• 「ロミオとジュリエット」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの作品の登場人物の中では、年齢が特定されている人物は数名ほどですが、ジュリエットはその中でもはっきりと十四才とされています。これは真剣な恋愛をするのには十四才で十分だということを物語っているようです。この「ロミオとジュリエット」は、悲劇と喜劇との境を紙一重の差で行き来するように見えます。結局些細なすれ違によるミスから悲劇となって終わりますが、もし、あのときああだったらと、悔恨にも似た

  • 「ジュリアス・シーザー」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアのギリシア政治劇です。「ブルータスお前もか。」の名台詞が見えます。シェイクスピアの中ではもっとも男らしい剛毅果断な悲劇と言っていいでしょう。作中「あの男はおそろしい、何を考えているか分からぬ。あの男は痩せているからだ。」という文句は、後世の心理学者クレッチマーを刺激して、今でも人々によく知られている体型心理学の基礎を作り出しました。ギリシア政治家たちの話し振りや立ち居振る舞いまで、彷

  • 「真夏の夜の夢」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの作品にはおよそ必ずと言っていいほど原作となる種本があるのですが、この劇には筋となる種本がないそうです。まさしく真夏の夜に見る夢のような筋書きのない劇が進行します。劇が終わった後には、じつにあざやかな夢から覚めたような気持ちにさせられます。シェイクスピアは詩人としてその経歴をスタートさせたと言われていますが、この劇はそのシェイクスピアの無垢な詩的才能が全面に溢れ出た雅やかな喜劇です。

  • 「お気に召すまま」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの前期の喜劇です。シェイクスピアと言えば、ハムレットなどの四大悲劇を中心に考えますが、この見方は、実は、ロマン主義文学台頭の時代以降のもので、それ以前の時代のシェイクスピア観では、中期の四大悲劇よりも、前期の喜劇の方が、優れているとされていました。この「お気に召すまま」では、人間は自然とどう向き合うのかがテーマとなっています。主人公の貴族は、自分の棲み家を森の中と定め、配下の家来たち

  • 「私の幸福論」福田恆存 ちくま文庫

    福田恆存は現代の作家です。演劇、翻訳、評論など多岐に渡って活躍しました。シェイクスピアの翻訳でもよく知られています。この書はわたしにとっては忘れられない本で、浪人時代の精神的な支柱になったということもあり、このおすすめ本の中に入れました。現実は確かに不平等である。だが、不平等だからと言って不平ばかり言っていても仕方があるまい。与えられた環境をそのまま是とし、そこから歩き出すべきであろうという著者の

  • エッセイ 自由という女神 「『罪と罰』考」

    「罪と罰」のラスコーリニコフは、自分で抱いた自由思想を全人格で実践した男である。そこには、何の妥協もないのであって、誰にも、それを止める力はなかった。そうして、凶行を遂げた後に、良心の呵責が容赦なく襲いかかっても、自由を追い求める彼の悪魔的な頑強な人格は、それによって、崩壊することはないのである。そうなのである。彼は、豊かな良心を持った殺人者という、一見、不可能と見えるパラドックスを、強硬に生き抜

  • ハムレット <高貴な自由精神の悲劇>

    ハムレットは復讐劇である。忠臣蔵がそうであるように悲劇に終わるより他はない劇である。ただ、ハムレットは非常に多弁で、内蔵助は非常に寡黙であるということは、また、別の話になるのだが。 ハムレットの自由精神は、比喩を使えば、いわば、復讐心という暗い感情を垂直軸にして、その回りを振り幅が非常に大きい螺旋状に下降する感情として運動していき、最後の大団円で、それが交わるように、描かれているように見える。そう

  • ドストエフスキーの時間感覚 <大胆な革新性>

    ドストエフスキーの小説、特に「罪と罰」以降の作品には、独特の時間が流れていることは誰も指摘することだが、それについての詳細な論は読んだことがない。 ここで少し、それについてかんがえてみたい。まず、ドストエフスキーの時間の扱い方だが、ドストエフスキーは、じつにうまく現実の時間を利用していることである。小説には小説自体の時間の進み方がある。例えば、トルストイやバルザックは、その小説の時間進行を妨げるよ

  • 「じゃじゃ馬ならし」シェイクスピア 新潮文庫

    性悪で、手の付けられないような気の強い女が、劇の最後には、素直でどこに出しても恥ずかしくないような立派な女性に変貌するというちょっと有り得ないと思えるような喜劇です。主人公の女は、まさにじゃじゃ馬を絵に描いたような女で、思いつく限りの性悪な悪事をしでかします。この女の教育係を買って出た男は、また、あらゆる手段尽くして馬を調教するようにこの女を教育します。そのとき、彼は、女性本来の自尊心を傷つけるよ

  • 「あらし」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの書いた最後の傑作と言われています。ミラノ公で魔術師プロスペローは、娘ミランダとともに、とある島で隠遁生活を送っています。島には様々な妖精たち、中にはキャラバンという性悪な怪物もいます。プロスペローは魔術を使い、ある船を難破させ、乗組員たちを全員島に漂着させます。ミランダの夫に相応しい男を見つけるためでした。全編に、すべてを見通したような抒情性が漂い、こう言って良ければ、安息で静謐な

