• 【国民年金基金連合会】横暴だ!!・・・その1

    以前に前職の確定拠出年金が国民年金基金に強制移管された話を記事にした。 いま分かっていることをまとめてみる。 経緯 ・2017年8月まで前職の企業型確定拠出年金に加入・・・A ・2017年9月1日に現在の職場に転職 ・2017年9月から現職の企業型確定拠出年金に加入・・・B (運営管理機関は前職と異なる) ここで重要なのは、AからBにお金を移管させるには移管手続きが必要ということ 現状 計2,97

  • 2018年度確定拠出年金(iDeCo)の運用成績

    いろいろ、今年のデーターを算出しています。 確定拠出年金(iDeCo)の運用成績です。 なんと、びっくり。。。。。 ずーーーっと月末には確認していて、絶好調だったのですが、、、 前年より、資産トータルがマイナスに⤵ 毎月掛け金は、個人事業主のため、 限度額上限いっぱい掛けて節税対策をしているのですが、、、 今年は、掛け金だけでも〇十マン増えていて当たり前なのに、、、、 2017年12月末より、 2

  • 【2018年12月】確定拠出年金

    ちょっと早いけど2018年12月の確定拠出年金運用成績を公開しよう。 まーこうなりますわな。 12月の下落は強烈だったし。 でもこうして下がった時ほど安く買い付けられるから大歓迎だ。短期的に低迷するくらいがちょうどいい。 定年まで30年の間どれくらいの利益を上乗せできるかな?毎月25,000円ずつ30年入金したら最終的に元本が9,000,000円になる。これに運用益を乗せて2~3倍になってくれると

  • 【転職注意】国民年金基金への自動移管という糞制度

    転職したとき退職金とか確定拠出金とかの完全放置してたのよね。 結論から言うと損した。 ちなみに、退職にあたって勝手に振り分けられた内訳が以下の通り。 退職一時金 512,700円 転職先の確定拠出年金への自動移管 540,443円 国民年金基金への自動移管 1,925,400円 ←は? 国民年金基金って自営業とか学生のやつだろ? おれずっと会社員なんだが? しかも移管された金は運用されずただただ保

  • 【2018年11月】確定拠出年金

    現在運用しているファンドはDIAM外国株式インデックスファンド<DC年金> 理由は米国株比率が最も高かったから。 成績はこんな感じ。 ちなみに給料から毎月20000円、会社から5000円、計25000円を入金している。 青い棒が元本で赤い棒が評価額。 先月はマイナス7.62%だったから少し持ち直している。 定年までは30年あるし、そのころには複利効果でギュイーンと評価額も上がっているでしょう!多分

  • 企業型確定拠出年金

    そういえば加入してるんだった。 去年転職してからのデータしかないけど運用成績を見てみる。 ・・・ ダメじゃねぇか! ちなみに「DIAM外国株式インデックスファンド<DC年金>(以下DIAM)」という投信を買っている。 実はこのファンドが悪いわけではなくて、つい最近まで日本株の投信を知らぬ間に買い付けていて、そこでの運用が悲惨なものだった。2カ月前にハッとなってDIAMに資金をすべて回したんだがちと

  • 確定拠出年金の利回り分布図を見て

    企業型確定拠出年金を2本運用しています。 ステ-ト・ストリートDC外国株式インデックス・オープン 約180万円 みずほ信託銀行・外国株式インデックスファンド 約70万円 このうち、みずほ信託銀行外株インデックスファンドの方は、全運用者(運用指図者含む)の運用利回りと、自身の運用利回りを相対的に比べてくれます。 以下のグラフのように、自分の利回りが全参加者と比べて優れているのか劣っているのか、客観的

  • 確定拠出年金の状況(2018年7月)

    日本のネット証券、海外の証券口座2つを使い、米国株メインで運用を行なっております。 それとは別に確定拠出年金を2本運用しています。 今回の記事では、毎月掛け金を拠出して運用する「加入者」ではなく、「運用指図者(新たに掛金を払うことなく、確定拠出年金口座を通じて金融商品の運用だけを行っている)」という立場の確定拠出年金の内容を開示します。 これは要するにポートフォリオは自身で指定できるが、追加入金で