• 生きるを養う

    生きるを養う 「ヨセフは穀物を海の砂のように非常に多くたくわえ量りきれなくなったので、 ついに量ることをやめた。」 (創世記41章49節)  この自然災害の多い現代で、私たちは蓄えることの大切さをこの、ヨセフの時代から読み取ることができます。いついかなるときのためにも、備えあれば憂いなしです。  これは、子の子育てにも同様なことが言えるのではないのでしょうか? 大人になれば皆苦労します。自らの判断

  • 一粒の麦に隠された本当の意味

    一粒の麦に隠された本当の意味 「 まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。」 (ヨハネによる福音書12:24)  キリスト教会では、一粒の麦を犠牲愛の象徴のたとえのようにして語られることは多いものです。  しかし、この一粒の麦のたとえには、復活の愛の部分が隠されているのです。  一粒の麦が地に落ち

  • ギバー&テイカー

    ギバー&テイカー 「主はこう仰せられる。『公正を守り、正義を行え。わたしの救いが来るのは近く、わたしの義が現れるのも近いからだ。」(イザヤ書56編1節)  先日、インターネットの経済コラムで、ギブ&テイクについて面白い記事を拝見させていただきました。「与えると損をする?」という題名でしたが、このことについて、不思議にも裕福な富裕層と貧しい貧困層の共通点は「与えること」をすること、ということでした。

  • 無知の知

    無知の知 「 自分を知恵のある者と思っている人を見ただろう。  彼よりも、愚かな者のほうが、まだ望みがある。」 (箴言27:12)  先日、ある経済ニュースコラムで、「世の中すべて知っている系が厄介な理由」という題の記事を拝見させていただきました。この「世の中すべて知っている系」とは、全てにおいて達観しているため、向上心がなく、「意識高い系」よりも厄介だと言うのです。   確かに、得意分野などで成

  • 忠実な使者

    忠実な使者 「 わすかな人々が住む小さな町があった。そこに大王が攻めて来て、これを包囲し、これに対して大きなとりでを築いた。  ところが、その町に、貧しいひとりの知恵ある者がいて、自分の知恵を用いてその町を解放した。しかし、だれもこの貧しい人を記憶しなかった。  私は言う。「知恵は力にまさる。しかし貧しい者の知恵はさげすまれ、 彼の言うことも聞かれない。」  知恵ある者の静かなことばは、  愚かな

  • 40のオリジナル川柳

    40のオリジナル川柳 ① 持ち味を、生かすは全て、己次第 ② 自己実現、限界超えると、事故実現 ③ 犠牲愛、求めすぎると、他者犠牲 ④ 闇ありて、光の善さを知る術は、雲の上には、星々の光 ⑤ 猛暑の夜、暗闇の影、蛍の光 ⑥ 己の道、照らす光が見えぬのは、己の心に曇りある故 ⑦ やがて来る、沈む夕日に一番星 ⑧ 過去想い、新しき道見えぬとも、待てど進めど、時は流れる ⑨ 世の中の不条理責めるは、己の

  • 新たな始まり

    新たな始まり 「 あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、 子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって「アバ、父」と呼びます。」 (ローマ人への手紙8:15)  キリストを信じる人の特徴は、人を恐怖に陥れることのないというところかもしれません。人は臆病なままであれば、新たなことにチャレンジする勇気すら出てはきません。また、誰か他者を助けたいと思う時、臆病

  • 小さな器をも造り変え用いられる主

    小さな器をも造り変え用いられる主 「 すると、主は彼に向って仰せられた。『あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。 わたしがあなたを遣わすのではないか。』  ギデオンは言った。「 ああ、主よ。私にどのようにしてイスラエルを救うことができましょう。 ご存知のように、私の分団はマナセのうちで最も弱く、私は父の家で一番若いのです。」 」 (士師記6:14~15)  聖書を読めばよく分か

  • 賢い者

    賢い者 「 ダビデもまた、行いとは別の道で神によって義と認められる人の幸いをこう言っています。  「不法を赦され、罪を覆われた人は幸いである。   主が罪を認めない人は幸いである。」  それでは、この幸いは、割礼のある者にだけ与えられるのでしょうか。それとも割礼のない者にも与えられるのでしょうか。私たちは「アブラハムには、その信仰が義とみなされた。」と言っていますが、どのようにして、その信仰が義と

