• 将軍は矢印を外に向け続ける #53

    2018/07/04(水) 東京ドーム B8-4G 勝 ウィーランド 負 田口 ベイスターズ先発は、ジョー・ウィーランド。 初回3者連続三振の最高の立ち上がりの後、先制点を叩き出すツーベースヒット。 まさに「ハマの二刀流」の面目躍如。 今ではすっかり定着した「8番ピッチャー」は、彼のバッティングを活かす為に始まったのだ。 しかし7回裏、ジャイアンツ打線が彼に襲いかかる。 フォアボールと連打で1点差

  • 背番号7よ、輝け!

    2018/07/01(日) 横浜スタジアム B1-15C 勝 岡田 負 濱口 2度のビッグイニングを作られ、大量リードをされてしまった7回裏。 この日一番の大歓声がスタジアムから巻き起こる。 二軍から這い上がってきた、チーム最年長の彼が今季一軍初打席に立った。 1986年7月10日生まれ。 静岡県駿東郡出身の31歳。 横浜高校から2004年ドラフト6位で入団。 2012年には、新生DeNA球団の初

  • 横浜高校の遺伝子

    2018/06/30(土) 横浜スタジアム B2-1C 勝 東 負 野村 S 山﨑 GET THE FLAG!シリーズ5戦目。 試合前のイベントには、1998年優勝時の主力2人が登場。 ハマの司令塔 谷繁元信。 ハマの安打製造機 鈴木尚典。 それぞれ、現役の同ポジションの現役選手とメモリアルピッチ。 谷繁は嶺井博希に。 鈴木は横浜高校の後輩でもある主砲を相手に。 超満員の大観衆からの温かい声援と拍

  • 今こそ原点に戻ろう!

    2018/06/27(水) 横浜スタジアム B6-16T 勝 藤浪 負 飯塚 目も当てられないような大惨敗。 これで借金5。 タイガースへの負け越しがそのまま結果となってしまっている。 GET THE FLAG! と銘打ち、1998年優勝時のビジターユニフォームで臨んだ試合での屈辱の敗戦。 これでは優勝のメモリアルではなく、10年間で最下位6度の2000年代の悪夢の記憶を呼び起こす事になってしまう

  • 2018/06/22(金) ナゴヤドーム

    6/22 B3-4×D(延長11回) 勝 鈴木博 負 三嶋 延長にもつれこむ接戦を落とし悔しい敗戦。 しかし、チームに頼もしい柱が帰ってきた。 日本の主砲にして侍の四番。 我らのキャプテンがスタメンに戻った。 3打数2安打1四球の結果にも、 「体は問題ないが、負けてしまったので明日は勝てるように頑張りたい」 と、常に目標はチームの勝利。 全くブレていない。 彼が打席に入るだけで球場の雰囲気が変わる

  • 2018/06/10(日) 横浜スタジアム

    6/10 B6-3×F(6回表無死降雨コールド) 勝 今永 負 加藤 ハマスタにあの男が帰ってきた。 稀代のエンターティナー森本稀哲。 2010年オフ、フリーエージェントでファイターズから移籍。 横浜中華街での入団発表では、ラーメンマンのコスプレで登場。 詰めかけたハマっ子たちは、爆笑と大歓声で彼を迎えた。 背番号5を背負って3年間ベイスターズに在籍。多くの話題を振りまいてくれた彼は、現在解説者と

  • 2018/006/05(火) 横浜スタジアム

    6/5 B1-8L 勝 カスティーヨ 負 ウィーランド 僅かの差が大きな得点差となり、完敗。 パ・リーグ首位を快走するライオンズの強さを見せつけられた。 この日は、言論の世界で活躍されている同窓の先輩と観戦。 「君の投稿読んでいたら、横浜スタジアムに行きたくなったよ」 有難い声をかけて頂き、チケットを手配。 ベイスターズ・エールで乾杯。 崎陽軒のシウマイをご馳走になりながら、暮れゆく空の下のハマス

  • 2018/06/02(土) 福岡ヤフオク!ドーム

    6/2 B4-5H 勝 バンデンハーク 負 エスコバー S 森 内川聖一とデニス・サファテを欠くホークスに連敗。 福岡ヤフオク!ドームでは、2016年交流戦、2017年日本シリーズ含めると8連敗となった。 2017年11月4日。 日本シリーズ第6戦。 福岡ヤフオク!ドーム。 「来年、みんなが勘違いしないようにしないといけないと思いました」 「あそこまで行ったからよくやったというのは全く違うと思う」

  • 2018/05/31(木) 横浜スタジアム

    5/31 B4×-3E(延長10回) 勝 山﨑 負 松井 歓喜と感動の幕切れ。 今シーズン初のサヨナラ勝ちに、ハマスタは怒涛の大歓声に沸きに沸いた。 野球はツーアウトから、とよく言われる。 少年野球からプロ野球まで。 ゲームセットの瞬間まで、絶対に諦めてはいけないのだと。 9回裏ツーアウトランナー無し。 完投勝利目前の岸孝之のチェンジアップを、我らがキャプテン筒香嘉智がライトスタンドに運んで試合は

  • 2018/05/24(木) 横浜スタジアム

    5/24 B3-2D 勝 東 負 吉見 S 山﨑 鮮やかな弾道を描いてライト最上段にボールは突き刺さった。 轟く大歓声を浴びて彼はダイヤモンドをゆっくりと走り抜けた。 我らがキャプテンの球団史上最年少の通算150号ホームランで、交流戦前最後のホームゲームを勝利。 青く染まるスタンドの声援に、彼は笑顔で応えた。 どこまでもブレのない彼の原点の一つに、横浜スタジアムでの悔し涙がある。 2009年7月2

