鍛冶屋のムラゴンブログ

  • 明日は茨城県に行きます !

    7月18日(日曜日)は茨城県つくば市吾妻 つくばクレオスクエア つくば蚤の市に出店します。 昨年まで茨城県には月2回は決まってお邪魔してたくさんのお客様とお会いしていましたが、都合で行けなくなり早半年が経ちました。 今回機会がありつくば蚤の市に出店させていただくことになりました。 ブログでの告知が遅くなってしまいましたが、手作りの道具をたくさん持っていきますのでご興味のある方は是非お越しください。

  • 今月の出店予定です。

    イベントの出店を控えていましたが、今月はクラフトフェアやキャンプ場などに出店することとなりました。 手指の消毒用アルコール準備や安全な距離を保っての接客などコロナ対策をしっかりとしての出店です。 三代目もイベントに向けて製作作業に毎日奮闘しています。 7月の出店予定 7月10日(土)・11日(日)  信州ハンドクラフトフェスタ2021     長野県 エムウェーブ 7月17日(土)   田中商店さ

  • オンラインショップ

    オンラインショップに使いやすく大変お得な家庭菜園用3点セットを追加しました!! 自家製鍛造品です。 草カキは7寸(21cm)。 しっかりとした切れ味、軽めに作ってあるので作業効率アップ間違いなし! 万能は硬い土でも刃が土に入りやすいように先が剣型になっています。 頑丈な作りですので掘り起こしに大変便利です。 鍬は刃先は切れ味抜群、側はステンレス材なので錆びずに土も付きにくくなっています。 小ぶりタ

  • 二代目。

    本家松永製作所の二代目。 私が尊敬する父。 二月の下旬、目の調子が悪くなり無理やり病院へ。 脳梗塞でした。 しかもすでに数日たってしまっていました。 視野はかなり狭く、視力もほとんどない状態でした。 落ち込みや恐怖は想像もできないくらい大きかったと思います。 79歳の父にとって急に見えなくなったことは、とても残酷なことでした。 運転も出ない、新聞やテレビも見られない、大好きな仕事もできない。 目の

  • 八風平キャンプ場へ‼️

    明日の28日日曜日は安中市の八風平キャンプ場に自家製品を持ってお邪魔します‼️ キャンプで使えるものはもちろん、それ以外にもたくさん持っていきます。 ご興味がある方、道具が必要な方は遊びに来て下さい‼️ 時間は午前9時~11時です。 新しく作ったドッグポールも! ウチの愛犬マロもお気に入りです。  

  • ドッグポール

     お客様からのご依頼でワンちゃんを繋いでおく杭を製作しました。 以前製作した牛繋ぎをヒントにして作ってみました!   しっかりと鍛造し回り具合も一つ一つチェック。 出来上がったらウチの番犬マロを繋いでみました。 もう少し長い綱で繋いであげたかったけど、お試しなので短めで。 繋いだ状態でポールの周りを私が走り回ると後を追って勢い良く走ってついてきました。 グイグイとマロが勢い良く走り回ってもびくとも

  • ウドツキ

    今が旬のウドをキレイに採るための道具。 昔はこの時期にはよく売れた道具でした。 最近お問合せを頂き、久しぶりに作ってみました! 土に差し込んでキレイにウドを切り採るために小さい刃をしっかりと研ぎ上げます。 柄をすげたら2ヶ所目釘を打ちます。 角度をあまりつけないタイプも2丁だけ作りました。 最後にウチのステッカーを貼って完成です。 ご興味のある方はご連絡ください!😊

  • ペグ製作

    テントやタープなどを固定するペグを作ってみました。 以前色々な形や色でで作ってみたのですが、見た目より丈夫さにこだわって作ってみました。 材料寸法から鍛造や錆止めコーティング。 見た目は真っ黒だし飾りっ気もないし、つまらないかもしれません。 でも素朴で丈夫で扱いやすいと思います。 長さも3種類。 今回作ったのは長さ18cm・25cm・30cm。 硬い地面でも、ガンガンハンマーで打ち付けても大丈夫。

  • 二代目が黙々と何か製作中。

    少し前から二代目が何かを作り始めました。 前にもお伝えしたと思いますが、二代目はとても頑固でとてもシャイな人です。 もちろん写真を撮られるのもあまり好きではありません。 しかし何を作っているのか気になる! 少し目を離したらいつの間にか研いであるのを発見💦 そして次は溶接機の前で何か細かい作業。 作業に集中しているようなので少し近づいて見てみると取っ手の様な物をボルトで固定していました。 すぐに気

  • 草カキ7寸製作終了!

