• 自民党の人は、余り油断していないように思える?

    上の人。 上の年を取った人。 過去。ある経験をした人。 人気絶頂だった与党が野党に負けた。 敗因。その原因。 その分析は、すでに行われていると思う。 それは、報道の力。 口止めか口封じ? それは、的確な言葉ではないのを自分は、重々しっているのだけれど このように書いた方が面白いのかな?っと思って変な言葉を使ったんだ。 電波停止発言。 大変。大変。世の中と云う物は、面白いよね?

  • 昔の事を言っても、しょうがないのだけれど

    昔。自民党時代。この先の沖縄問題について、ある程度。 決着がついていたらしいんだ。 沖縄の人の置かれた立場。経済問題や基地問題。様々な問題を含んだ。 沖縄に住む人達が納得するような形で物を煮詰めていたらしい。 長年。時間を掛けてその様な事を行っていたみたいなんだ。 でも、民主党に属する人は、それを簡単に手放してしまう。 簡単に何かを得た人は、それを簡単に捨てる事をする。 大変。勿体ない事をする。

  • 当時の偏向報道や印象操作はすごかった

    これが、民主党を与党に押し上げた最大の理由。 そして、自民党を与党の立場から野党の立場へ転落した最大の理由。 お互いの立場を逆転させた最大の力。 それは、テレビや新聞の雑誌や本。マスメディアの力。 そして、その頃の自民党。 調子に乗っていた訳ではないとおもうのだけれど 非常に警戒心が無かったと思うんだ。 人気絶頂の人達が野党になるなんて事。 党内の人。誰も考えていなかったと思うんだ。 警戒心が無か

  • 自民党のピーク?最も人気のあった時期

    それは、小泉さんが首相になった辺りだと自分は、記憶している。 そして、その人物の行った行為は、自民党の集票システムを壊し 自分の元へ、更に票を集める事に成功した。 自民党の集票システムをぶっ壊し、自民党を壊し そして、自分の元へ更に票を集める事に成功した。 とても、変な人。変人。