  • 恵みと報酬の違い

    恵みと報酬の違い 「 また、天の御国は、海におろしてあらゆる種類の魚を集める地引網のようなものです。 網がいっぱいになると岸に引き上げ、すわり込んで、良いものは器に入れ、悪い者は捨てるのです。 この世の終わりにもそのようになります。御使いたちが来て、正しい者の中から悪い者をえり分け、火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。」 (マタイ13:47~50)  力とはまず何を思

  • いかに生き、いかに活かすか

    いかに生き、いかに活かすか 「 もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。」 (ローマ人への手紙8:11)  キリスト教会は多くの献身者のみならず多くのクリスチャンの殉教による死によって世界中に福音を知ら

  • 互いの裏を満たす

    互いの裏を満たす 「 主は、私の主に仰せられる。 『わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまでは、わたしの右の座に着いていよ。』  主は、あなたの力強い杖をシオンから伸ばされる。「あなたの敵の真ん中で治めよ。」  あなたの民は、あなたの戦いの日に、聖なる飾り者を着けて、夜明け前から喜んで仕える。  あなたの若者は、あなたにとっては朝露のようだ。  主は誓い、そしてみこころを変えない。  「あなたは

  • キーパーソンの連鎖反応

    キーパーソンの連鎖反応 「 語る人があれば、神のことばにふさわしく語り、奉仕する人があれば、神が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して神が崇められるためです。栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。」 (第一ペテロの手紙4:11)  世界の人口はここ20年で30億人近く増加し、人口爆発の一途をたどる中、日本は急

  • 安楽死による尊厳死について考える

    安楽死による尊厳死について考える 「 イエスは、また別のたとえを話された。「天の御国は、パン種のようなものです。女が、パン種を取って、三サトンの粉の中に入れると、全体がふくらんで来ます。」」 (マタイによる福音書13:33)  今日は、「安楽死による尊厳死」について考えてみたいと思います。人は、何故苦しむのでしょう?それは、労苦をしのべば必ず良いことがあるという希望があるから、その苦しみに耐えられ

  • 無限の可能性を秘めた賜物

    無限の可能性を秘めた賜物 「 すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、 御前で聖よく、傷のない者にしようとされました。  神は、ただみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、 愛をもってあらかじめ定めておられたのです。」 (エペソ人への手紙1:4~5)  私たちクリスチャンは、死んでこの世を去って終わりではない、キリストにある永遠のいのちを

  • 共生力の生み出す幸福度

    共生力の生み出す幸福度 「 ナオミは嫁に言った。「生きている者にも、死んだ者にも、 御恵みを惜しまれない主が、その方を祝福されますように。~」 (ルツ記2:20)  先日、インターネットのニューストピックで拝見したのですが、今、世界で一番幸福度が高い国と言われているのが、北欧のデンマークと南国のフィジーだと言います。シンプルに幸せかどうかを質問するタイプの「主観系幸福度」では、フィジーが1位で、一

  • 救護のプロ

    救護のプロ 「 救いはユダヤ人からでるのですから、私たちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。 しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。 今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。  神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」 (ヨハネによる福音書4:22~24)  救護と言えば

  • 大切ないのち

    大切ないのち 「おおらかな人は肥え、人を潤す者は自分も潤される。」(箴言11:25) 仕事のできる人の特徴を少し上げてみたいと思います。一般的に考えられているのは、上司のニーズに答える人ですが、現代社会には、人件費を出さないため、コスト削減がよく叫ばれ、人々は壊れ気力を失うまで、使われ捨てられるというようなブラック企業のような就労形態で蔓延しています。ここで、考えたいのは、まず、「あらゆる道具を使

  • ストレスと食事

    ストレスと食事 「 悪者に向かって、「あなたは正しい。」と言う者を、 人々はののしり、民はのろう。」(箴言24:24) 「 目を覚まして正しい生活を送り、罪をやめなさい。」(第一コリント15:34) 「 だれも自分の身を憎んだ者はいません。かえって、これを養い育てます。 それはキリストが教会をそうされたのと同じです。 私たちはキリストのからだの部分だからです。」(エペソ5:29~30)  ストレス

  • ブレーンリフレッシュ

    ブレーンリフレッシュ 「 もしあなたが悟りを呼び求め、英知を求めて声をあげ、  銀のように、これを捜し、隠された宝のように、これを探り出すなら、  そのとき、あなたは、主を恐れることを悟り、神の知識を見だそう。  主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えられるからだ。」  (箴言2:3~6)  認知症や精神療養の一環として、認知行動療法というものがあります。認知行動療法には、否定的な受けとめ方

1 2