自作のムラゴンブログ

  • ダラダラやってます〜

    毎週日曜が雨やったり微妙な天気なんで自分の中では完全に梅雨入りですが そろそろ「ごめんなさい、もう梅雨入りしてました」と言うてもエエんちゃいますか〜 言うことでダラダラと先週の続きをやります。 シリコン詰めのブラックボックスはナンバー灯ステーの裏側に強力両面テープで引っ付けました。 ナンバー側から見るとこんな感じです。 下から覗き込まないと配線も見えないのでこれで完成...なんですがこの画像を撮影

  • 正直に「梅雨入り」って宣言しなさいよ〜

    言うことでこっちは勝手に梅雨入りモードに入っているので弄っとります〜 さてmyエイプ、何か変わっていますがお分かりでしょうか? ディスクローターがキタコからBREAKINGになりました〜 ヤフオクで落とした中古ですがアウターの磨耗も少なく洗浄したらメチャ綺麗になりました。 派手ではありませんがキタコのローターより見た目もしっくり来ていますね〜 ついでにパッドをゴールデンパッドの新品に交換しましたが

  • マニホールドアダプターを自作 其の三

    さて昨日のエポキシも硬化したので綺麗に研ぎました。 キタコのマニ用ガスケットを何枚か持ってるので流用します。 1枚はボルト穴が48ピッチのガスケットを流用できるんですが もう1枚は58ピッチなので自作になります。 切りましたが穴の形はイビツです。 イビツなガスケットは削って混合気がスムーズに流れるようにしてますがただの自己満足です。 ポートやラバーマニホールドに段差があるので手直しできる箇所は一応

  • マニホールドアダプターを自作 其の二

    さぁ〜この状態から作業再開です。 上の画像ではラバーマニホールドの中にドリルで開けた小さい穴が見えますね〜 この状態から ドリルのキリを貫通させず何箇所か削りリューターでここまで孔を拡大しました。 昨日のカーボンステーを自作した後にここまでやりましたが案外時間がかかりませんでした。 反対側は調子に乗ってラバーマニホールドの内径より少し大きく削りすぎてしまいました... 純正もこれくらいの段差はある

  • ASウオタニ SP2のカーボンステー自作

    昨日見つけたコイルのステーのクラック 外してみると真っ二つ 言うことで自作します〜 アルミ板で作るとまた真っ二つになりそうなので残材から見つけたカーボン板で自作します。 ん〜、でもカーボン言うてもウエットカーボンやし頼りないな〜 言うことで少し寸法が足りませんがアルミ板を裏に付け足してハイブリッドなステーにしてみます。 重ねたアルミとカーボンに穴を開けノコで切断しましたがノコ刃の入らないコの字の部

  • マニホールドアダプターを自作

    今現在の嫁エイプのキャブ事情 PE28からラバーマニホールド→NSF100やNSRフレームに縦型エンジンを載せた車両用のマニホールド→エイプ100の純正マニホールドと3点の部品で結構ロングなインマニになっています。 しかも純正マニ(画像右上)は元々Ф16かФ18だったか忘れましたがかなり小さく軽いキャブの設定なのでФ28のキャブを取り付けると重さでブランブランしてしまいます。 これはマニホールドの

  • 東急ハンズの材料で練習パッドを作ろう!

     久しぶりの練習パッドシリーズです(^^)  いつもはホームセンターの材料で作ってました。  前回の紹介では画が不明確というか端折りすぎていたり無かったり・・・。  なので今回は大抵の地域の都市部にあると思う東急ハンズの材料のみで作って紹介してみます。  今日の材料入手店は東急ハンズ新宿店です。  予算は一切合切と消費税含めて1,503円でした。  そして今日作るのは通常の円盤型パッドではなくサイ

  • トゥースライダー自作

    古い画像ですが樹脂製のライディングシューズのトゥースライダーがすぐにすり減るのでこんな感じでアルミ板で補強していましたが自作するのに手間がかかってトゥースライダー自体の厚みも増すのでアルミも直ぐにすり減っていました。 言うことで5ミリのアルミ板を直接トゥースライダーにしてしまいます。 人力ベンダーです! 結構曲がるもんですね〜 バカ孔を開けて取り付けしましたが アルミ板のセンターにボルト穴を開ける

  • マグネシウムクラッチカバーをゲット!

    あ〜金ないのにクラッチカバーを買ってもうた〜しかもタケガワ廃盤のマグネシウムやで〜 メルカリで20000円で即買い! 私メルカリは1回しかやった事なくて評価も0なんで出品者の方が結構不安がっていました。 そらそうですね〜ヤフオクで出品して0評価の落札者でも不安になるわな〜 言う事で信用第一! 即日入金で2日後には届きました。 目立たない小傷はあるものの20000円にしては結構な上玉ですぜ〜 欠品は

  • 吉野材で、何かできないかなぁと。

    ゴロゴロ材料が転がってるのを、撮ってきました。 うちの目の前です。 「これ、ちょっとちょうだーい!」と言えば、いくらでも分けてもらえます。 こういう端材が、毎日いっぱい出てきてて、職人さんたちが、自分ちの薪にしたりしてるけど、あまりにたくさん出るので、一時は焼却炉で燃やしておられました。 しかし・・素人がコンクリートで作った焼却炉は許可されてなくて、結局、軽ダンプで処理場に持ち込んでるみたいです。

  • ホンダ縦型エンジン専用台を自作

    以前から使っていたエンジン台 プラスチックのコンテナボックスに木材を組み込んで自作したんですが テキトーに作ったので座りが悪く赤丸の穴にシフトスピンドルが入るんですがここも無理矢理押し込んでなんとか入るようないい加減さです。 クランクケースを外すと頼りない感じで実際ガタがあるのでクラッチのナットを規定トルクで締め付ける時は上から抑えながらやっていました。 前々から作り直したいと思いながら放置してお

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の20(最終回?)

