• ハンバーガー巡り。

    ブリスベンには、ハンバーガー屋さんがたくさん!! ハンバーガー屋さん専門店でない所でも、ハンバーガーが美味しいお店も。 他の料理に比べて、ハンバーガーは安かったこともあり、よく食べていました〜! grill'd チェーン店です。 ブリスベンで2店舗いきました〜! パンの種類が選べます。ハンバーガーの種類も多いですよ〜。 ポテトも美味しい! sweet chilli chicken10.5ドル。ビー

  • 楽しいパブナイト。

    私の学校は週に一回パブナイトというアクティビティーがありました〜! シティーのバーで飲んで騒ぐ会。(笑) 1杯無料で、ピザなどの軽食もフリーで食べられました。 カウンターでドリンクを注文します。二杯目からはお金と交換で支払い。 ビールは大きなピッチャーで頼んだ方がお得。 ダンスフロアもあるバー、遅い時間になるにつれてクラブ状態に。 盛り上がりますよ〜!南米の学生はみんなダンスが大好き! あんまりダ

  • 海外で映画を見る。

    海外の映画館はどんな感じなんだろう。 ということで、サウスバンクの映画館で映画を見てみました。 ファインディングドリー! 学割で5.5ドルでした。 安い〜!日本はなんでこんなに高いんだ... シートやスクリーンは日本と同じ感じで変わらず。 が、終わってびっくり シートの周りに、ポップコーンやジュースのゴミが散乱していた。 本当、カルチャーショック。(笑) 映画館のスタッフ、大変なんだろうな...。

  • 国際郵便。

    短期留学でしたが、たくさん郵便物を日本へ送りました。(笑) おじいちゃんとか、友達へバースデーカードとか。 目立つように赤字とかで、JAPAN、AIR MAILと書いておけば、宛先は日本語で書いていても送ることができます! 郵便局へ持って行き、日本へ送りたいと伝えると切手を渡してくれます。 50g以下は全て1.95ドル。ハガキでも封筒に入れた音のなるバースデーカードでも、全て同額。 切手もおしゃれ

  • 節約学生の味方。

    オーストラリアの物価は高い。 なるべく節約したい。 でも美味しいものは食べたい。 という事で、お得に食べられるお店を紹介。 beach house ステーキのお店 毎週月曜日はステーキが半額で食べられちゃう!!オージービーフ。12.9ドル ドリンクカウンターで飲み物を頼んだ後、お肉のカウンターで焼き方とソースを選びます。 ハズレがない。全部美味しい〜! KFCケンタッキー 毎週火曜日はケンタッキー

  • ユニリゾート。

    スチューデントハウス ユニリゾート。 日本から予約をしていた学生寮です。 シングルルーム、オウンバスルーム付きで 1週間240ドル...高すぎる(笑) 日本にいた時は相場もあまり知らなかったので、予約をしちゃったのですが...。 シティーでも150ドルでオウンルーム暮らしが出来ます。なので、かなーり高い! しかし、家探しは結構大変なので(妥協すればすぐ見つかるけど(笑) 日本から予約できる安心感は

  • チョコレートのお店。

    ブリスベンにはチョコレート屋さんがたくさん! 学校帰りによくチョコレート屋さん巡りをしていました(笑) 私の一番好きなお店 ヌーサチョコレートファクトリー 量り売りのお店。 クイーンストリート、アデレードストリートにお店がありました。 好きなチョコを袋に入れて、レジへ持って行って支払いをします。 乾燥イチゴの入ったホワイトチョコが好きだったなぁ! レジの横のチョコブラウニーも濃厚で美味しい!2人で

  • ブリスベンのラーメンを食べ歩く。

    ラーメンが大好きなわたし。 ブリスベンに来てびっくり。 ラーメン屋さんが思った以上にたくさんある〜!!!! ということで 勝手にランキング。(笑) 第1位 博多屋ラーメン Level A, Shop 16 Myer Centre, 91 Queen St., Brisbane マイヤー地下のバスステーションの所 ★長浜ラーメン 11ドル さすが日本のチェーン店、日本の味、落ち着く味、美味しかった!

  • 全身運動SKY ZONE。

    金曜日の午後から、学校のアクティビティーのスカイゾーンへ参加しました。交通費は別で、15ドル。 ここの場所が全くわかりません...。(笑) 滑り止めのついた、分厚い靴下がもらえました。 トランポリンたくさん!壁もトランポリンになってる。 バランスが取りにくくて難しい! この奥の所で、ドッジボールが出来たよ。跳ねながらのドッジボール、楽しかった。 バスケをしたり 飛び込んだり 私以外みんな、前転宙返

  • コアラを抱っこ。

    限られた滞在期間。 勉強だけじゃなく、ブリスベンも満喫したいと、土日を利用して色んな所へ行っていました! バス通学なので、土日のゴーカードフリーを利用して。 ロンパインコアラサンクチュアリ Lone pine koala sanctuary コアラを抱っこ出来る動物園! コアラの数は、昔と比べて減っているみたい。 学生証を見せると、学割で入れます。 入場料、学割で24ドル コアラだけじゃなくて 鳥

