• 燕岳 山行 後編

    森林限界では、ハイマツ(マツ科の常緑低木)が独自の進化をして、背の低い現在の姿になったそうです。 背の低いハイマツは風にも強く、雪に埋もればその下は暖かく高山のような過酷な環境に耐えられるように進化したのですね。 高山植物もたくさんありました。 あちゃーコマクサを撮り忘れてしまいました。 燕岳では7月に、春、夏、秋の花が咲くそうです。 とても珍しいですね。 (7月〜9月がシーズン) 雷鳥を見ても近

  • 残雪の唐松岳  劔 日本海 雷鳥も見えた 

     シーズン最後の雪景色を見ようとGW前半の4月29日(日)に北アルプス唐松岳の登山を予定しました。  GW前半の天気予報は概ね「晴」、朝一から快晴・無風のコンディションです。 心配なのはゴンドラ+リフト+リフトを乗り継ぎ8時過ぎにスタートして最終リフトの営業時間の15時50分までに戻ってこれるかです。途中引き返しも考えに入れて出発しました。 ゲレンデの下部には全く雪はありません。 ゴンドラを降りる