  • 2018/05/20(日) 東京ドーム

    5/20 B10-2G 勝 ウィーランド 負 野上 6本のホームランで大勝。 今週は、昨年大きく負け越したタイガースとジャイアンツにカード勝ち越して4勝2敗。 交流戦突入前、最高の形でハマスタに帰ることができる。 金曜日に続いて、蒼い韋駄天 梶谷隆幸と我らのキャプテンにアベックホームランが飛び出した。 ここ数年、ライトが定位置だった梶谷が、本来内野手登録のネフタリ・ソトの活躍により1番センターでの

  • 2018/05/19(土) 東京ドーム

    5/19 B5-1G 勝 エスコバー 負 田口 1回表。チャンスで回ってきた打席。 ハマのキャプテン、日本の主砲が、国際舞台の日本会場となっている東京ドームで2試合連続ホームランを放った。 一昨年のクライマックスシリーズ以来、BIG EGGの左半分は青く染まっている。 力強い声援を背にして、我らのキャプテンが、本来の力を取り戻した。 5月に入って絶不調。 だが、どんなに辛くても、プレイ中は表情ひと

  • 2018/05/18(土) 東京ドーム

    5/18 B3-6G 勝 菅野 負 石田 S カミネロ セントラル・リーグを代表する右腕 菅野智之を攻略しかけたが、勝てなかった。 チームは東京ドーム今季初黒星。 仕切り直して次戦に臨む。 5月に入って絶不調だった我らがキャプテン・筒香嘉智に待望の先制2ランホームラン。 逆転された後には、キャプテンが兄のように慕う彼の今季初ホームランが飛び出した。 久々のセンターのポジションに入る彼を見て、あの試

  • 2018/05/13(日) 横浜スタジアム

    5/13 B10-3S(7回裏途中降雨コールド) 勝 三上 負 小川 「横浜スタジアムには雨も降るし風も吹く。でもこれこそが野球。原点に戻った気がする」 2006年オフ。小田嶋正邦とのトレードでジャイアンツから移籍してきた仁志敏久は語った。 ベイスターズでも主力として活躍。 若手の良き手本としても、大矢明彦監督からの信頼は厚かった。 午後からの雨が予想される中、プレイボールがかかったこの試合。 C

  • 2018/04/30(月) ナゴヤドーム

    4/30 B1-3D 勝 松坂 負 飯塚 S 田島 ベイスターズにとっては、かつての相思相愛の恋人。 平成の怪物・松坂大輔。 1998年甲子園で春夏連覇。 準々決勝、PL学園との延長17回の死闘。 準決勝、明徳義塾には6点差からの大逆転。 決勝戦、京都成章にノーヒットノーラン。 横浜高校から横浜ベイスターズへ。 逆指名が出来ない高校生は、ベイスターズへの想いを封印してライオンズを経て世界のMATS

  • 2018/04/29(日) ナゴヤドーム

    4/29 B4-2D(延長10回) 勝 三嶋 負 田島 S 山﨑 ドラ1セットアッパー、鈴木博志。 ストッパー、タジ魔神こと田島慎二。 難攻不落のドラゴンズリリーフ陣を打ち砕き、ビジターで連勝。 ナゴヤドームが鬼門だったのは、もう過去の話だ。 ヒーローインタビューには、連日のキャプテン筒香嘉智。 その決勝打の背景には、2度のノーアウト満塁を凌ぎきった投手陣の奮闘があった。 6回裏はハマの二刀流 ジ

  • 2018/04/28(土) ナゴヤドーム

    4/28 B6-1D 勝 井納 負 小笠原 序盤戦のひとつのヤマ。 ゴールデンウィークの9連戦がスタート。 ベイスターズ先発は石田健大。 ドラゴンズ先発は小笠原慎之介。 開幕左腕の痺れる投手戦。 8回表。 この日スタメンを外れた神里和毅のヒットからの1アウト満塁のチャンス。 打席には、我らのキャプテン。 小笠原慎之介の115球目を力強く弾き返し、走者一掃のツーベースヒット。 試合を決める主砲の一撃

  • 寒~い負け試合、、

    この土曜日・・寒い寒い日に、、 広島へカープの応援に行ってきました! VS横浜DeNAベイスターズ戦! リポビタンマン、ファインガールより 両チームへ『リポビタンD』が贈られました♪ 広島先発はジョンソン! 横浜はバリオス投手! 試合が動いたのは・・ 5回表・・横浜の嶺井選手がレフトスタンドへ 2ランホームランでDeNA先制! 続いて倉本選手がタイムリーヒット で3点に、、 6回表・・筒香選手犠牲

  • 侍JAPAN🇯🇵 VS オランダ🇳🇱 in 東京ドーム⚾️

    大阪淡路島神戸旅行の記事が続いている中ですが・・・ 侍JAPAN⚾️の強化試合の最終戦を観に行ってきました。 友人のご主人が行けなくなり私がピンチヒッターで急遽行くことに。 友人の都合で試合開始後の入場になりました。 しっかりベイスターズのユニフォームと応援バットとI ☆ YOKOHAMAタオル持参です😊 席は、41ゲートの天井席で豆粒にしか見えないと言われていたのですが ホームベース寄りでした

  • 4/2 横浜スタジアム DeNAベイスターズ対広島カープ観戦記

    カープの得点に大歓声をあげるエキサイティングシートのカープファン JR八王子駅から乗って関内駅で下車、横浜スタジアム(ハマスタ)到着 大型ビジョンで試合中継をする「BAYガーデン」 横浜スタジアム 場内案内版 無断帰国したキューバのグリエルの幕がまだ残っていました ハマの番長・三浦大輔 背番号64 ベイスターズの百瀬 大騎選手のモットー? ENDEAVOR=POWER(努力=力) 開場を待つベイス