• タイ・バンコク旅行の写真 - 2008年(平成20年)2月

    ▼ワット・ポー(涅槃寺/涅槃寺) 長さ46mの 「涅槃仏」 ▼ワット・プラケオ(エメラルド寺院) ▼ワット・アルン(暁の寺) ▼タイ国王・ラーマ9世 ▼パッポンストリート(パッポン通り) ▼スラム街 パソコン内の写真を削除するため、うまく撮れてる写真何枚かをウェブ(インターネット)上にログ(記録)しておきました。更に詳しくは下記のリンクをクリックして昔書いたブログ記事をご覧ください。   ↓ ↓

  • ホテル感想

    コーディア レジデンス サトーン (Cordia Residence Sathorn) チョンノンシー駅から徒歩圏。wifi速い。小さいが一応窓があった。バスタブあり。ベッド激硬、枕バカでか。うるさいことはなかった。事前告知で11pmくらいに行ったらエントランスが閉まっていて呼び鈴鳴らしても誰もいなかったので途方にくれていたら5分位して受付がでてきた。 モード サトーン ホテル (Mode Sat

  • カフェ CHU チョンノンシー

    トリニティ シーロム ホテル 内のカフェ。btsチョンノンシーから徒歩圏でオサレな内装。

  • オシャレタイ料理

    サワディー! ラブ・バンコクです^_^ 今日はバンコクスクンビット・BTSトンロー駅近くにある(トンロー8) スパンニガというタイ料理屋さんに行ってきました‼️ オシャレタイ料理屋さんです🍽 料金はそこそこしますが味は抜群 飲み物もこだわっているので是非一度行って見てくださいm(._.)m

  • ここまでバンコク。お付き合い下さい(笑)

    こんばんは。 熊正です。 さて、パタヤの続きだけお付き合い下さい。 もう少しゆっくりしたかったのですが、最後にどうしても会いたい人がいたので。 それでなるべくパタヤから帰って来たのです。 またまた登場のD君です(笑) 多分、今回がバンコクで二人が会う最後かもしれないので。 どうしても一緒にご飯をしたかったのです。 自分もまたバンコク行きたいとは思いますが、いつが約束出来ませんし。 D君も自分が来て

  • 昨日の出来事。実は8年ぶり

    こんばんは。 熊正です。 すっかり日本人にあまり言われなくなり始めております(笑) 色白が、、、 そういうのはいいんです。 さて、昨日は朝からバンコク最終日を楽しんで来ました。 なんとなく分かりますかね? はい、バスで2時間ちょっとリゾート地パタヤへ行って来ました。 パタヤは初めてタイに来た時に、一日目に行った場所です。 行きはミニバスというのに乗ってみました。 車内はちょっと狭いですが、静かのは

  • バイバイ、バンコク

    おはようございます。 バンコクから熊正です。 昨日は色々あったのですが、ちょっと時間がありませんので、、、 1週間滞在したバンコクもお昼過ぎの便で後にします。 個人的には、すごくゆっくり過ごした1週間でした。 今日から少し移動が多くなってきます。 これから行くとこは、去年初めて行ってすごく素敵な思い出を頂いた場所です。 今回は何が待っているのか楽しみです。 詳しくは、到着後に報告したします。 昨日

  • 時代の流れに、、、バンコク

    こんばんは。 熊正です。 今日は、いつも訪れていた場所がどう変わったを一日ゆっくり巡っていました。 以前にもトンローの屋台街も今では小規模になり、ひょっとしたら消えていくのでしょうか、、、 過去の写真がないので申し訳ないんですが、、、 まずは、サイアムのワールドセントラルとビッグCの方です。 歩道沿いにたくさんのパラソルがあり、自分のお気に入りのソムタム屋さんがあったなぁ〜って想いに更けました。

  • 初投稿!

    みなさん、こんばんは^_^ バンコクに住むラブ・バンコクです。 今日初投稿します これからバンコクの良さを自分なりの目線でお伝えしていきますので みなさんみてくださいm(._.)m さぁーて初投稿の今日はバンコクのバンナにある メガバンナをご紹介します! バンコクの中でも大きめのショッピングモールで服はもちろん食、遊び、映画館と豊富に揃っていて1日いても飽きません‼️ 広いので人が多くてもゴミゴミ

  • 安定の御飯(笑)

    おはようございます😃 熊正です。 昨日は一本目で寝落ちしてしまいました。 眠い時に寝ないとね。 さて、昨日のこちらはお食事編です。 まずは朝食は、On Nutで見つけたお店を再訪。 安心のワンディッシュに3品。 今回はスープもあるよって言われてつけました。65B。 おかずは高菜を甘くした感じのたまご炒めなど。 同じ色過ぎてよく分からないですよね(笑) でも、ここは辛さが控えめでいいですよ。 あと

  • やっぱりバンコクは好き!

