• 平成最後の日本史 - 平成終了の前に日本の歴史を振り返る

    平成が去っていく。。。去りゆく平成を惜しみつつ、平成に至るまでの日本史を年表にしてまとめてみました。 ありがとう平成!さようなら平成! 「平成」という元号が始まったのは 1989年になります。そして 2019年この元号は静かに消え去っていきます。僕が生まれた日本という国は、元号という文化を持つ美しい国です。現在、世界中で元号を使っている国はわれらの日本だけです。 平成元年1月8日(平成初日/198

  • 【なぜ薔薇が…】

    前回の投稿で里見公園について述べました。 でも、何故この場所に薔薇なのでしょうか? 2003年に市川市は市制70周年を迎えた際に、 当公園の噴水付近に記念事業として薔薇を植えました。 翌年11月ドイツ国ローゼンハイムとパートナーシティを締結。 記念としてマリア・リサという一季咲きのつる薔薇が寄贈されました。 実はこの周辺は室町時代に栄えた城址で、 明治時代から終戦までは兵舎の立ち並ぶ軍隊の街でした

  • 能の大成者・世阿弥(ぜあみ)の「風姿花伝・三道」現代語訳を読破

    風姿花伝(ふうしかでん)とは能の大成者・世阿弥の能楽論です 風姿花伝・三道 現代語訳付き  世阿弥 竹本幹夫訳注 角川ソフィア文庫 天才・世阿弥が到達した、演能と作能についての著作から、能の心を読み取る。 能の大成者・世阿弥が子のために書いた能楽論を、原文と脚注、現代語訳と評釈で読み解く。実践的な内容のみならず、幽玄の本質に迫る芸術論としての価値が高く、人生論としても秀逸。能作の書『三道』を併載。