  • 「ヘンリー四世」シェイクスピア 岩波文庫

    劇中、最も魅力のある喜劇人、太ったフォルスタッフの登場する史劇です。フォルスタッフの登場する場面は、どこでも空気が緩みます。フォルスタッフにはおよそ徳というものがありません。悪徳さえ身につけなかった男といっていいでしょう。生きていること自体が、愉快でしょうがないような人間です。何をやらかすにしても真っ当なことはできませんが、人を笑わせるツボだけは誰よりもよく心得ています。登場するたびに今度は何をし

  • 「ヴェニスの商人」シェイクスピア 岩波文庫

    金貸しのユダヤ人シャイロックが登場するシェイクスピアの中でも、よく知られた作品です。ユダヤ人の典型的な性格が描かれているとして有名になったのですが、劇の面白さは、むしろシャイロックが法廷で負けて退場した後の、恋人たちの語らいの場面にあります。ここでは、まったく手垢に汚れない生まれたばかりのロマンチシズムの典雅な発露があります。数多くのロマンチシズムの恋愛作品の中でも、殆ど唯一の、際立って幸福感に満

  • 「オセロウ」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピア四大悲劇の中で、もっとも家庭的と呼ばれている悲劇です。オセローは、愛を誓い合ったデズデモーナに嫉妬をするのですが、オセローの気高い心は、この嫉妬によっても、少しも傷つけられることはありません。策略家のイアーゴーの唆しに乗って、最後は、自分の手で最愛のデズデモーナに手をかけて殺してしまうのですが、それが、イアーゴーの讒言に過ぎなかったことが分ったら、いとも簡単に、自分自身にも手をかけて

  • 「マクベス」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの四大悲劇の中で、もっとも色調の暗い悲劇です。これは、マクベスが本物の悪人に他ならないことから来ています。王の高貴な血筋を断ったマクベスは、自ら、王位簒奪者になります。魔女の予言にいいように振り回され、権力をわがものとするために、殺し屋に暗殺を依頼します。マクベス劇中もっとも暗い場面です。マクベスは、魔女の予言を信じ悪に手を染めるのですが、自ら悪人となる道に賭けるように行動し、本物の

  • 「リア王」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの四大悲劇の一つです。リアは領地をめぐる話し合いの際、最愛の娘コーディーリアから、素気ない言葉を聞き、あっという間に信用のならない二人の姉に領地を与えてしまいます。この振る舞いが劇に正邪の反転したような狂気の性格を与えます。リアの怒りは自分の蒔いた種に他ならないのですが、自然力を思わせるようなその狂的な怒りには、何もかもを飲み込んで行く奔流のような抗し難い偉大な勢いがあり、われわれは

  • Bill / 映画

    BBC製作のイギリス映画。 「Bill」ではピンと来ないかもしれないが、Bill(ビル)はWilliam(ウィリアム)のニックネーム。 イギリスで有名なウィリアムといえば...そう、偉大なる劇作家ウィリアム・シェイクスピア。彼がこの映画の主役だが、、、従来イメージするような格好良く、シリアスな彼のイメージは早々に忘れ去ることが必須! というのも、この映画、歴史ものなのにとびっきりコメディーなのだ!

  • リチャード三世 シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアが創造した数多くの魅力的な人物の中でも、異彩を放つ人物像です。体型は背が曲がり醜く、風采の上がらない男ですが、口が天才的にうまい。その口を武器に、あらゆる権謀術数を駆使し、特に地位の高い女性を言葉巧みにたぶらかし、胸に秘めた野心を実現して王位につきます。まさに、立て板に水のその驚くべき口のうまさを味わうには、原作を読むのが一番です。女心を知り抜いた野心家とはどういうものか、この一冊で

  • 「ハムレット」シェイクスピア 新潮文庫

    「生きるべきか死ぬべきか、それが問題なのだ。」など、シェイクスピアの作品の中でも、名文句、名台詞に溢れたあまりにも有名な作品です。作中、あらゆるものを突き抜けたように感じられるハムレットの自由感情は、世界中のどのような文学と比べても比類がありません。運命の自然力と人間の自由とが渾然と一体になった、世界文学の最高峰に立つ作品です。

  • シェイクスピアの四大悲劇や名台詞(セリフ)を断捨離

    シェイクスピアの名言!ハムレット、リア王、マクベス、オセローの名言! 英和対訳 シェイクスピアの名せりふ 100 (安西徹雄 著) 今年・平成28年の僕の決意でも述べたのですが、今年は例年にも増して「人間について」を勉強しながら、断捨離や使い切る暮らしを実践しています! と言いたいところなのですが、何かと色々あって計画通りに進んでいないんです。本日、なんとかこのウィリアム・シェイクスピアの本を最後

  • 車の中で聴く英語CD 2 「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIVE」

    シェイエクスピアの 2枚組のCD「ザ・エッセンシャル・シェイエクスピア・ライブ」 「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIVE」 5月末から車の中で聴く英語CDとして 「Shakespeare's original pronunciation(BRITISH LIBRARY)」を選び 聞き続けてきましたが、 そろそろさすがに飽きてきましたので 次の CDに入れ換えました。 これか

1 2