• 3年生 理科 植物の育ち

    🔴3年生 理科 植物の育ち ◯ホウセンカなどのタネを蒔いてから、芽が出て、「子葉」や葉が出て来るのを待ちます。 ◯ホウセンカ、ヒマワリ、マリーゴールドなどの子葉や葉の違いを観察します。 ◯教科書の写真を見た後で、実物を観察し、3つの子葉を比較しながらそれぞれの特徴に気づかせていきます。 ◯3種類の絵をノートに描いて、違いを捉えていきます。 ◯そして色、形、大きさを言葉で表現する力をつけていきます

  • 3年生 算数 円と球

    🔴3年生 算数 円と球 ◯円の学習に続いて、球の学習があります。 ◯円は平面であり、どこから見ても円に見える立体を「球」ということをおさえます。 ◯球にはどんなものがあるのかを出してもらいます。 ◯テニスボールやドッジボール、地球儀、ビー玉などが出てきます。 ◯でも、ジュース缶やタイヤなどの答えも出てきます。 ◯そんな時こそチャンスとして捉えてあげてほしいのです。 ◯「え?空きカンは球かな?」と

  • 3年生 理科 チョウの一生②

    🔴3年生 理科 チョウの一生② ◯単元の初めに教科書を見ないで、チョウの絵をノート1ページに大きく描かせます。 ◯おそらくほとんどの子が、羽を2枚、カラダを1つ、触覚を2本というようなチョウの絵を描くかと思います。 ◯「ノートに描けたら、黒板に描きに来てごらん」と言うと変わったチョウのオンパレードになりました。 ◯でも、何も見ないでも描くとこれでいいのです。大切なのは、この後の学習でどれだけ正確

  • 3年生 社会科 授業参観 地図記号

    🔴3年生 社会科 授業参観 地図記号 ①地図記号のカードを見せながら、「これは郵便局です」などとペアや個人で発表してもらいます。 ②地図記号のフラッシュカードを全員やグループ、個人で答えてもらいます。 ③左チームと右チームに分かれて、1人ずつ立ってもらい、教師が見せた地図記号カードの即答対決をします。 ◯保護者VS子どもでしても盛り上がるかと思います。地図記号は子どもの方が強いかと思うので、子ど

  • 3年生 国語 説明文 自然のかくし絵

    🔴3年生 国語 説明文 自然のかくし絵 ◯この単元で初めて文章のひとまとまりを「段落」と指導する事になっています。 ◯一字下がって書いている所が段落の始まりだという事は、理解できます。 ◯指導書では段落ごとの要旨をまとめるようになっていますが、今の3年生ではなかなか困難です。 ◯全部で12ある段落の全てを要約するには、時間もかかり、面白くもありません。 ◯一部を穴空きにした形でプリントにして語句

  • 3年生 理科 チョウの一生①疑問力

    🔴3年生 理科 チョウの一生①疑問力 ◯モンシロチョウやアゲハチョウの成長を観察する単元です。 ◯モンシロチョウが花の周りで飛んでいる写真を見て考えます。 ◯なぜ花の周りにいるの?と発問をします。 ◯知っている子どもからは、「花の蜜を吸っている」という答えが返ってきます。 ◯「ホントにそうかなぁ」と返していきます。 ◯理科の学習が進んでいくうちに、子どもから疑問が出せるようになりますが、まだ3年

  • 3年生 算数 円の半径・直径

    🔴3年生 算数 円の半径・直径 ◯以前の記事に円の単元に入る前からコンパスを使わせておくことの必要性について書きました。 ◯自由帳などにコンパスでたくさん円を書いているので、単元に入ったらほとんどの子がスムーズにコンパスを使えるようになっています。 ◯しかし、次のレベルは1段階上がります。半径4cmの円を書くためには、物差しで4cmの所にコンパスを合わせて測ることが必要です。 ◯これも子どもには

  • 3年生 最初の習字の授業

    🔴3年生 最初の習字の授業 ◯書写の学習の中で、3年生から毛筆を使った習字が始まります。 ◯初めて毛筆を持つ子もたくさんいるので、3年生の習字は丁寧に指導していかないと、大変な状態になります。 ◯姿勢や筆の持ち方、道具の名称や置き方から説明する必要があります。 ◯毛氈(下じき)を横にして半紙も横長に置いた子もいます。 ◯すずりも海(深い所)を逆にして置いている子がたくさんいるので、1人ずつ確認し

  • 3年生 算数 わり算 文章題を作る

    🔴3年生 算数 わり算 文章題を作る ◯わり算の計算が出来るようになったら、わり算の文章題を作ることに挑戦させます。 ◯計算が出来ても、作問は思考力や文章力が必要なので難しいのです。 ◯6÷3=2となる文章題を2種類作ることができれば合格です。 ◯等分除は、「6個のアメを3人で同じ数ずつ分けました。1人分は何個になりますか?」というような文章になります。 ◯包含除は、「6個のアメを1人に3個ずつ

  • 円を描く コンパスマスター

    🔴円を描く コンパスマスター ◯3年生の算数で初めてコンパスを使って円を描くことになります。 ◯しかし、円の単元に入ってからコンパスの指導をしていては、なかなか上手く描けないことが多いのです。 ◯指先でコンパスを回して円を描くことは、子どもにとって難しい作業です。 ◯手首をしなやかに動かすことが出来ずに紙を回したり、自分が机の周りを回った子もいました。 ◯コンパスの先ではなく、両手で持つためにコ