    おはようございます。 バンコクより熊正です。 昨日はお昼過ぎから雨続きだったので、室内でゆっくり過ごしてました。 自分も朝から食べたいと思って(笑) 前日に購入したバンコクで初めて購入したケーキ。 おっさんは甘いのも朝から軽く食えるんですよ(笑) こちらは前日夕飯を一緒にしたDさんオススメのAMORというケーキ屋さんです。 白い方が、ココナッツケーキ。 間にココナツの果肉入りです。見た目以上に甘く

  • 念願のLek Seafoodなどなど(笑)

    こんばんは。 バンコクのまったりと過ごしている熊正です。 さて、今日はスコールだったり小雨が降ったりとすっきりしない天気です。 さて、朝ごはんから何も食べてないので。気になった近所のお店へ。 オンヌット駅のsoi79の角手前にある謎の屋台村。(勝手に言っていますが、、、) 昨晩、駅の上から撮った画像です。 よく分からないので、潜入。 細い路地に屋台が並んでいます。 奥に行くと、、、 池?それをぐる

  • リクエストがあったので(笑)

    おはようございます😃 バンコクから熊正です。 今日も朝からスッキリ起きました(笑) さて、勝手ながらいつもコメント頂いているチューリップさんのリクエストというか、、、 今回1週間泊まっているホテルと周辺情報をお伝えします。 さて、MRTのスクビット線のオンヌット駅徒歩1分ほどのQIU Sukhumvit Hotel に宿泊しております。 場所はこんな感じで、建物を取り囲むようにプールがあります。

  • 欲望のままに、、、

    こんばんは。 熊正です。 バンコク二日目でございます。 バンコクは雨季から乾期へのちょうど境目らしく、今日のお昼前は雷やらで大雨でした。 なので、本当は久しぶりにウイークエンドマーケットに行くつもりでしたが予定を変更しました。 こうなったら、食ってやれーっと。 そしたら、久しぶりに行きたいトコへ。 アソーク駅直結のターミナル21というショッピングモールと上はホテルになっています。 ここは日本人にと

  • バンコクはやっぱ最高!

    こんにちは。 バンコクから熊正です。 昨日、無事にマレー半島縦断の達成感もあり。少しばかりゆっくりさせて頂きました。 ちなみに今回は1週間。バンコクに滞在いたします。 ここでちょっと慣れている土地で身体を休ませようと思いまして、、、 まずは、今回宿泊している場所が両サイドにショッピングモールがあってなかなかのいい場所です。 その分、電車に乗って中心部は遠いかもしれません。 昨日は、ビッグCというロ

  • ホテル雑記

    フレイザー スイーツ スクンビット バンコク (Fraser Suites Sukhumvit - Bangkok) 何の不満もなく。ちょっと駅から遠いか。 トラベロッジ パタヤ (Travelodge Pattaya) ソファーありも狭い。wifiがちょっと遅い。シャワー温度が安定しない。アヴェニュー通れば2ndロードにすぐ出られる。 アレカ ロッジ ホテル (Areca Lodge Hotel

  • ピンクのカオマンガイ屋

    ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム スクンビットから徒歩で2km歩いて到着。 10mくらい並んでたが1人だったので相席ですぐに着席。 タイ人5割、韓国人3割、日本人2割くらいの客層。 鶏肉が柔らかく臭みがない。タレが激ウマ。 btsからちょっと遠い。 雨降ってきたので対面のショッピングモールで休憩。 パラディウムなんとか ここにはあまりいいものがなかった。

  • Fire House

    ファイヤーハウス バンコク Sukhumvit 11 Fire house Burger 370b デカすぎる。2人前。ぎりぎり全部食べてポテトはどうしようもないので持ち帰り。

  • ホテルまとめ

    バンダラ スイート シーロム (Bandara Suites Silom) wifi速い 静か 景色はイマイチで駅から遠く周囲にコンビニがない 浴槽アリだがシャワー固定 LK プレジデント (LK President) 立地以外は文句なし 1日だけ朝方インド人が廊下で騒いで起こされた 印中多め 3rdロード横断がじわじわだるい コラム バンコク スクンビット (Column Bangkok) 14

  • 世界一周旅行: タイ(2回目)編 猪突猛進男の世界一周やらかしブログ

    自由気ままなバックバック旅行! 猪突猛進男(バックパッカー こうの たかのりさん)の世界一周やらかしブログ タイ編(2回目) ▼こうのさんの格言 でも本当に、ターさんはいつも幸せそう。 バスで人と話すときも、仕事するときも、鳥と遊ぶときも、だらだらしているときも。 いつも生き生きとしていて、活気に満ちている。 時には本気で怒り、本気で悲しむ。 時には面倒くさがるが、常に全力の日本語でおれと対話して

1 2 3 4 5