• 大山の麓で

    コーラスの仲間と大山に豆腐料理を食べに行ってきました。 大山は大山詣りが有名で、日本遺産に認定されているそうです。 大山詣りは鳶などの職人たちが 巨大な木太刀を江戸から担いで運び、滝で身を清めてから 奉納と山頂を目指すといった 他に例を見ない庶民参拝である。 そうした姿は 歌舞伎や浮世絵にも取り上げられ また手形が不要な小旅行であったことから 人々の興味や関心を呼び起こし、 江戸の人口が100万人

  • 皇居東御苑

    今月の散策会は一般公開の東御苑でした。 天気は上々☀ でもわんさかわんさかの人の波 間を縫って歩くのも一苦労でした。 皇居というより 歴史的遺産の江戸城といった方がぴったりくる感じです。 見慣れた風景だけどおつきあいくださいね^^ まずは入り口 大手門 百人番所 警護の武士たちの詰所ですね 大奥のあったところ 権勢と虚勢 女の涙・・でしょうか 二重橋 東京だよおっかさん・・古いね(*‘∀‘) 千鳥

  • 【春の雨】

    子供がひとり 雨に濡れて歩いています ランドセルを背負った背を 少しだけかがめ 両手はポケットに 濡れた髪は 額にたれているけれど 冷たかろうと見やれば 青い春の入り口で 雨もまた 小道具のひとつのようです 春の雨 これっくらいの冷たさは 駆けて抜けてはつまらない 誰も見てはいないけど 一人舞台の主人公

  • ぽかぽか・・

    ひねもす のったりのったりかな (平塚総合運動公園で) みんな同じ方向を向いています。 お日様が恋しかったのね^^ やっと暖かくなってきました。 よく見ると、ちょっと気持ち悪いけど( 一一)

  • 春の嵐か

    一昨日、昨日 私地方は春の嵐の真っただ中にいたようで 暴風雨が吹き付けておりましたけれど 今朝がたようやく終息したようです。 私の背中も関係あるのかないのかわからないけれど だいぶ良くなってきました。 ふっと、生活を考えてみると なにもなく 心配事がなにもない・・ 子どもたちもそれぞれ おじさん、おばさんになり 母親も現世から卒業してしまったし・・ 心配しようとすればすることはあるのでしょうが 私

  • 氷室椿園

    今日は友人たちと茅ヶ崎にある氷室椿園に行ってきました。 氷室椿園は、三井不動産の元副社長である氷室 捷爾さん・花子さんご夫妻の庭園が、茅ヶ崎市へ寄贈され、平成3年10月に開園しました。  広さ約2,800平方メートルの庭園には、椿や松、バラなど1,300本におよぶ庭木類が植えられています。 椿の種類は200種以上におよび、なかでも「氷室雪月花」は、白や淡桃色の地に紅色の絞りが入った美しい品種だそう

  • 早春

    父と子

  • 沈丁花

    花の姿は派手ではないのに その香り 漂うなどと優しい言葉で言えないほど強く 子供の頃から 理由もなく悲しくなってしまう 沈丁花 その落ち着いた色合いから 想像もつかないほどの香り あなたの中にも 狂気がひそんでいるのですか? それとも あなたの香りは 春の危険を知らせてくれているのでしょうか 沈丁花 その香りがなかったら もっとあなたが好きなのに