• 地元のショップに久々にいってみたお話。

    今日から長女はこども園(ようやく出席停止が解けた)。 でも、パパ業務はいろいろとありまして…。 ハイ、もう来月は12月。 あちら、こちらで浮わついた光景を目の当たりにします(^^; …子供達と、若人カップルには嬉しいことこの上無い季節ですね(^^; が。 われわれ子育て世代には大変な時期であります❗ 主に、お札に羽が生えて大量に跳んで逝く季節であります(>_<) しかも、娘の誕生日はなぜか12月(

  • 勢いだけで参加した『第15回鳥海山ぐるっと一周マウンテンサイクリング』②

    今年も残すところあと一月あまり… とか言ってる場合じゃなくて(>_<) 世間の流行に便乗して、子供らが波に乗ってしまいました。 インフルエンザB (>_<) 今週いっぱい、娘は幼稚園お休みです。 さて。 『鳥海山ぐるっと一周マウンテンサイクリング』当日のです。 午前3時、雨がシトシト…と言うかザアザア降ってます。 自分が泊まった宿には、同志が居るはずなのですがシンと静まり返っております。 取り敢え

  • 勢いだけで参加した『第15回鳥海山ぐるっと一周マウンテンサイクリング』

    夏に植えたサフランがいつの間にか花をつけていました。 数があればこのまま雌しべを採集して香辛料にでもしようかなと思ったのですが… 如何せんこれじゃ少なすぎますな。 また来年以降に期待です。 さて。自転車ネタです。 今年の夏に待望のMTBをゲットしたのは良いのですが、何かイベントに出ようにも秋口には『家族イベント』なるものが山盛りして… なかなか空いている日がなかった! (>_<) いやまぁ、それな

  • はじめまして、に変えさせていただきまして…

    ご覧の皆様、はじめまして。 自転車おぢさん、こと風穂音美瑛(かざほねびえぃ)です。以後、お見知りおきを… とりあえず自己紹介てきな内容です、はい。 この場では、自身の趣味に関するネタをぼやいていこうと思っております。 まず、自転車。 長いこと自転車乗ってます。が、速くない、むしろ遅いです。 自動車の免許をとるのが遅かったせいもあって、ほんと長いこと自転車に慣れ親しんでおります。 二十代の頃はMTB

  • 出来るだけ...!

    時に、私はMTBの修理をしています。一度挫折して、しかし諦めきれなかったあれです。 さて、本記事のタイトルともさせていただきました、「出来るだけ」。いえ、まぁ深い意味はありません。出来るだけお金を掛けないで自転車の修理をしよう、ということです。 ですがやはり、自転車の修理にはお金が掛かるのです。パーツも高いですし、専用工具も高い。 じゃあどこで費用の削減をすればいいのか。まぁまずは、「使えるパーツ

  • 想定内、だった(汗

    えーどうもこんにちは。いやまぁ記事を書いてる今はこんばんはに差し掛かるちょいと手前ですが。まぁこんにちは。 時に、私が以前このブログで取り扱っていたMTBルック。修理を諦める宣言をしたあいつですね。 一時のあいだ、棄てるつもりで庭先に投げてありました。はい、棄てるつもりで。つまり棄ててないんですよね。。 なんかこう、やっぱり直した方がいいんじゃないか、みたいな感情がふつふつと沸き上がってくるわけで

  • 届きましたよ~!

    絶賛修理(改造)中の、MTBルック。 先程ですね、フロントフォークが届きました♪ヽ(´▽`)/ こちらになります。 『SUCHI』。スチ?スッチー?なんて読むのかは解りません。まぁいいです。 某密林で一万円を切るという破格!その程度の作りという可能性もありますが... まぁそんなことはどうでもいいんです。なんとこちら、ディスクブレーキ対応なんです! そしてディスクブレーキにしか対応していません!V

  • もう一度走りたい...!

    みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 今回はですね、MTBルックのレストアについての記事を書こうと思ってます。 はい。早速ですがシートポストです。 内側から切除するため、いい感じの長さに切ってあります。 と言うかそもそも、なぜ切除することになったのか。まぁ日常的に自転車の整備とかをされてる方は解っていらっしゃるでしょうが、それ以外の、ちょっとわかんねーや的な人たちのために書きます。 そう、それは

  • 手が掛かるのが楽しいんです。

    時に私は、三本の自転車フレームを所持しています。うち一本は修理中。 一本目はこちら。 私がまだ、自転車に対する知識がほとんどなかった頃、なんかロードバイク欲しいなぁみたいなノリで某密林から輸入しました。 元々の色はフレームとフロントホイールがホワイト、リアホイールがレッドと私の住む田舎ではなかなか目立つカラーリングでした。 ホワイトタイヤですしね。 他にもストレートハンドルだったり、6段変速だった

  • きらら峰&林道探索×2-MTB(後編)

    湯の森谷林道を終点から起点へ戻ります。 ほぼ適度な下りなので楽ちんです。 下り始めて10分ほどで雲母ヶ峰林道への分岐へ到着。 雲母ヶ峰林道を登って行きます。舗装路はすぐに砂利のダート路へ変わります。 こちらも適度な斜度の林道です。 登山道との合流地点。 その後も走り易い林道を進んで行きます。 遠くの斜面にガードレールが確認出来ます。 林道はあそこまで続いて行くようですね。 またもや登山道との合流で

