• 回向の記しに。(後)

    このたびの、 台風と北海道地震で被災された皆様の地域が 1日も早く元通りに戻られますように。 また、亡くなられた方々のご冥福を お祈り申し上げます。 *-*-*-*-* 足を使えば早くても2時間かかるところを ロープウエイで来れば7分よ、 奥之院思親閣に登詣。 ゆるやかな石段を 上がったところの中腹には、 両脇に立ちつくす菩提杉があって... 左が お母さん 右が お父さん という感じ。 木々で表

  • 回向の記しに。(中)

    ※  寺院内の撮影はNGですので、 多くは祖師堂の外郭を文中に挟みました。 実際に回向供養をした場所とは別です。 *-*-*-*-* 仏殿へ向かう 長いながい廊下を歩いていた。 これから冥土を行くあなたの道に、 せめて...しるべを送りましょう。 唯一、 わたし自身で 今できることを...餞けに。 式次第が始まる前... お塔婆ごくごく間近まで迫り、 記された その人の名を みつめた。 ((  .

  • 回向の記しに。(前)

    ・・・とある2018年、夢月星日ノ夏。 身延山久遠寺へ。 ここは自分たちにとって、 かねてよりのホームグラウンド... お里のようなもの。 たえまなく つづく毎毎日に句読点を打ち、 一段落させるための節目付けとして... 度々と登る慰安の地なのです。が、 此度は、 お塔婆立ての用ありて. . . 二年ぶりの御山参詣なのでした。 巨木の杉が並ぶ向こうには、 菩提の梯...全287段。 登るペースを誤

  • 有玉神社と坂上田村麻呂

    浜松市の有玉神社に行ってきました。 東名高速浜松インターから車で10分程度の、街中の神社です。 この神社には征夷大将軍 坂上田村麻呂にまつわる逸話が残されています。 ざっくりと説明すると、 東に征伐に向かう田村麻呂が磐田の海を渡ろうとした。が、悪い大蛇が海を荒らして渡ることができなかった。そこで田村麻呂は大蛇討伐のため天に祈りをささげた。 祈りを続ける田村麻呂のもとに美女が訪れる。あんまりにも美人

  • 引佐散歩

    某大河ドラマの影響で色々整備されたということで、せっかくなので引佐の方にお出かけ。 龍潭寺やら井伊谷宮やらで有名な引佐ですが、今回は足切観音堂と天白磐座遺跡の方をぶらついてきました。 二宮神社 井伊谷城跡の東に位置する神社。引佐自体は結構活気ある町と言う印象を受けましたが、ここは結構静な感じ。境内は落ち着きます。 足切観音 こっちは直虎ののぼりが立ってます。龍潭寺絡みだからかな? 図書館までの出る

  • rail road journey・天満宮3

    瑞獣の王...麒麟は、 幸せの鳥 " 鷽 " ともに... 天満宮へ納められつ結界を張っていた。 この場所が境め 神の世界と 人の世間を分かつ、 目に見えない一線が... 画されてあるんですって。 五つの獣より 個々のパーツを 最適化して一身に具えしは、 神話中の総合体...仁政の徴であらせられ。 その像は、 今よ真ん前に出で立ちぬと勢う、 生々しい質感に充ちあふれていて... 活潑に動きますやう

  • rail road journey・天満宮2

    ちょっとした プールほどには広くって... その設えは質素なのです手水舎は、 身体の ちっさい幼い子なら 泳げそう。 四角四面な鉢の水な面が ゆるゆる揺れる...水鏡。 姿見に、 影も形も広く映しだしてしまうよ。 お浄めの手順が 3カ国の言語で案内されてる... そうね、他国の人々も くさぐさ 訪れるもの。 世界に鳴らす 日本の一大観光地...もとい、 神域であるのをまざまざ実感した次第。 身綺麗

  • rail road journey・天満宮

    太宰府天満宮参道-。 駅から右に曲がると...すぐ。 参道が開けていた、 迷いようもない。 昼さがり時。 台風の影響もあってか、 ぱらぱら まばら ぱらり... 人の出は少なげ。 等しく間をおいて連なる鳥居の、 其の一まで来る.....二....三...と つづく門を順々にくぐって。 通り入り.. 通り入り... 通り入るは. . . 御本殿へ到るまでの まさに通過儀礼とも思え、 開け放された扉の

  • rail road journey・序

    九州... とりわけ長崎への旅には、 かねてより 積もりつもる 思い入れが... あってね。 急を告げた 風雲へ乗れるか逸れるか、 悪天候のさなか出発するのでしたが... 2017年8月3日-。 太宰府天満宮参拝を前に、 先駆けて東京の亀戸天神社へ 挨拶に詣でていたの...その日その時 ◇ry。 .。・ .。・ ここは亀戸天満宮...その太鼓橋。 過現未の橋の「過」であり、 ルーツの源と始まりだ。

