山菜・キノコ・渓流のムラゴンブログ

  • 風雲急を告げる中、のんびりした、休日

    朝、8時。 義父に、朝食に誘われる。 何時もであれば、外に出るが、今時、そうはいかない。 朝食 大きな餃子のようなものを、蒸したもの。なかなかに、食べ応えがある。 トウモロコシ。 それに、フルーツジュース(イチゴ、キウイ、バナナ、パイナップル…) 初めて作った、シンプルなものだ、と義父は言う。 今日は、月曜日だが、マレーシアの休日。マレーシアでは、宗教ごとの休日も、国の休日になり、州ごとの休日もあ

  • 毎夕の音読で、アテンディングをしよう

    土曜日。 温かい朝。ストーブは一つでよい。 マレーシアに届ける「ばっけ味噌」を作る。天然フキノトウは、この間、喜多方で購入済み。 朝食の用意。 70度蒸し。 途中で、チンゲンサイの葉先とモヤシを追加。 シシャモの中弱火焼き。フライパンは温めない。 この道の師匠は、水島弘史シェフ。 ただし、最初に出る水分とアクは、丁寧に拭き取る。 八分づきの蒸しご飯、卵。これは、70度蒸しの卵だが、ほとんど生卵と変

  • 子どもにとって「大切な存在」でなければ、叱る効果はない

    暖かい朝である。通常二つのストーブをつけるが、一つで良い。 陽気に誘われ、山荘の周りを歩く。 約100m、こんな設備があった。 これが、裏磐梯の湧き水を貯めている施設の一つではないか。 ここから、集落の各戸に、水が届けられていると思われる。余分な湧き水が、沢を作っている。 この下では、多くの水脈が、地上に出ている。 それにしても、やはり長靴では、歩きにくい。 この程度の雪でも、かんじきや、スノーシ

  • 喜多方のラーメンと蕎麦は、なぜうまいのか。

    朝、2時過ぎに、目が覚めた。 おそらく、仕事をせよとの促しだろうと解釈して、来週に迫った新一年生の保護者向けのレジュメに手を入れ始める。 それが、結局以下。 時間は、30分程度しかないので、この中から取捨選択して、お話しすることになる。あとは、添付資料を用意する必要がある。 4時前、除雪車が通り過ぎる。6時過ぎ、作業を終えて、戻ってきた。 7時前には、夜が明ける。雪の積もった日の朝の楽しみは… 玄

  • クワイ河マーチの懐かしさ…

    久しぶりに寒さを感じる朝。 それでも、土が見えているので、焚き火を楽しむ。 国会中継を聴いたり、スーパーに買い出しに行ったり、諸処に電話連絡をして、午前中は終わる。 朝昼食。 香茸めしを蒸かして…。これだけ毎日食べても、飽きないというのは、おいしいという事か。 インスタント塩ラーメンに野菜を盛って…(モヤシ、タマネギ、小松菜) 蒸し卵、蒸し餃子2個。 リンゴにヨーグルト。 午後、いつもの温泉施設「

  • 立春大吉の炊き込みごはん

    年賀状は、既にやめている。それでも、ご丁寧にいただく年始のご挨拶がある。有り難いことである。 そこで、旧正月の寒中見舞いを差し上げることにしている。今年の旧正月(春節)は、 1月25日であるが、節分に合わせて、お送りする。 さて、正月に、香茸の炊き込みご飯を作れなかった。 思い立って、調理を始める。 乾燥させた香茸。貴重品である。水で戻す。 2時間ほどで、元に戻る。それから、手でさく。水は、一度替

  • 初女さんから命の贈り物

    夜に雪は降らなかった。 明るい日差しが、こぼれている。 外に出て、獣の足跡を探す。 西の林から出てきて、 我が山荘の庭を通り抜け、 東の森に抜けている。 タヌキであろうが、足跡は大きい。 裏磐梯が、くっきり見える。 そして、朝食。 八分づきの冷凍ご飯を蒸して。 原木なめこの味噌汁。とうふ、長ネギ、卵を加えて。 レタス、りんご。 サンマの焼き物、骨も炙って食べる。 たくあん、これは鳴子の帰りに、直売