    続いていた草カキ7寸の製作、ブロンズ液を塗って終了しました。 まだ傷一つなくピカピカで見ていて気持ちいいです✨ もう少ししたら柄付けをしてお客様のところへ旅立ちます😊

  • 草カキ7寸製作続き

    時間が空いてしまいましたが草カキの製作続いています。 数が多いので他の作業をしながらの製作です。 スプリングハンマーで叩いてはみ出した余分な部分を切断機でカットしたらグラインダーで成形作業。 草カキを伝ってくる振動で最近肩に痛みが出ることも…。 湿布を張って作業を続けます。 頑張ります😊 成形が終わったらいよいよ焼入れ作業です。 鉈の製作の時もそうでしたが、焼き入れ用の炉が小さいので草カキも時間

  • 草カキ7寸製作

    春に向けての草カキの製作が始まりました。 大きさは草カキの中でも一番よくでる7寸(21cm)です。 寸法して曲げた枠部分と鋼を溶接します。 溶接作業は私がしているため作業中の写真はありませんが、約250枚しっかり溶接作業しました! 台車の上に溶接し終わったものをキレイに並べて、更にこの上にもう一段並べたら重くてスプリングハンマーまで運ぶのに大変でした😅😅 溶接した部分の結合強化!   叩いては

  • S字フック作りに挑戦

    息子たちが中学の技術の授業でS字フックを作ってきたことを思い出したので作ってみました! いろいろな長さに材料をカットして炉で熱し、両端をスプリングハンマーで叩いたらS字になるように曲げます。 なかなかS字カーブが均一な厚さにできなかったり、曲げ具合もなめらかに丸みをつけるのが難しかったり。 想像していたより結構苦戦しました。    慣れてきて両端を丸くしてみたり、真ん中の真っ直ぐな部分にねじりを入

  • 特別な包丁

    いつもウチの包丁を使ってくれているお餅屋さん。 もう何年のお付き合いになるでしょうか。 何十丁もお買い上げいただいています。 特別厚くしっかりと作った包丁です。 その方から昨年12月下旬に研ぎ直し依頼。 研ぎの他に角を丸くしてほしいとのことでした。 お正月に向けて忙しく作業する中、角が手にあたってしまうらしいのです。 ご希望に沿うように二か所の角を丸くして研ぎあげてました。 下の写真、一番上が通常

  • オタフク鉈完成しました!

    製作中だったオタフク鉈が完成しました! 定番サイズの大小に加えて、今回初めて極小サイズも作ってみました! 極小サイズは初めての製作のため5丁だけ。 とにかく小さくてかわいらしい、でもいい刃がついていて、いい働きをしてくれそうで見ていてワクワクします! ありがたいことにブログを見て極小サイズの鉈に興味を持ってくれたお客様から既に一丁ご予約頂きました😊 後日極小サイズについて感想や改良点などをお聞き

  • オタフク鉈の製作続き

    無事に焼き戻し油から出できた鉈。 初めて作ってみた超ミニサイズも順調です。 磨き上げ・研ぎ上げ作業なども無事終了し、後はブロンズ液を塗って柄付け作業をすれば仕上がります! 磨き上げた部分が光に反射してキラキラ輝いています😊 大・小・超ミニサイズの三種類。 手作りのため少しずつ違ってそれぞれ個性的です! 今日はここまで。

  • 鉈の焼き入れ

    オタフク鉈の製作続き。 焼入れ作業から。 焼き入れ用の炉が小さくて一度にできるのは5丁くらいなので少し作業時間がかかる作業です。 マグマのような中に鉈が入っていきます。 何度見ても炉から出した後の火の粉が舞う光景は迫力があります! 油の中に入れると物凄い煙で三代目の姿が見えなくなります。 そして炎が一瞬で立ち上ります🔥 数秒後三代目が姿を現しました! 今日はここまで。

