• 酔題馬関旗亭壁(伊藤博文の漢詩) & ポーツマスの旗(伊藤博文の名場面)

    中央:高杉晋作 右:伊藤博文(俊輔) 酔題馬関旗亭壁 伊藤博文 論文諸友皆黄土 識面美人多白頭 十五年前狂杜牧 西遊還上旧青楼 昨日12月15日は高杉晋作の功山寺挙兵の日でした。日本の一大転換期・幕末を疾風のように駆け抜けた高杉晋作、そしてその晋作や晋作の師匠・吉田松陰先生の遺志を継ぎ、わが国を近代化し "栄光の明治"を創り上げた伊藤博文(ひろぶみ)。3人ともとっくのとうにあの世へ行ってしまってい

  • 日露戦争の代表的な兵器、二十八珊榴弾砲

    上記の記事を読んでふと思い出してクローゼットという名のおもちゃ箱の中から引っ張り出してきました。 日露戦争の代表的な兵器、二十八珊榴弾砲の完成品模型です。 見た目はかなり臼砲っぽいですが、臼砲ではないそうです。 要塞化した旅順の二百三高地を攻めた際に通常の野戦砲では火力が足りなかったので本国の沿岸防衛として設置されていたこの大砲を急きょ旅順に配備。 通常 砲床構築まで3週間とされていたものを根性で

  • 白襷隊 - 日露戦争・旅順攻囲戦の決死隊

    白襷隊(しろだすきたい) 神風特攻隊については、我が国では時々(定期的にと言っても いいのですが)映画が上映されて脚光を浴びますが この白襷隊に関しては、歴史の彼方に忘れ去れてしまっている感があります。 白襷隊は、日露戦争の旅順攻囲戦で、志願兵からなる決死隊として 夜間ロシア軍要塞に銃剣による奇襲攻撃を仕掛け、失敗。 ほぼ壊滅してしまった部隊です。 中学生の頃、「二百三高地」という日露戦争の映画を