    「嫁エイプのシートカウル変更計画」シリーズを今回で最終回にするつもりでシートカウルを鏡面化しましたが... やらかしましたね〜 今回は2液ウレタンクリアーを吹いてないのでブラックを綿棒でタッチアップして更にピンポイントでクリアーを吹いて乾燥後磨けば全然大丈夫です。 そしてもう一つ問題発生です! 先週スポンジとゴム板を貼り合わせてシートラバーを自作してこのように上に乗せたまま1週間放置していたら ゴ

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の19

    先週やったかな? 1杯ひっかけて捨てクリアーを水研ぎしたので散々やらかしていました... やっぱりアルコールが入るとテキトー&勢いがついてやり過ぎますな〜 またタッチアップして捨てクリアー... 何回同じことを繰り返しているのやら... 乾燥待ちの時間に中華オイルキャッチタンクのステーを ショート化しました。 また塩ビ管を塗装してステーにして こんな感じになりましたがいずれはこのステー金属疲労でポ

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の18

    さてオイルキャッチタンク風小物入れの塗装も済ませナンバー灯のLEDもステーに貼り付け仮組みしてみました。 6ミリボルトに内径13ミリの塩ビ管カラーではスカスカなので外径8、10、12ミリのアルミパイプをカットして ビニールテープとマスキングテープでアルミの外径を微調整してずり落ちないようにしたのでカラーのほぼセンターにボルトを差し込めるようになりました。 長ナットの方もゴム板を巻きつけ圧入したので

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の17

    一昨日失敗に終わったナンバー灯... 今度は小物入れにステーを直付けしました。 問題はナンバーをちゃんと照らしてくれる角度なのか? 照明を落として照らしてみましたがバッチリですな〜 これでナンバー灯は一件落着! 次はナンバーステーのリフレクターの角度が浅いのでトーチで炙って曲げようとした途端ご覧の通りバラバラになりました... 以前トーチを使用せず常温で無理矢理曲げたのが原因かと思われますが今バラ

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の16

    オイルキャッチタンク風な塩ビ管の小物入れの取り付け位置...どないしよ〜...と思案中... 下の画像の位置に取り付けようと思っていましたがここに取り付けると後続車からウインカーが見えなくなりますね〜 言う事でナンバーの上に取り付けました! ナンバープレートステーにボルトで固定 見た目は良いんですがシートカウルを外さないと小物が取り出せませんね〜 でも、いいんです! 小物入れと言っても予備のヘッド

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の15

    先週作った塩ビ管スペーサーをナンバーステーに仮組みしてみました。 コの字のアルミチャンネルに入ってる塩ビ管の中には長ナットが入っているので左右からボルトを差し込めるようになりました。 ナットで締め付けるよりしっかりしていますよ〜 さてアングルに穴を開けまくって ペンチで挟んでこねくり回してちぎってやりました。 ドリルで開けたギザギザの跡はヤスリでフラットに整形して 小さいアングルにゴムを取り付けて

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の14

    今日は主に塩ビ管を加工しました。 安値で加工しやすい塩ビ管は大変重宝しますね〜 パイプカッターで正確な直角にカットしたものをヤスリで寸法の補整とバリ取りをします。 で、途中経過は割愛してアルミアングルの(突っ張り棒的な)補強を作りました。 最後部のパイプの長さは175ミリあるので最初はアルミ棒を加工しようかと企んでいましたがうちの設備では加工(ヤスリで0.1ミリ単位の微調整)が大変なんで塩ビ管を1

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の13

    先週の続きです。 シートカウルを取り付けてみて工具箱が横置きで入るんですが工具箱の後部にシートカウルのブレ止めやナンバープレートのステーを取り付ける予定なので本当に横向きで入るのかが怪しい 工具箱の入れ方を色々シュミレートしてみたところ捻って回したら横向きに入ることが判明しました! 縦置きはやっぱりアルミアングルの強度が心配です。 金属疲労でポキっと折れてナンバープレートごとなくなるのも嫌ですし.

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の12

    昼前から2回目のシートカウルの捨てクリアを吹いたので塗装はここまで 工具箱のキャリアを自作するためにバイク置き場に降りてワイヤーロックを外そうと...「あらっ...?」 キーが入りません... 潤滑油をさしてようやくキーが鍵穴に入りましたが今度は回せません... どうやらイタズラで鍵穴に瞬間接着剤を流し込まれたみたいですね〜 こんなことで諦めると思てんのか! 金ノコでカットじゃ!! とりあえず古い

1 2 3 4