• 危険木の伐採 1

    危険木の伐採です。 このクスは幹が半分以上枯死しており、エントランスの構造物に幹が当たっており、電線や街灯にも干渉していました。 ↑ 幹の枯死が確認できます。 ↑ 幹が当たっています。 ↑ 危険な部位を取り除き… ↑ 伐倒(切り倒すこと)です。 ↑ 直径は約65cm、時計で言う4時から10時ぐらいまでの、幅15cm足らずの部分を除き全て枯死しているのがわかります。 このような状態の木を放置すること

  • 伐採の道具達 1

    伐採に使う道具を紹介します。 ・制動器 重量物を吊り下ろす際に、ロープの制動に使用します。 ↑ このように、ロープを巻きつけて使用します。 この器具にロープを巻きつけることで、僅かな労力で、安全に重量物を吊り下ろすことができます。 ある程度の重量物になると、人力だけで制動するのは困難です。そこで、かつてはロープを木の幹に巻きつけるなどしていたのですが、このような器具を使うことで、幹もロープも傷めず

  • 伐採→再利用

    数年前に伐採したイチョウをまな板に加工しました。 イチョウは材が柔らかく、滑らかな平面を出しやすく、刃当たりが優しいので、まな板の材に適していることで知られています。 伐採して捨ててしまえばただのゴミですが、少し手間を加えるだけで永く使える道具に生まれ変わります。 【藤沢・辻堂・茅ヶ崎で伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園

  • 冬は伐採シーズンです

    高木の伐採を行なったので、作業風景を職人仲間に撮ってもらいました。 なぜ、冬が伐採シーズンなのでしょうか? 木が軽くなるからです。 多くの樹木は、冬季には気温の低下と共に休眠状態になります。 樹木が成長を休止すると共に樹体内に含む水分を減らすことで低温による凍結を防ぎます。 また、落葉樹であれば冬は葉がありませんから、その分軽く、見通しもよくなります。 余談ですが、樹木の芯材に年輪が刻まれるのは、

  • 藤沢・茅ヶ崎の土

    本日は、鵠沼のK様宅にて伐採抜根と除草を行いました。画像はその際のもの。 藤沢・茅ヶ崎は、ご覧のように山砂と赤土を7:3で混ぜたような、粘らず掘りやすい土が多いです。 先日も、ガラと砕石が埋設されている場所を花壇にするためにガラを除去し客土されたいというご依頼がありましたが、思ったよりもガラの層が薄く、すぐ下にこのような土がありました。 このような場合、わざわざ費用をかけて処分するのはもったいない

  • 薪を割ろう

    松の伐採作業にて、薪割り台を手に入れました。 次は斧です。 【藤沢市で松の伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園

  • ブログ開設しました

    藤沢市 辻堂の植木屋小林庭園の造園ブログ 本日開設しました ◼︎ウェブサイトはこちら↓ 【藤沢市の造園・伐採なら】辻堂の植木屋 小林庭園

  • 伐採/間伐: のこぎりを使った木の切り方・倒し方- 自己流w

    ツバキの木を倒した直後。やったぁ、大成功~!! 切断したツバキの木の断面 間伐のため、今回伐採した椿(ツバキ)の木 村内伸弘伐採 & 村内伸弘撮影(一人二役w) おばあちゃん家の椿(ツバキ)の木 今回、伐採(根元から樹木を切り倒す作業)するツバキの木 ・人生初芝張り! TM9(ティーエムナイン)植え付けの様子 ・芝生植え付け 2ヶ月後 TM9(ティーエムナイン)の成長記録 でも すでにブログに書い

  • 我が家のリフォーム歴~番外編ーその3

    結局屋根の棟押さえはオヤジの知り合いの大工さんにお願いして応急処置で直してもらうことにしたのですが、スレート瓦も日々が出てきているので2~3年以内には本格的に直した方がいいとのアドバイスをいただきました。さて番外編の桜ですが2Fの窓ぐらいの高さ(6~7m?)まで丈を詰めることにしたのですが結局終わる頃には年が明けてしまいました。それでも何とか新芽が出る前には間に合ったかなと思っていたのですが大きく