• 現在:4コース目

    本治療の冊子では、 ◯コースではなくて◯サイクルと表示されていたので、より正確に残すために本日以降の記事についてはこちらの表記で統一させていただきます。 現在、 DBd療法5サイクル目の治療に入っています。 4サイクル目の記事も残せないまま、 いろんなことが詰まって今日を迎えているので 少しずつ書き足しながらアップしていきます 〜〜言い訳です〜〜 春になったせいか、とにかく眠いです… 携帯で記事を

  • 現在:3コース目を終えて

    桜の開花宣言から満開、気づけばあっという間に葉桜。 今週末には真夏日か!?と天気予報でギラギラした太陽がうつっていました。 月日の流れの速さを感じている今日このごろ。 長女の大学生活も終わり、新社会人として一人暮らしも研修もスタートしています。 次女も社会人2年目に突入し、3つ年上の大卒で後輩にあたる女性の指導?に頭が沸騰しているようです。 それぞれが、それぞれのリズムとタイミングで成長しているん

  • 現在:2コース目と今日まで

    今日はダラザレックス®︎2コース目 Day8の通院加療日です 9時過ぎに受付、採血を済ませて 10時頃に採血結果を見ながら投与できるかどうかの判断 そこからアレルギー対策用の内服と解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤の点滴を一時間ほどして、 ダラザレックス®︎の点滴を開始 100ml/1h→ 血圧、酸素、検温 150ml/1h→ 血圧、酸素、検温 200ml/1h→ 血圧、酸素、検温 一時間に一度、バイタル

  • 現在:ダラザレックスの副作用

    今回は前回の記事にも触れた インフュージョン•リアクションについてです ◆インフュージョン•リアクション アレルギーのような症状があらわれる可能性があります。軽い症状の場合が多いですが、まれに症状が重くなる(アナフィラキシー、気管支けいれん、低酸素症、呼吸困難など)ことがあります。 症状はダラザレックス®︎投与開始から80〜90分後に見られることが多いです。 また、遅発性(ダラザレックス®︎投与開

  • 現在:新薬(ダラザレックス)治療

    現在の治療に関する記事です。 患者本人である主人も、治療をしている立場から想うアレコレを記事にし始めました。 私よりも更新の頻度は高いし、やはり当事者なので具体的なコトバが見えてくるかもしれません。 ブログ説明、プロフィールにもリンク貼り付けてますが、暫くは記事内にもリンク先をペタリしておきます(^^) ➡︎ https://ken-ken-ken.muragon.com/ さて。 記事を書かない