  • オタフク鉈続き

    オタフク鉈の製作進んでいます! 叩き終わった鉈は一つ一つ手作業で切断機で形を揃えます。 プレス機でガシャン!とすればキレイに形も大きさも同じになるのでしょうけど、それでは面白くないので!?ウチはずっとこのやり方で製作しています。 ある程度の形にカットしたら、グラインダーで更に形を整えます。 これがかなりの重労働。 時間と力が必要です。 何時間もかけて作業が終わると振動がまだ残っているようで手はプル

  • 今年の工場仕事始まりました。

    今年もよろしくお願いします。 オタフク鉈の製作が始まりました。 風の強い寒い日だったのですが、溶接した時に煙が出るので戸を開けて作業。 寒い~🥶 今回は通常サイズに加え、極小の鉈も作ってみることにしました。 寒かった溶接のある所から、ようやく炉の前に移動。 夏バテは地獄の暑さですが、この時期は最高の場所です。 大小の通常サイズと試作の極小サイズ3種類をスプリングハンマーで叩いていきます。 こんな

  • ミニフォークとミニ万能

    先日掲載した特注お子様用フォークと万能。 出来上がってお送りする直前に、お母様に以前送ったフォークの柄をT字にしたことを思い出しました。 急いで柄の加工をし、年末ギリギリになってしまいましたが今日発送になりました😊 下の写真2枚は以前お母様に作らせて頂いたフォークです。 柄をT字にして更にお揃いになりました😊 気に入ってもらえると嬉しいです😊 ありがとうございます。 

  • ミニフォークとミニ万能

    以前特注フォークを注文してくれたお客様から、お子様用のフォークと三本万能のご注文を頂きました! お母さんが作業しているのを見て「真似してやりたいと言うので子供でも使いやすい全長84cmとのことです。 子供用の軽めで小さめで、でもしっかりしているもの。 成長してもしばらく使えるようなもの。 初めてのご注文にじっくりと考えながら、子供さんが使っている様子を思いながら作業を進めました。 小さくてもしっか

  • 鍬の先掛け作業

    お客様から鍬の先掛けを頼まれました。 長年使ってきたので鋼を新しいものにして使い続けたいとのこと。 他店で作られた鍬でしたが、修理をお受けすることに。   鋼をつけたら炉で熱してスプリングハンマーで叩いていきます。   焼入れ作業もしっかりと。 いい感じの炎が上がりました。 グラインダーで磨き上げます。 今度はきれいな火花! 研ぎ上げ作業も順調に進み、どんどん鍬が再生していきます😊    二丁と

  • イチョウ型草削り完成しました!

    イチョウ型草削りの続き。 一つ一つ丁寧に研ぎ上げ。 冬の研ぎ仕事は水が冷たくて大変なのですが、天気の良い日は作業しやすく感じます。 次は軸を熱して角度をつけていく大切な作業。 相変わらず頑張ってくれているプレス機で曲げたら、地面との角度を確認しながら調整。 (プレス機でカーブをつける動画はインスタグラムに載せました!) いよいよ柄付け作業。 軸の先端を熱したら熱々のうちに柄に入れます。 柄の穴から

  • イチョウ型草削り

    埼玉県の熊谷市辺りで使われている草削り。 熱してスプリングハンマーで叩き終えた軸と型取りして切断した刃の部分を溶接でくっつけます。 炉で再度熱して結合部分をスプリングハンマーで叩いて結合強化。 叩いた後は成形作業。 そして焼入れ焼き戻し。 焼き戻し油にいい具合で三代目が移り込んでます😊 夕日にあたりながら歪み調整作業。 今日はここまで。

  • 花カキ鉈続き

    小正月の飾り花作りに欠かせない道具、花カキ鉈。 焼入れ作業や研ぎ上げ作業・柄付け作業などを経てようやく仕上がりました! 右利き用と左利き用があります。 ネットショップにも出品しましたのでぜひよろしくお願いします😊  

  • 花カキ鉈

    インスタグラムにも載せた花カキ鉈。 小正月の飾り花を作る時に使用する道具のことで、この時期よく出ます。 型取りした材料をスプリングハンマーで鍛造。 刃の部分を叩いたら続けて軸部分も叩きます。   写真だと鉈のような形なので大きさが分かりづらいかもしれませんが、下の写真を見てもらうと大きさがわかると思います。 指先でしっかりと抑えながら成形するのですが、鉈よりもずっと小さいのです。   最近人気の爪

  • 爪付き鉈の刃完成!