  • 忘れることが、許されると言うこと…

    朝、4時前に起床。暖かい。と言っても、外は0度以下。 とある映画を途中まで観て、外が明るくなってから、荘外に出る。 雪が溶けて、伐採した小枝が見えるので、大好きな焚き火をする。 朝食。 昨晩の納豆汁に、焼いた餅を入れて、雑煮。 納豆、豆腐、油揚、蒟蒻、ズイキ、大根、人参、椎茸、セリ…と、具だくさんである。 餅は二個。 辛子漬け。 シソ巻き。 おうりんに自家製ヨーグルト。 その後、猪苗代町立図書館へ

  • 久々の、今年初の、朝ラーでした!

    朝、4時半の起床。 温かい。よく眠れている。 6時、基礎英語。人の集中力は、頑張っても30分かなと思う。基礎英語3に入ると、それが怪しくなってくるのだ。学生たちが、よそ事を考えたり、居眠りするのは、無理も無いことなのだろう。 7時。2週間分の洗濯物を携えて、コインランドリーへ。17キロまでで800円。新しい洗濯機は購入せず、当面、これでいく。 8時、喜多方に向かう。 贔屓の「満喜」は休みの日なので

  • 調理は科学であるということについて

    朝、雨降りである。雪がとけている。 実は、昨日、私の愛車プリウス(愛称ファルコン)が、屋根から落ちた雪の吹きだまりの中で、動けなくなっていた。 今朝は、今年初めての朝ラーに行こうかと思っていたが、だめだった、 それでも、朝食前には、ファルコンだけは、抜け出せた。 いつもと、代わり映えのしない朝食。それはそれで、仕方のないことだ。 ちょっとした工夫で、目刺しの焼き方を変えた。 フライパンでの低温調理

  • 自炊生活から、プチ自給生活へ

    朝、ぐっすり眠れた。 娘が買ってくれた、電気膝掛けを、足元に掛けて眠ったからかもしれない。 暖かかった。 外は雨模様。外気も温かいのだ。 一日半、水に漬けた大豆を、蒸し始める。 この蒸し器は、辰巳浜子氏が考案したもの 闘病生活中の妻に、「命のスープ」を作るために買って、使ったもの。 しばらくぶりに、使用する。 朝食。 冷凍しておいた、いなり寿司。中は黒米が入っている。 インスタントのシジミの味噌汁

  • 箱根駅伝と休みの学校のADHD少年

    朝、ゆっくりめの起床。 昨日の雪は、とけている。 毎年楽しみな、箱根駅伝。 40代のころ、ボランティアで、「休みの学校」という活動をしていた。 その名のとおり、休みになると開かれる。 夏はキャンプ、冬はスキーが中心だ。 課題のある子どもたちが、多く集まる。幼児小学生から中学生まで。 当時、今で言う「発達障害」の子どもたちが、数名いた。親たちは、今以上に、困っていた。周囲の理解が、今以上になかった。

  • 鳴子「西多賀旅館」まで200キロ超!

    朝、昨夜よりは体調良し。 咳は出るが、軽い。 それでも用心して、風邪引き対応朝食。 昨晩残したケンタッキーのかたわれ、ニンニク。 山荘の主人に連絡すると、年末年始を山荘で過ごす家族は、今年は来荘しないとのこと。 ちょっと気が楽になったが、一応、年末の片付けはしておこう。 平行して、湯治の準備も… 一段落して、庭に出ると、 これは、フキノトウである。雪が積もる前に、芽は出している。右側に枯れた葉が見

  • クレソン畑荒さる、猿の仕業?

