• 偶然じゃない必然

    0は優しい 態度は冷たいけれど。皮肉しか言わないけど。悪態つくけど。生意気だけど。 心が優しい。それがわかる 相手のことを思いやれて勘がよくて 大事な時はちゃんとその優しさを表現できる 精密に出来ていて、優しくてデリケートで繊細 だから0につりあう人間は 0のことを一番に大切にしてあげられる人じゃないといけない だから9のように家庭のある人間は もともと必要以上に0の近くにいる資格はないんだ そん

  • ずっと前から変でした

    ある時 0が9の前に現れた じきに9は0といるのが好きになった 0が話し相手になってくれるから 0に会う前、9はノートがお話し相手 人間で相手になる人はいなかった Dじゃ9の話し相手にならんし、子も9の話し相手にはならん ママ友みたいな人たちも話題が違いすぎて9の話し相手にはならん これまで9はいろんな人に囲まれてはいるけど孤独だった 視線をそらさずに対等に話せる人がずっと欲しかった このままそう

  • 0の心 9知らず

    世界から0がいなくなったら 世界から9がいなくなったら 2週間くらいの期間で丸井に移動販売に来ている板橋のティラミス屋さん 最初に気づいたのは2ヶ月くらい前。たまたま買ったシュークリームがめっちゃうまかった これ0に食べさせたい だけど気づいた日が最終日 たぶんまた7月に来るよって言われたからよく覚えておいて 満を持して買ったんだよ お店にどーぞって言ったけど あれホントはあなたのためにわざわざ買

  • 曇天日和

    曇天日和 コレは とあるお花屋さんの日常の あるコトないコトをつづったものである 7月6日 雨が降っているそんなところで0は1人で鉢を片付けていた お店が、罰金は半分もつよって言ったら 0、自分が悪いんすから全部払いますよ って言ったんだね。そしたらお店からは あ そお?じゃ、そういうことで!ってなっちゃったんだ・・・ いやいや0のその気持ちだけで充分だよぉ。お店の電話 業務で取ってくれてたんだか

  • NHKスペシャル「人類誕生:第2集 最強ライバルとの出会いそして別れ」 脳サイズより社会性が要因か?! 専門用語追加

    今回はネアンデルタール人と我々ホモサピエンスとの"交代劇"についてでした。しかしそもそも我々サピエンスにも2%のネアンデルタールのdnaが見つかってる中、ネアンデルタールが絶滅して、サピエンス登場とかそんなきっちり分けれるはずがない。全てはじわじわとあいまいに創発していく、ものでしょう 以前のネアンデルタール人の野蛮で知能が高くなかった、だから絶滅したといった推論は違うということが研究が進むにつれ

  • ダイアモンド博士の“ヒトの秘密” 第6回『 不思議いっぱい ヒトの寿命』ETV連動企画⑥:放送直後の放射性メモのみ(;'∀') 関連書籍追加📚

    放送終わりました(最大のヒトフィクションフェスは始まりましたが) なぜヒト又は生物は年をとり、死ぬのかという内容でした。 本題から離れますが、原書読み返してておどろいたのが"Now that I am fifty-four years old"て書いてありちょっと止まりました💦今ダイアモンド博士が80 超えてるのも驚き😨ですが、この本を30年ぐらい前に書いていたのが又驚きです💦 その原書では

  • 回顧録における遭遇(であい)

     フィクションを読んでその中に出てくる魅力的な人物に感情移入し、それが高じて強い共感をそのキャラクターに対し抱いてしまうことは珍しくない。  これはあるいはそれに似た経験なのかも知れない。  すなわちぼくはある回顧録を読んでいて、著者が思い起こし描いている人物に常軌を逸した共感を持ってしまったのである。それには著者のすぐれた筆力が多分に影響していることは違いのだが、それ以上に強力に働いた原因は、そ