    ヒロシさんが来てくれた時から製作が間に合わなくてお客様に待っていただいている爪付き鉈。 刃がようやく完成しました! しかし注文してある柄がまだ届かない💦 せっかく刃が出来上がったのにまた作業中断。 柄が届き次第作業再開予定ですので、もう少しお待ちください🙇‍♀️ 最近、注文があるのに材料が間に合わないことや刃はできたのに柄が間に合わないだったりが多いのが残念。 時期だからたくさん作って用意して

  • 再訂正😢

    大変申し訳ございません。 再訂正です。 ネギフォーク、「鋼部分はきちんと鍛造したものです」 何度もすみません。 話は変わりますが、私は二代目の娘として生まれ、家業を継ぎたいと伝えた時も父は「女の仕事じゃない、手を出すな」と言われ、何度頼んでも火づくりや研ぎなど全く教えてもらえませんでしたました。 それでも溶接したり切断したりと工場のちょっとした仕事は手伝っています。 三代目は父から鍛造技術という最

  • 訂正

    昨日ブログに書いたネギフォーク。 「材料は全体が鉄」と書きましたが、爪部分はきちんと鋼を使っています。 間違えてしまいすみません。 作りや材料などは確認してから書くのですが、確認は三代目が晩酌を始める前にしておくことにします(笑)😊 これからもよろしくお願いします!  

  • ネギフォーク

    最近、立て続けにネギフォークを買い求めに来てくれるお客様がいらっしゃっいます。 ネギの収穫に使う道具です。 材料は全体が鉄。 もちろん持ち手と柄の部分は鉄のパイプです。 重さは約4.1kg。 この重さを利用して土の中に四本の爪がしっかりと入るように重くできています。 足をのせるところもつけてあるので、足でそこを踏んで土に入れることもできます。 持ち手部分やパイプと爪の継ぎ目など入念にしっかりと溶接

  • 下刈鎌修理

    長い柄のついた大きな鎌、下刈鎌。 研ぎと柄の交換の依頼です。 刃はだいぶ丸くなっていました。 柄は何度かご自分で修理されたようでした。 まず付いていた柄を外して、入念に研ぎ上げました。 柄をすげてしっかりとボルト2本で止めました。 またお役に立てる鎌に復活しました!

  • 包丁作り続き

    焼き戻し作業後のかごを上げると熱々油まみれの真っ黒い包丁。 大鋸屑の中に入れて油に大鋸屑がくっつくのでタオルで拭き取ります。 油断するとまだ熱いので危険です!   油を拭き取ったら冷めないうちに歪みを調整。   いよいよ研ぎ作業! もうすぐ出来上がりです。 三徳型と薄刃型が出来上がりました😊 黒打ちなのに外側は錆びないのでウチでは「魔法の包丁」と言っています😅 昨日からショップデビューしていま

  • 包丁作り

    黒打ちの包丁作りです。 鍛冶屋が作る包丁は鉄に鋼を挟んであって錆びはつきもの、手入れが大変というイメージを持っている方は多いと思います。 今回は初めての試み。 三層になっていて鋼が挟んであるのに外側は錆びません。 刃先の鋼の出でいるところに少し錆が出ることがありますが、今までの黒打ち包丁に比べるとかなり手入れが楽です。     今日は焼入れ作業風景まで。 包丁は仕上がり済なので、今日ネットショップ

  • ウチの入り口

    ウチの工場の場所はとても分かりづらい!?かもしれません。 まず国道18号からの入り口が分かりづらい。 巻き看板が目印なのですが、すぐ横に大きな運送屋さんの倉庫が先に目に入ってしまうのかウチの看板は皆さん見落としがち。 高崎方面から来るとこんな感じです。 松井田方面から来るとこんな感じです。 ちなみに写っているのは母とウチの番犬です。 始めていらっしゃる方はわからなくて「迷ってます」と電話。 何とか