  • 3年生 算数 わり算②数字カード

    🔴3年生 算数 わり算②数字カード ◯0から9までの数字カードを一人にワンセット渡します。年間を通して使うので、ラミネートしておくといいかもしれません。➗のカードも画用紙に書かせるといいですね。 ①🔲🔲➗🔲=🔲と2桁÷1桁のわり算の式を作って、ペアで問題を解き合う活動をします。 ◯カードを並べて式を作っていくことも意外に難しいのです。 ◯例えば12➗6とカードを置いてしまったら、答えの2

  • 3年生 社会科 私たちの町 白地図

    🔴3年生 社会科 私たちの町 白地図 ◯3年生では、絵地図から地図の読み取りへと学習が進んでいきます。 ◯自分たちの市町村の白地図を大きく拡大したものを用意しておきます。 ◯最初に学校の場所に地図記号を書き込みます。 ◯消防署や警察署、病院などを少しずつ大きな白地図に記入していきます。 ◯子どもにも一人ずつ白地図を渡して、だんだん記入をさせていくのです。 ◯自分の家がどこにあるのかも、シールを貼

  • 国語辞典の授業

    🔴国語辞典の授業 ◯国語辞典で言葉の意味調べをする力は必要です。 ◯3年生で初めに国語辞典の使い方を指導することになっています。 ◯五十音順に言葉が並んでいることを教えますが、3年生でも「あかさたなはまやらわ」が定着していない子もいるので、そこから指導する必要があります。 ◯「にんじん」と「ほうれん草」ではどちらが先に載っているのかさえ難しいのです。 ◯黒板に五十音表を書いて、「に」と「ほ」がど

  • 3年生 理科 植物のタネ

    🔴3年生 理科 植物のタネ ◯教科書では、ひまわり・ホウセンカ・マリーゴールドのタネを観察して、タネをまき、発芽やその後の成長を観察していくことになっています。 ◯この3つの花のタネは、形や大きさがハッキリとした違いがあり、その後の成長の様子もそれぞれに特徴もあります。 ◯比較をすることで植物の違いを理解しやすいために選ばれているかと思います。 ◯学級園が広い所では、1人で3種類の花を植えて観察

  • 3年生 算数 わり算

    🔴3年生 算数 わり算 ◯教科書の導入では、「おかしが全部で12個あります。4人で同じ数ずつ分からと、1人何個になりますか?」というような問題になっています。 ◯教科書を開いて考えさせると次のページにすぐ考え方が書いてあるので、黒板に問題文を書いて進めます。 ◯1年生が使う大きな掲示用のブロックを黒板に貼ります。 ◯この時に、12個のうち、10はひとかたまりの絵を貼り、2個だけブロックを貼ると、

  • 3年生 国語 言葉 参観

    🔴3年生 国語 言葉 参観 ◯子どもが出来るだけ登場出来る場面を作ります。 ◯授業参観は、いろんなパターンの授業を見てもらうことがいいと思います。毎回ワンパターンの授業より、子どもの発表がメインのもの、グループ活動がメインのもの、一斉授業でも多様な変化を取り入れて見てもらうことです。 ◯国語の授業参観は、最初に音読を句点や段落ごとにすると、全員が登場出来ます。 ◯また、これまで学習した漢字を一人

  • 3年生 理科 タンポポの観察

    🔴3年生 理科 タンポポの観察 ◯3年生の理科には、春の生き物を観察する単元が最初にあります。 ◯最初の1時限は、自由にいろんな生き物を探して、観察してもいいかと思います。 ◯でも、ほとんどの場合、生き物探しで終わってしまいがちです。教科書に載っているホトケノザやオオイヌノフグリを見つけたら2ポイント、それ以下は1ポイントとしても、アリやトカゲ探しに夢中になって遊んでいます。 ◯次の時間には、タ

  • 2年・3年生 図工 絵の具 色作り

    🔴2年・3年生 図工 絵の具 色作り ◯4月、最初の図工で2時限かからずに出来る授業です。 ◯「世界で一つだけのチョウ」というようなタイトルをつけて、画用紙にチョウの輪郭や模様を太く縁取りした絵を印刷して、その中に色を塗れるようにしておきます。 ◯2年生ならパレットや筆の使い方から指導する必要があります。 ◯3年生なら三原色のみ使って、いろんな色を作って塗っていくこともできるかと思います。 ◯し

  • 3年生 社会科 方位の指導 東西南北

    🔴3年生 社会科 方位の指導 東西南北 ◯社会の最初のページには、大きな方位記号を書き、東西南北の方位を教えています。 ◯地図では普通は上が北になることを教えます。北風という言葉を出させて、北は日が当たらないので、寒い方と押さえます。 ◯北の反対は、太陽のある暖かい方が南だと押さえます。 ◯北の漢字の中にあるカタカナのヒがある方がヒガシ(東)だと言うと覚えやすくなります。 ◯そして、東の反対が西

  • 総合学習6地域学習ふるさと②

    🔴総合学習6地域学習ふるさと② 🔶 3年生での総合学習「出会い 発見!ふるさと大好き!」の続きです。 🔶「だれもが安心して幸せに暮らせる町」って何だろう?という課題について考えいく取組です。 🔶地域の人たちがどんな願いや努力をされているのかを聴き取りに行った子どもたち。 🔴子育てサロンでは、赤ちゃんを連れてきているお母さんたちにインタビューをしました。 🔶子育ての悩みや困っていることを

1 2 3 4