蚤の市のムラゴンブログ

  • ボロ市の由来。世田谷のボロ市から楽天本社がある二子玉川へ

    1日20万人~30万人の人出のフリーマーケットのレポート(後編) 世田谷のボロ市 第1会場(ボロ市通り) 世田谷のボロ市で売られていた色鮮やかな着物(打ち掛け) ボロ市の由来 二子玉川 楽天本社のディスプレイ 令和2年(2020年)1月15日  村内伸弘撮影 ボロ市のはじまり ボロ市のはじまりは、遠く四百四十年の昔に開かれた楽市にさかのぼります。当時関東地方を支配していた小田原城主北条氏政は、世田

  • 世田谷のボロ市は日本最大級のフリマ&蚤の市!まさに「市」でした 

    天正6年/1578年から続く東京都無形民俗文化財 世田谷ボロ市のレポート 祝 ようこそボロ市へ 伝統、天正6年(1578年)より  せたがやボロ市保存会 東京都無形民俗文化財 世田谷のボロ市 ボロ市で買った昭和初期の大原女の絵はがき 令和2年(2020年) 1月15日  村内伸弘撮影 「ボロ市」という長い歴史を持つ市があるという情報をムラゴンで得て、僕も行ってきました! 東京の世田谷のボロ市です!

  • 蚤の市

    こんにちは! 連休長女に誘われて護国神社の蚤の市に行ってきました。 ここの蚤の市は初めてです♪ すごい人です 手作りの洋服や手提げなど 私好みの物がいっぱいでわくわくします! これ何でしょう? わからない物が面白い♩ こんなお買い得品も ゴスロリ好きな次女はこのタイプのゴージャスな花柄のカップが大好きです♪ 懐かしい学校給食のアルミの食器やお盆 実はお盆好きな私、アルミのお盆買いました (笑) レ

  • リシャノワーのブロカント

    案内の地図を当てにすると歩き回って探すことになる リシャノワーじゃなくってオーベルカンでしょ! 情報は正確に欲しいわ お店の方もやる気が無さそうで、客もつまんなそう わあ~素敵!って思う物も見当たらない クリスマス近くなって賑やかなのは高級店だけかもしれない スーパーマーケットは入りたくないと思うほど人が溢れ バスもメトロもいっぱいの人、人、人、 今日は収穫無し この時期は寄付集めのためのフリマが

  • アリグレの蚤の市/セーブル

    アリグレはクリニャンクールやヴァンヴーの蚤の市と同じように 常設店です。 寒かったり雨が続いて郊外のブロカントに行けなかったので 思い切ってここに来てみました。 向こうの建物は野菜やお肉を売っている普通の市場、 毎日とても賑やかな場所です あまりここへ来ないのは高いから( ̄∇ ̄;)ハッハッ ホントに高いんですよ! でも、その中から掘り出し物を探すのが面白い 今日はなんと! 古セーブルを見つけてしま

  • オートイユのブロカント

    毎週土日は5~6か所で開かれる蚤の市 今日はオートイユだけ あまり活気のない雰囲気なのは寒さの所為ではなさそう この辺りは高級住宅地 さほど高級でもなさそうなものをかなりの金額で売っている 値段をつけるのって難しいね パリでは値切る習慣は無いけれど蚤の市だけは別 おしゃべりを楽しみながら交渉する それにしてもいきなり5倍は高すぎる でもこの寒さでは・・ 気温2度はやはり寒い!

  • クレテイユの蚤の市/ビスクドール

    今日はクレテイユのブロカントに行ってきました。 下調べもしっかりしてメモしたので大丈夫、 …でも、メモ忘れた… 新しい街の新しい駅は大きくて奇麗でした。 バス乗り場の案内もしっかり出ていたし、、 駅から更にバスに乗る。 郊外は空も広いし空気もおいしい~ バスは蚤の市会場を迂回したので下車しそこなった、が次のバス停の 目の前で店が出てました、良かった。 ここのブロカントは下クラスかな、ま、一回りして

  • パリ・ブルターニュ通りの蚤の市

    今日から24日、25日、26日の3日間パリのブルターニュ通りで 蚤の市が開かれてます。 ショッピング街で楽しい通りです。 600軒の出店舗はさすがに大きい、疲れた カフェでちょっと一休み カフェを飲みながらブロカントを眺め楽しむのもいい 今日の収穫 チェコスロバキア製の花柄のケーキ皿 透かしが上品です アールヌーボースタイルのポピーをデザインした素敵なキャニスタ 浮彫のバルボンティーヌ シンプルな

  • 小さな旅

    郊外の田舎村のブロカントを訪ねるのは小さな旅 とは言え、郊外バスに30分ほど乗るだけ もしかすると保育園のバザーか、教会の寄付で集まった諸々の 売り出しか??   あまり期待しないで出かけると会場はここ、やはり老人会?の バザーでした。 でも、小さな村を散歩するだけでもいいかなと思って。 出品された中皿を2枚購入 プリント柄に手書きの色付け、周囲のうっすら黄緑色が可愛さを 際立たせています。これは

  • パリ郊外の蚤の市

    今日はパリ郊外・マシー近くのブロカントに行ってきました。 乗ったバスはいきなり高速を走りどこに連れていかれるのか少々不安を覚えながら、、 間もなく道を外れて農道へ。 バスの車窓から見える紅葉はきれいでした。 初めて行く場所は方角がわからない、誰かの後についていくのが いいかもしれない。 向こうの方から大きな荷物を持って歩いてきたおばちゃんに尋ねて やっとたどり着く。 オルリー空港が近く爆音を轟かせ

  • 朝市

    今日は、日曜日。仕事に行かないので目覚ましをかけずに寝ていました。 夫は、日が昇る前に投網漁に行きたかったようだけど、寝坊したようです。 シャワーだけしてベッドでゴロゴロしながら娘と冗談を言ってました。 投網漁に行かないのかを聞くと、今行っても日が昇って引き潮になってるからダメなんだそうです。😅 気が向いたら昼から行ってくると言います。 ああそうなの。私は、今日どこにも行かないから家でのんびりす

  • エドガー・キネの蚤の市

    モンパルナス・タワーを背にしてエドガー・キネ通りに立つ 蚤の市に行ってきました。 今日の市は中の上くらいかな、素敵な良い品を並べています。 いつも我を忘れて品物を見てしまうので写真を撮るのを忘れます。 これからブログで紹介するのでしっかり撮らなくちゃと思いつつ… 市には骨董品屋さんだけでなく、現代アートやスカーフ、アクセサリー等々 自由に参加してます。中には椅子の張替え実演しながら注文を受けたり。