  • ふるさと納税返礼品

    ふるさと納税の返礼品の発注が増える時期がやってきました。 手作り農具や刃物をご用意しておりますので『安中市のふるさと納税』よろしくお願いします。 昔ながらの黒打ち鍛造三徳包丁 オタフク鉈(大)・(小) 爪付き鉈は只今欠品中、2か月ほど後に再掲載予定です。 刈込鋏 昨年に引き続き一番人気です。 三角鍬 草削り以外にも畑仕事にいろいろ使える万能両刃鍬です。 草カキ4寸 刃の大きさが12cmの小ぶり軽量

  • これからもどんどん活躍!

    先日インスタグラムにも載せましたが、以前ウチで買っていただいた薪割りや鉈・金矢の修理をもう少し詳しく。 お預かりした時は薪割りは柄が抜けた状態。 金矢はだいぶ叩き込んであってかなり潰れていて、その潰れた部分が横にはみ出してしまっていました。 鉈は(上の写真には写っていません)目釘が抜けてグラグラしている状態でした。 気に入ってもう何年も大事につかってくれているので感謝です。 鉈はキレイに研ぎ直して

  • 手斧修理

    先日インスタグラムにも載せた手斧の修理。 キャンプでよく使っている大切な手斧。 柄がひび割れてしまったとのこと。 柄を入れるところはウチにある手斧の柄ではサイズが合わない程大きいものでした。 お客様のご要望は元の柄よりも少し握りの部分が細目で長さは少し短めでということでした。 そこで農具(両ヅルの樫柄)の柄を加工してすげることに。 まずは柄を短くカット。 柄は少しコブ付きのようにしてみました! 穴

  • 納品

    まとめて注文頂いた草カキ7寸と草カキ4寸の柄付け作業。 まずは柄に桂をはめて、ハンマーで叩いて形を柄に合わせます。 桂の調整が済んだら、草カキの刃に柄をすげて角度を確認したらボルトでしっかりと止めます。 まとめて納品なので紐でしばっておきます。 三本万能は三種類。 同じに見えますが、奥にある柄がすがっているのは普通サイズの三本万能でクサビ止め。 手前のこれから柄をすげるのが家庭菜園用の刃先平と刃先

  • 桂曲げ作業

    昨日の続き、桂作り。 地味な作業ですが、腕の筋肉はかなり使います。 鉄の棒に沿って左右から叩いて輪を作っていきます。 この桂は4寸3分ですが、桂の種類は他にもたくさんあって10種類以上はあります。 腕の筋肉はパンパン! 約250個の輪ができました。 後は溶接すれば完成です😊

  • 桂作り

    草カキやレーキなどで一番よく使う大きさの桂。 少なくなってきたので作り足します。 5.5mの長さの材料を寸法していきます。 寸法した線でカットします。 長さがあるので切りづらいのですが、間違えないように慎重に。 油圧プレス機で曲げていきます。 左右対称の長さになるようにしていますが、たまにどっちかが長すぎたり短すぎたり。 相変わらず頑張って働いてくれている油圧プレス機。 今日絶好調です。 曲げた桂

  • 茨城方面の四本万能完成!

    溶接した四本万能の刃の部分を四本高さなど揃うようにハンマーで叩いていきます。 焼き入れ作業。 焼き入れ後は刃の巾広めの部分を磨きます。 右側2本は荒磨きのみの状態で表面にまだ凹凸があります。、左側2本はバフで磨き上げたものでツルツルピカピカになっています。 コブ付きの柄をすげてついに完成! 13日金曜日の茨城県常総市の一言主神社と14日土曜日の埼玉県鴻巣市の勝願寺に出店します。 出来上がったばかり

  • 茨城方面の四本万能の溶接作業

    プレス機で曲げた外枠部分と長さを合わせて半分にした中2本を溶接でくっつけます。 この状態で仮止め。 仮止めしたら一度お面を置き、一本一本の間隔や曲がってついていないかを確認。 仮止めの状態が大丈夫だったら本止め。 表と裏、両脇をしっかりと溶接していきます。 こんな感じでしっかりキレイに四本並びました😊