  • 念願の五郎丸さん。

    ブリスベンってどこ?何があるところ? と、出発前にはよく聞かれました。 確かに! 私もオーストラリアに留学を考える前は知らなかったかも...。 ラグビーの五郎丸さんがいる所だよ! といつも答えていました。 だいたい皆さん、あぁ!という反応。(笑) ブリスベンに行ったら、必ずラグビーを見に行こう! と、ラグビーのルールも知らないくせに、ミーハー心で楽しみにしていました。 五郎丸さんのチームレッズ v

  • 学校開始。

    ブリスベン滞在2日目の日曜日。 何時に起きるべきか解らず、やたら早起きしてソワソワしていました。(笑) 家族がリビングへ降りてきたタイミングで、私もリビングへ。 朝ごはんはセルフで、好きなものを食べて良いということでしたが、どれに手をつけたら良いのか解らず(聞けばよかったんだけどね。) しばらくは、毎日パンにジャムを塗ってティーパックの紅茶を飲んでいました。 2週目が終わりに近づき慣れてきた頃、お

  • 入国、ホームステイ開始。

    緊張のせいか、ほとんど眠れずケアンズへ到着。 無人入国審査なんですね?国別に違うみたいですが、日本人はこっちと言われ、無人入国審査の機械の列へ。 コンピューターでパスポートをスキャンして、顔写真を撮る。みたいな流れだったと思います(うる覚え) パスポートの顔写真と顔が違う!...と、他の国へ行く時も入国に時間がかかるのですが、今回も機械では認識されなかったのか、係員のいる列へ並び直し。恥ずかしかっ

  • いよいよ出発。

    準備をして、いざ家を出発! 夜のフライトでしたが、地方に住んでいるため午前中には家を出発。 バスで関空に向かっていた時、エージェントから電話が...。 『ホームステイ先の受け入れが出来なくなりました。』 えぇぇ、こんな事ってあり?野宿? たった3カ月ですが、家族や友達と離れる寂しさや不安でウルウルしていたのですが、まさかの事態に笑えてきて、一気にテンションが上がりました。(笑) すぐに新しい受け入

  • インストールしたアプリ。

    私はiPhoneユーザーなのですが、使っていたアプリを紹介していきます。 *ラングポーツ(学校)のアプリ→自分の教室が何処かを見たり、出席率や残りの日数等見ることができました。 *グーグルの辞書→使いやすかったです。世界共通でこれを使っている学生が多かった。 *語語ナビ→オフラインで使える。単語によっては例文が見れる。あんまり使っていませんでした(笑) *My trans link→クイーンズラン

  • オーストラリアへ持って行ったものの一部。

    1週間用の大きなハードのスーツケースケースと、登山用の30リットルのバックパック、ロンシャンのLサイズのトートバッグで行きました! 卒業後、スーツケースはロッカーへ預け、バックパックで旅行をしていました。ロンシャンのトートは通学用です。リュックはスリの危険があるのかな?と思っていましたが、シティーを日中に通学で歩く分には大丈夫そうな印象でした。結構みんなリュックです!教科書が重かったので、リュック

  • 海外旅行保険。

    AIU海外旅行保険を申し込みました。 治療・救援費用無制限の保険で、 3ヶ月間47250円でした。 たった3ヶ月間...病院に罹ることはないだろうな〜と思っていましたが、蕁麻疹が出て病院に罹りました。 環境の変化で、体調を崩し人は多くて、病院へ罹っている学生は多かったです。 私は、クイーンストリートのハングリージャック近くにある、日本人の医師常駐のSAKURA FAMILY CLINICへ行きまし

  • 滞在先が決定!

    出発の約1ヶ月前の4月中旬、現地での滞在先が決定しました。 ホストファミリーの名前、住所、地図、電話番号、メールアドレス、家族構成やインターネット、喫煙者の有無、ペットの有無、趣味等の家族についての説明と家族写真、家の写真が貼られた紹介用紙がメールで送られてきました。もちろんすべて英語、解らない単語も多く、翻訳機を利用しながら解読・・・。 写真を見た第一印象、どうしよう、お母さん怖そう・・・(笑)

  • ビザの取得。

    3ヶ月のみの滞在であったため、観光ビザを取得しました。 学校の友達に、観光ビザで学校に通えるの? とすごく驚かれましたが・・・通えます! 就学は3ヶ月以内、就労禁止、入国日から3か月間の滞在が可能 という条件を満たせば、ワーホリビザの人達と同じようにオーストラリア生活を楽しむことが出来ます* 私が学校で出会った日本人で、観光ビザの人は私の他に1人しかいませんでした。 圧倒的にワーホリビザが多かった

  • 飛行機の予約。

    航空代金をなるべく安く済ませたかったので、ジェットスターのセールを狙って予約をするつもりでしたが、心配性なので(笑) 早めに予約をしておきたくて、すぐに予約。 この時、4月上旬。 行きはジェットスターを利用 関空→ケアンズ→ブリスベン   *46461円 日本を20時すぎに出て、ケアンズに現地時間の朝5時前に到着。 5時間ケアンズにて待機した後、ブリスベンへお昼の12時に到着。 預け荷物は25キロ

1 2