徳のムラゴンブログ

  • エッセイ きれぎれ草 18

    正確とは徳であろうか。     ○ 儒教思想では、正は八徳の中に数えられていない。     ○ 正確は、義や知から派生する性質と考えられると見て良い。     ○ 正は非常に大きな数を表す数詞の一つである。    ○ つまり、計算の中で活躍する言葉と見て良い。    ○ 計算は、どこまで行っても計算であって、ものそのものには決して、到達しない。 計算とは、物と物との間の関係を表すものに他ならないか

  • 「学問のススメ」福沢諭吉

    あまりにも高名な本ですが、この書だけで、福澤の思想を代表させるには、少し無理があるようです。福澤の思想の本領が発揮されるのは、やはり「文明論之概略」や「福翁自伝」においてである、というのが撰者のかんがえです。「学問のススメ」で、福澤は、新時代の徳というものを列挙します。軽薄は鋭敏に、鈍感は重厚に、吝嗇は節倹にという具合に、短所は直ちに間髪を入れず、長所に転換し得るものだと考えますが、ここに不徳の極

  • 生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。(続き-2-)

    生きる意味及び意義とは何ですか?(中略)→(結論)ヒト・人間・人類は消失、滅亡、絶滅するべきだと思います。 (続き-2-)   shikanneiko   「ヒト絶滅、全人類滅亡消失、無人化、へ…の説得・提言(・勧誘引導(導引))」   (前記事からの続きで御座います。)   何故か、世の人々は盲目的-狂信的に「生き急ぐ」…。 今も昔も-旧態依然として、「進歩・発展」の思想・傾向・志向・風潮・世相

  • 「ヘンリー四世」シェイクスピア 岩波文庫

    劇中、最も魅力のある喜劇人、太ったフォルスタッフの登場する史劇です。フォルスタッフの登場する場面は、どこでも空気が緩みます。フォルスタッフにはおよそ徳というものがありません。悪徳さえ身につけなかった男といっていいでしょう。生きていること自体が、愉快でしょうがないような人間です。何をやらかすにしても真っ当なことはできませんが、人を笑わせるツボだけは誰よりもよく心得ています。登場するたびに今度は何をし