• ハマの宇宙人は強気で攻め続ける #15

    2018/07/08(日) 阪神甲子園球場 B1-0T 勝 井納 負 岩貞 S 山﨑 両チームの先発、リリーフ陣がまさにがっぷり四つの投手戦。 緊迫の投手戦は、相手エラーでもぎ取った虎の子の1点を守り抜いたベイスターズに軍配が上がった。 今シーズン初の先発マウンドに立った彼は気合が違っていた。 「直球がすごくよかった。こういう時の井納さんは、ちゃんとやってくれる」 この日、バッテリーを組んだ嶺井博

  • 痛みなくして得るものなし #10

    2018/07/05(木) 東京ドーム B6-4G 勝 今永 負 山口俊 S 山﨑 連日の打撃戦。 得点しては追い上げられる苦しい展開。だが一度もリードを許すことなく逃げ切り、ビジターでのカード勝ち越しを決めた。 そこには、この日久々先発マスクの彼の攻守にわたる活躍があった。 常勝チームに名捕手あり。 ベイスターズ2000年代の低迷の原因。 それは、2001年オフの谷繁元信のFA退団に端を発する。

  • 寒~い負け試合、、

    この土曜日・・寒い寒い日に、、 広島へカープの応援に行ってきました! VS横浜DeNAベイスターズ戦! リポビタンマン、ファインガールより 両チームへ『リポビタンD』が贈られました♪ 広島先発はジョンソン! 横浜はバリオス投手! 試合が動いたのは・・ 5回表・・横浜の嶺井選手がレフトスタンドへ 2ランホームランでDeNA先制! 続いて倉本選手がタイムリーヒット で3点に、、 6回表・・筒香選手犠牲