  • 茨城方面の四本万能続き

    先日作り始めた茨城方面の四本万能。 いよいよ型を使ってプレス機で曲げていきます。 熱したらオレンジ色に輝く外枠部分を急いでブレス機にセットし、曲げていきます。   プレス機である程度まで曲げたら、取り出してハンマーで叩いて成形します。   開き気味だったところも叩いて真っ直ぐになりました。   外側が成形できました! 内側の刃二本は半分に切るだけ。 次は溶接作業に入ります

  • ビジネスフォーラム2020に参加します!

    11月8日の土曜日、群馬県の高崎市にできたGメッセで開催されるビジネスフォーラムに参加します。 商談会のようなイベントに参加することが初めてのことなので何をどう準備すればいいのか手探り状態ですが、たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています😊 食べ物屋さんもたくさん出店するようなので仕事関係の方も一般の方も楽しめると思いますので、是非お出かけ下さい! 参加するにあたって何か新製品をと思い一

  • 欠品中😓

    ヒロシさんと同じ形の爪付き鉈、BS朝日の『極上空間』放送後からありがたいことにご注文が急増。 只今製作に励んでいますが、1~2か月お待たせしてしまう状況です。 お待ち頂けるお客様からのご注文は常時受け付けております。 愛着のわく最高の鉈をお渡しさせて頂きますのでご注文お待ちしております😊

  • 茨城方面の四本万能

    茨城県方面で使われている四本万能を作り始めました。 下の写真が完成形です。 群馬で使われている四本万能とは刃先の形が全く違います。 群馬で使われている四本万能はほとんどが刃の付け根から刃先までが真っ直ぐになつています。 この茨城方面のものは刃先が楕円形に近いような形で幅広くなっています。 同じ呼び名の農具でも、その土地土地で畑の土の性質に違いがあるのと同じで形も少しずつ違っています。 材料を長いの

  • 人気急上昇中!

    先日、BS朝日の『極上空間』の撮影でウチの工場に来てくれたソロキャンプの達人ヒロシさんが愛用している爪付き鉈(海老鉈)。 ヒロシさんの鉈はお友達から譲り受けた他社製の鉈ですが、同じ形の鉈を求めて当社の爪付き鉈も人気急上昇! 在庫がなくなってしまった場合は製作してお渡しするまで少しお待ちいただくことがございますので、ご注文はお早めに! ヒロシさんとお話しできなかったという私の後悔の日々はまだ続いてい

  • 撮影に来てくれましたが…。

    ブログやインスタグラムに載せるのに写真をたくさん撮ればよかったのに、撮れたのはこの写真と昨日のブログに載せた二枚だけ。 実は私の超マイブームが偶然にもヒロシさんで、実物ヒロシさんに会えたあまりの嬉しさと緊張でほとんど話すこともできず(話したいことをメモ書きまでしておいたのに😢)、離れたとこから見るのに夢中になってしまい、案内しているところや研ぎ作業の写真を撮ることをすっかり忘れてしまったのです?

  • 撮影に来てくれました!

    10月初めテレビ局方がの撮影でウチの工場に来てくれました! 番組はBS朝日の「極上空間」です。 キャンプに行く途中でヒロシさんの愛用している鉈とナイフを研いでほしいとのことでした。 三代目が機械の説明や製品の紹介をしながら工場を案内。 滞在一時間半の予定でしたが、三代目のトークが絶好調で2時間以上の撮影時間になりました。 三代目トークにヒロシさんの方がやや押され気味だったような…😅 編集でどのく

  • バーベキュー用の網

    何年か前にお客様から頼まれて作ったバーベキュー用の網が修理のため戻ってきました。 網といっても鉄の丸棒を使って溶接で網目状にしているので、かなりしっかりしていて重さもあります。 大きさは横63cm縦48.5×cmくらいです。(持ち手のところまで入れると横は85cm)。 ドラム缶を縦半分に切った上に設置するとのことで結構大きなものです。 かなりたくさん使って頂いているようで、鉄の棒がいい色に変色して

1 2 3 4