぎから半日観光され、昼は寿司、夜は海鮮を堪能。もともと鬼太郎のアニメも見ていて知識があり、水木しげるロードの“世界観”を理解して楽しんでくださったことに感謝です。 日本語学校に通ったり留学をしていたわけではないとのことでしたが、日本語は堪能で、日常会話に全く支障なし。メッセージも丁

  • 今日は「カニ感謝祭」でした!

    今日1月21日(日)、恒例の「第15回 カニ感謝祭」が開催されました。 昨日から比較的、気温が高めで過ごしやすかったのですが、朝は時折、雨に見舞われる状態。 そんな中でも「パレードに参加すればカニがもらえる」とあって、境港駅前には、午前9時すぎにはかなりの列ができていました。昨年が雪だったのもあってか、今年は盛況! 段取りが悪く人数の把握ができていなかったようで、9時半ごろから並んだ人にはカニが行

  • 鬼太郎列車リニューアル第1弾、公開!

    今日20日(土)、「5代目・鬼太郎列車」の「こなきじじい号」「すなかけばばあ号」が運行されました! 米子駅を10:35発した列車は、境港駅に11:20ごろ到着。 一本前の列車がガラガラだったので心配していましたが、子ども連れのご家族など、地元の人も乗りに来られたようです。たまたま乗られた観光客も、初披露を楽しんでくださっていました!(^^)! 「こなきじじい号」のテーマは「星空」。濃い紺色を基調に

  • あらためて・・・3月までの主なイベント

    先週は大雪に見舞われましたが、今週は穏やかで気温が高め。ただ、来週半ばごろには強烈な寒気が入りそうで、また雪の予報が続いています。そういう時に限って、2人組やファミリーの予約が入っていますが・・・、昨年もこのパターンでご家族のキャンセルがあったので危惧しています。 このように天候が安定しない今の時期は、観光客が一年で最も少ない時期ですが、3月までいろいろな催しがあります。大規模なものは3月の「生誕

  • 2000枚の写真。

    うちの宿には、自分が旅先で撮影した写真が約2000枚、貼ってあります。 外壁は境港の風景を中心に約300枚、屋内はコミュニティスペースの襖に約400枚、女性専用ドミトリーに約300枚、女子トイレに約150枚、廊下に約500枚、2階の個室の外側に約300枚。あと受付カウンターの横などに50枚ほど。 概ね「地域別」に分けており、コミュニティスペースは鳥取・島根を中心に中国地方全般など、女性専用ドミトリ

  • 観光客気分で遊んだ4日間(大雪まとめ)

    1月10日から13日まで4日間降り続いた雪が、ようやくやみました。 11日~12日午前中が最も酷かった感じで、積雪は最大時で25~30センチくらいに達しました。 13日の午後以降は日差しが出る時間帯も多く、幹線道路の雪は殆どなくなり、思いのほか溶けるのが早いです。 温暖な三重県で育ちながら、寒さには強いです(というか夏の暑さが苦手) 故郷は滅多に雪が降らないので、これだけ降るとテンションが上がり、

  • 「島留学生」が約半数を占める隠岐島前高校

    境港から船で60キロ超の場所にある隠岐諸島。 「島前」「島後」から成り、「摩天崖」や「赤壁」などの景勝地が見どころで、全体が国立公園に指定されるほど自然豊か。後鳥羽上皇や後醍醐天皇が配流された地としても知られている。まちづくりにも活発で、若者の移住も盛んだ。 夏は、境港に宿泊して翌朝のフェリーで向かう人も多く、前後の日に境港に泊まる“中抜け”もいた。うちの宿は「境港・水木しげるロードの『観光』を楽

  • ハプニングを思い出に変える

    うちの宿は「『旅そのもの』を境港・水木しげるロードを楽しむ」を基本に、安心してゆっくり寛げる空間づくりを大切にしています。 なので、宿泊理由は「水木しげるロードを楽しみたいため」が大半ですが、「隠岐や美保関へ渡る人」「近隣のイベントへの参加」も一定数あります。「仕事で来られる人」も僅かながらいます。 そんな中、「隠岐フェリーの欠航」「米子空港便の欠航」「飛行機が満席で当日予約が取れなかった」「フェ

  • 「旅・観光」以外は不得意ジャンルも・・・。

    今日9日から、学校は大半が新学期。年末から7日までは多少にぎわいが戻っていた「水木しげるロード」も、昨日から観光客が急激に減ってきました。 しばらくは最も観光客が少なくなる時期で、明日以降は「吹雪」の予報も出ているので心配です。 20日には「5代目・鬼太郎列車」の最初のお披露目が、21日には「カニ感謝祭」がありますが、せめてこのあたりだけでも晴れて観光客が増えてくれれば、と願います。 1月末までの

  • “まったり感”にあふれる寛ぎの空間

    私は「境港・水木しげるロード」の「先例のない独自性の強いまちづくりから観光地へと発展したこと」に魅力を感じて移住し、「宿」をつくりました。 なので、「地域振興」という視点から「コミュニティスペース」の在り方にはこだわりました。「『旅そのもの』と境港・水木しげるロードを楽しみたい人」であれば、絶対に「ほかの宿よりも満足できる!」、そんな雰囲気づくりに徹して「個性」を打ち出しています。 基本方針は「旅

  • 「子泣き爺」「砂かけ婆」列車、20日にお披露目!

    「水木しげるロード」のリニューアル工事に合わせて、JR境線を走る「鬼太郎列車」もリニューアルされます。 2種類ずつ変更され、まず「第1弾」として、1月20日(土)に「こなきじじい号」「すなかけばああ号」がお披露目されます。当日は米子駅でセレモニーが行われるそうです(詳細は未確認)。 「4代目」の「すなかけばばあ号」は12月中で、「こなきじじい号」も今月3日をもって「見納め」となりました。永く親しん

  • 2018年の水木しげるロードに向けて

    正月三が日は駅伝三昧(^_-)-☆ ニューイヤー駅伝は旭化成が連覇、市田ツインズは2年連続で2人そろって区間賞を獲得しました。兄の孝選手のほうが大舞台で活躍していますが、私は特に弟の宏選手を応援しているので、優勝を決定づける激走に感激しました! 一方で箱根駅伝は・・・、往路は東海大も神奈川大も苦戦する大波乱の中、下級生主体の東洋大が好走。終わってみれば「やっぱり青山学院」でしたが、シードは有力と思

  • 2017年を振り返って

    2017年も、あと数時間となりました。 1年間のご利用人数は、延べ「322人」。それぞれに中身の濃い、個性あふれるすてきな旅人さんに「境港・水木しげるロード」と「宿のコミュニティ」を楽しんでいただくことができました。ご利用いただいた人は殆どが良い人ばかりで、「感謝」の一言に尽きます。 また、「町を楽しんでくださっている人」とお会いしてロードをご案内したり、宿を見学していただいた人が30人ほどいます

  • 大人と子どもが一緒に楽しめるように

    うちの宿の今までの利用状況を比率で表すと、以下のような感じになる。 女性の一人旅:45% 男性の一人旅:14% 女性グループ:12% 男性グループ:3% 混合グループ:3% 男女2名利用:4% 子連れの家族:19% 子どもを含めた総数では男性が約31%、女性が約69%。ご夫婦やご家族を除くと女性が76%くらい。 乳幼児も含め、宿泊者の約19%が中学生以下。「子ども連れのご家族」には想定した以上にご

1 2 3