    昨夜、ブログアップが出来ず、朝始める。 昨日の午前は、一昨日の購入物の処理。 天然ヒラタケ。ちょっと乾いているが、大きい。 ヒラタケというと、思い出すことがある。 昨年の茂庭台での芋煮会準備中、近所の方が、大量のキノコを採ってきた。 これは、ヒラタケという旨いキノコである。処理してあげるから、芋煮に入れようと提案すると、町内会長に却下された。 毒キノコを疑っている。ヒラタケなんぞ、養殖がスーパーで

  • 乳幼児教育の大切さ

    朝、5時起床。 演習の準備をして、7時。ユースホステルの目の前にある「すき家」に出かける。 牛丼のミニ。 味噌汁、油揚とわかめ、長ネギ。 お新香。 JAFの割引券(50円)を使い、390円。 塩分控えめ、これで良い。 学校に早めに行き、資料の印刷。コピー機の調子が悪く、職員室の先生方のお手数を煩わせる。やはり、夢見が悪かった。遅刻の夢で起きたのである。 今日の演習は、「相談援助」。私はそもそも、「

  • カーテン設置で暖かい夜に

    朝食。 シメジご飯にごま塩。炊いたのは4合だったろうか。まだ冷凍ご飯がある。食べねば。 原木ナメコの味噌汁。昆布と椎茸で出汁をとってある。このぬめりが寒い朝には体を温かくしてくれる。 リンゴ、皮つきのまま。塩水にさらして。 ふろふき大根、自家製柚子味噌を添えて。皮付きのまま。 サンマの辛煮、これで食べきった。すっきりした! 昨日から続けているカーテン設置。今日は仕上げである。 午前中、ホームセンタ

  • ゆっくり調理を楽しむ一日

    起床、5時。 寒いが、のんびりの朝。明日は授業がない。 7時前から、楽しみながら、朝食の準備。 左が、はたけシメジ、右がブナシメジ。冷凍していた物を蒸す。もちろん天然物! 我が山荘のレンジは、故障している。修理する気も無い。 そこで、昔ながらの蒸し器を使っている。子どもの頃は、蒸かし釜と言った。 冷凍ご飯も一緒に蒸す。これは毎朝の日課である。 ガスコンロは一口で、やっと火は着くようにしたものの、い

  • 磐梯山の湧き水について

    起床5時。 朝食7時15分。 玉子かけご飯、自家製おかか。白身は、味噌汁に… 味噌汁は、昨夜から作っておいた鮭の頭汁。仙台麩を入れて。今日は、酒かすを買ってこよう。 ソフト身欠きニシンの焼き物。 ぬか漬け(大根、にんじん、セロリ)に納豆。納豆や豆腐にはこだわっている。国産大豆が望ましい。 ところで、ログペンションのご主人の話。水について。 我が別荘村及び集落の水は、水道水ではないとのこと。 湧き水

  • 原木ナメコで料理

    昨日、喜多方駅前の直売所に立ち寄ったところ、 原木栽培のナメコが置かれてあった。 これは、菌床栽培とは異なり、原木を山の中に設置し、天然のナメコが育つ環境と同様の場で育てるもの。 さっそく購入し、 トウガラシを入れた水に漬け、虫出しをする。 「キノコを食べるのは、虫を食べているようなもの」 「野菜を食べるのは、土を食べているようなもの」 「魚を食べるのは、海の水を飲んでいるようなもの」 と教えられ

  • やっとサンマの季節

    雨があがり、焚き火ができました。 おそらくは、あと1日ぐらいで、今年の伐採した木々は片付くのでは… 昨日、スーパーでは生サンマがお買い得。 そこで、今年初めてのサンマ料理。 遅い朝食になりました。 おかかをのせたご飯。ササニシキの8分づき。この米は、私も種モミを蒔きました。 芋煮に、湯豆腐の残りを合わせて。 蒸しサツマイモ、ぬか漬け、きんぴらゴボウ、昆布の佃煮。 そして、サンマの塩焼きと大根おろし

  • 今日の食事とキノコ

    昨夜は、友人とホテルに宿泊。 そのホテルでの朝食です。 昼は、新そば祭りに参加。会津らしいそばです。 夜は、いつものようにひとり食。 昨日食べきったカクテキの残りに、野菜の切れはしと、豆腐、ネギを入れたスープです。 庭のすみにそびえる大木の根元で見つけたブナシメジも入れました。