CANONのムラゴンブログ

  • Canoword mini5 を動かす

     製造から35年、これだけ経過していれば、トランス、コンデンサに問題が生じてくるから、あくまでも動くかの確認を行った。腕に自信があれば、これらの部品交換をしたいところ。  電源投入、プリンタベッドが左に動き初期化、左端にベッドのユニットが衝突する。センサが劣化しているものと考えられる。  液晶濃度調整のボリュームつまみがややお疲れ気味。それでも使える。液晶画面は至って正常。  キーボードは、丈夫そ

  • キヤノワードミニ3使用説明書

     昭和59年発売されたワープロ専用機の取説。  この実機は所有していない。この前年に発売した《ミニ5》を所有している。ミニ3と5は、以下の相違点を除けば、全く同じ性能、形状である。  ミニ3と5の違いは、本体文書容量と、印字品質の違い。5は、約5100文字・24ドットフォントに対し、3は、2191文字・16ドットフォント。5の低価格版かと考えられる。  キヤノンのワープロ専用機は立ち上げると、ロー

  • 幻?のキヤノンプリンタ電卓

     1980年代後半、キヤノンから、プログラムプリンタ電卓が売られていました。80年代後半の電卓カタログや、パンフレットを文具店からもらい取っていました。残念ながら台風の雨漏りで廃棄してしまい、手元にありません。  カタログから記憶している範囲で。   型番 MP-1214   価格 ¥92,000-   機能 14桁 加算器式 14か16セグメント蛍光管   特徴 テンキーの上に小さなQWERTY

  • キヤノワードミニ5

     昭和58年発売のワープロ専用機。30万円切った、個人でも手に入る価格帯になり、保守契約も不要なワープロ。まずは全体像を。  平成8年頃、リサイクルショップでケースと本体、それに説明書(下位機種のキヤノワードミニ3)を購入して約20年以上。インクリボンは入手不可になっているから、感熱紙を用いて印刷。  久しぶり電源を投入した。  電源が入った。印字ヘッドが、経年劣化で左側に衝突する。インクリボンカ

  • シリコンバレーを撮る!キャノンのデジカメ PowerShot S120を購入

    新しいコンパクトデジカメを買いました! 僕が買った CANON/キヤノン Power Shot S120(シルバー) ▼ここから下が CANON PowerShot S120そのもので撮影した写真です せっかくシリコンバレーに行くんだし、 今持ってるカシオの赤いデジカメも もう 7~8年使っているんで 思い切ってCanon/キャノンの PowerShot S120を ムラウチドットコムで買いました