  • 高 崎 逹 磨 譚 10

    掛けられた 願いよりほどかれて、 一同に会した達磨さんたち。 みんな、 良き お顔を しています。 快心とばかりに晴れやかな。 こちら柵の上には、 ちょこんちょ乗っかる 達磨さんたち どこか ひょうきんで。 まんまる真っ赤ぃお姿は、 シュッと擦ればポッと点じる マッチの先っちょ芯みたい...かわゆい。 峻厳な 山あい風情にとけこみ、 計らわれた舞台のやうなの...映ゆるわ。 見 応 え 充 分 こ

  • 高 崎 逹 磨 譚 9

    本堂へつづく 第二石段前の手水舎。 つらら つららか つらさがり... 使 え な ひ。 ...ので、 あったのであった。 凍りついた氷が冷えついて、 柄杓が取れなんだよ。 竹筒から たえまなく流れゆけど...水。 この、凍てかける真水へ、手を、 ちゃぽんぷ 浸す勇は、 なっしんぐME。 さ、いざ。目前に迫った本堂へ... 行くです。 距離も 鼻の先ほどに。 お寺の 達磨さん ぽっかぽっか...

  • 高 崎 逹 磨 譚 8

    "  ただ登れ 登るべし 登るべし  " 総門をくぐり、 段 一 段 と 登 る...最中は、 頭のなか まっ白っけ 考えがつかない。 無心のやうな白痴 だからかもな。 お寺さんの階段を 上へ上へ...あがるの好きなの。 "  ただ登れ 登るべし 登るべし  " し...、 しかし雑念わく。 しかしさ こんなに 寒いんだしさ... 白い吐息の 水タバコかエクトプラズム 出せるでしょ、はあああっ..

  • 高 崎 逹 磨 譚 7

    上州風に連れられているのか、 靴に羽でも生えたのか、 ひゅるりひゅるぅ... 飛んでは 飛ばされるふうな 勢いに乗り 足は かろやか早や 進む。 そうして少林山通りを抜けませば、 歩くこと間もなくに 見えてくる... まっ赤ぃ まっ赤ぃ 目印の、 どっしり楕円な 達磨さん。 架かる朱塗り橋を渡れば。 総門は、もう、すぐ、 目の前。 ((  ...あと一息よ。)) あと一息分の風を背に 送りだしてお

  • 飯沼観音

    千葉県銚子市馬場町293(銚子電鉄観音駅から徒歩5分) 飯沼観音 圓福寺 にお参りしてきました。 飯沼観音の圓福寺は、坂東三十三ヵ所観音霊場第二十七番札所です。 境内には、本尊・十一面観音を安置する観音堂(本堂)や五重塔があります。 神亀5年(728年)、漁師の網にひっかかった十一面観音像の奉安に始まり、弘仁年間(810年~824年)に東国を巡っていた弘法大師が開眼したと伝えられています。 銚子の

  • 満願寺

    千葉県銚子市天王台9822‐1 (銚子電鉄犬吠埼駅下車徒歩5分) 満願寺にお参りしてきました。 ご本尊である十一面観世音菩薩は、願いをかなえる観音さまとして、全国から参拝に訪れられます。 境内には本尊を奉る本堂をはじめ、188ヵ所(四国・西国・坂 東・秩父)満願堂、大師堂、ウスサマ堂、薬師堂等があり、特に金色の大塔上層より望む太平洋は美しいです。 境内に6,000本の椿が植えられ、椿寺として 12

  • 新小岩厄除(間々井)香取神社

    東京都江戸川区中央4-5-23(新小岩駅南口より徒歩10分) 新小岩厄除(間々井)香取神社にお参りしてきました。 間々井香取神社の創建年代は不詳ですが、昔この辺一帯が芦原で船が自由に往来できた頃、その中に浮かぶ道ヶ島(堂ヶ島)という小高い島に、下総の香取大神宮より経津主命の分霊を祀ったのが、香取神社勧請の由緒といわれます。 元和三年(1617年)に再建、西小松川村の鎮守でした。 明治時代以降、近隣

  • 明けましておめでとうございます🌅

    本年も引き続き宜しくお願い致します🆕 (写真は東京都江戸川区本一色の本一色天祖神社です)

  • 息栖神社

    茨城県神栖市息栖2882 息栖神社にお参りしてきました。 息栖神社は、茨城県神栖市息栖の利根川河口近くにある神社です。 国史見在社で、旧社格は県社でした。 茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、千葉県香取市の香取神宮とともに東国三社の一社で、主祭神は、久那戸神(岐神)です。 第15代応神天皇の代に日川の地(にっかわ:現・神栖市日川)に創建されたといういます。 その後大同2年(807年)4月13日、藤原内麻呂によ

  • 天地神明に誓う!

    天租神社は神明神社ともいい、天照大神を主祭神とし、三重県伊勢市にある伊勢神宮内宮を総本山とする神社で、通称「お伊勢さん」と呼ばれています。 詳しくはURLをクリックまたはタッチしてください⏬ http://www.sato-yama.xyz

  • 深川の癒しスポットを紹介します!

    江戸情緒の残る深川には、深川のお不動様と深川の八幡様があります! お時間ありましたら、魅力溢れる深川を是非一度訪れてみてください! http://www.sato-yama.xyz/

1 2 3