  • きらら峰&林道探索×2-MTB(中編)

    湯の山温泉街からの登山道をあきらめて次に向かったところは? 温泉街から少し離れた所から林の中の狭い道へ入って行きます。 5分程走ると出てきました「林道 湯森谷線」です。 先ほど探索した登山道はこの林道の(終点)につながっているはずなのです。 それを確かめたく思い探索していたのですがあえなくヒルに撃沈されたので 今度は反対側のこの(起点)から終点に向かって進み登山道を下ってみるという 予定です。 ち

  • きらら峰&林道探索×2-MTB(前編)

    5月下旬の雨上がりの休日の林道探索の様子をお伝えします。 今回の探索は湯の山温泉からキララ峰の麓へ通じる林道へ抜け その後キララ峰を登頂するルートを予定しています。 湯の山温泉から林道へのルートは東海自然歩道でほぼ登山道なので MTBでの通り抜け出来るかどうかわかりませんが行ってみます。 いつものルートで御在所岳の麓の湯の山温泉を目指します。 建設中の新名神高速越しに見る御在所岳方面。 天気は良い

  • 黒田峠ーMTB (リベンジ後編)

    林道を下ってきて、途中に出てきた橋を越えた所で見た物とは! これです! どこかで見たことのある警告看板です。 それもついさっき見た気がします。 そうです、ダム建設現場手前の通行止めゲートに脇に伸びる 林道入口に設置されていた看板と同じ物です。 看板に書かれている「現在地」がさっきの通行止めゲートと思われます。 しかしこの看板の場所はゲートよりかなり下ってきている所なので厳密には 現在地の場所はちが

  • EWS第3戦ハイライト

    EWS第3戦のハイライト動画です https://youtu.be/uSx-oyYTPg8 このレースから復帰したモーズリーさん、圧倒的す。圧倒的モーズリーす。 YETIのリッチー君は3位、まぁ総合首位は変わらず。 しかしGTのミーズさんのリヤタイヤなしでホイールだけで下るガッツ、見習いたいけど死にたく無いからやめときます笑。

  • 黒田峠ーMTB (リベンジ中編)

    お待たせしました。 ブログサボり気味ですみません・・続きです。 ダム建設現場入口より板取方面への分岐に戻ってきました。 ここからは暫く前回冬に来た時も通ったルートです。 前回、パジェロミニとジムニーのおじさんに声をかけられた場所。 これが上の画像と同じ場所の前回の画像。 橋が出てきました。 しかしその手前から完全車両通行止めになっています。 工事による通行止めはどうやら本当だったようです。 看板に

  • 黒田峠ーMTB (リベンジ前編)

    今回は、以前の冬季通行止めシリーズ第4弾の黒田峠ーMTBで あまりの積雪に断念した峠を再チャレンジした様子をお伝えします。 世間のG/Wが終わった5月初旬の休日一人岐阜の山を目指します。 この季節にしては珍しく3日も雨が続いた後の晴れ日、まさに快晴 テンションも上がります。 ちなみに私の仕事はサービス業なのでG/Wは仕事でした。 その為世間のG/W明けに4日間連休をもらったのでしたがそのうち3日間

  • ステム変更しました。

    ステム変更しました。 前はTRUVATIVEの75mmと長めでその上SB75は大きめのフレームなのでコーナーがきつかったので、短くしようと。 んで変えたのがこれ ストレートラインのピンチステムという物でリーチは35mm。 本当は50mm位で考えていたんですが、店員さんが僕の乗り方とフレームとのバランスを考えてこれを勧めてくれました。 見た目は凄くゴツく派手になり少しダサい(笑)ですが、ハンドリング

  • THE SYNDICATE 2016 Episode1

    http://youtu.be/o-YSsjmWA4A シンジケートの2016シーズンを追っていくムービーの第1弾です。 前の記事でお伝えした各選手の順位が間違ってましたので訂正します笑 ラットボーイが6位、ミナーが15位、ピーティが42位でした! ミナーが15位は少し心配ですね、ピーティはもう一度トップ10を期待したいですね!

  • 田代越ーMTB(後編)

    しばしの休憩後、悟入谷方面へ向かいます。 悟入谷までは下り坂なのでらくちんです。 悟入谷への分岐へ到着。右へ折れると北勢町方面へ下って行きます。 縦走路は左折です。 分岐で見つけた小さな案内看板。 先日行ったグライダー発進場近くの建設現場への工事車両向けの順路案内の 看板と思われます。 縦走路を多度山方面へ進みます。 昨年の今頃に探索した14番鉄塔へつながる林道入口。気になる方は昨年の 探索の様子

  • ステム変更計画(貧乏)

    見てわかる通り長めのステム。 これは直進安定性は高いし、フレームが少し小さめを選ぶ事が多いMTBではハンドルバーとの距離が取れる分よくチョイスされるステム。 しかし僕は少し大きめのフレーム。下りの時のコントロール性を重視して短いステムを考え中。 実際下りで腰を引いた時にハンドルバーが遠くて、操作しきれずに崖に突っ込む事が何度かあったのです。 TRUVATIVやSPANKのコスパ重視で探そうかな。手

1 2 3 4 5