• 名字が変わる子どもに

    🔴名字が変わる子どもに ◯様々な事情で年度途中に名字が変わる子がいます。 ◯保護者から名字が変わる事の話を聴いた時、その子が不安に感じていると教えてくださった事がありました。 ◯保護者の方にも、その子にも私は次のような話をしました。 ◯今までずっと使って来た名字もあなたの大切な名字だということ。 ◯また、新しい名字もこれからあなたが大切にしていく名字だということ。 ◯どちらもあなたにとって大切な

  • 間違いや失敗を出せる学級に②

    🔴間違いや失敗を出せる学級に② ◯間違いを出せる雰囲気作るためには、あらゆる手立てが必要だと前回の記事で記述しました。 ◯ゲームなどの活動を通して伝えることもできます。 ◯間違いや失敗をバカにした発言や笑わないことを話すだけでなく、実感させるためにいろんなゲームを行ないます。 ◯「船長さんの命令」という定番のゲームがあります。「船長さんの命令、手を挙げましょう」と船長さんの命令と言った時だけ実行

  • 間違いや失敗を出せる学級に①

    🔴間違いや失敗を出せる学級に① ◯子どもが発言しにくい状況はどんな所から生まれてくると思いますか? ◯それは友だちの失敗や間違いを周りの子がバカにして笑ったり、余計な一言を言ったりする雰囲気から生まれてきます。 ◯友だちの失敗や間違いをバカにすることを絶対に許さないことを最初に伝えることが大切です。 ◯また、子どもの発言に対して、先生がどんな言葉を使っているかによっても変わってきます。 ◯先生が

  • 学年初め 子どもの個人カルテ

    🔴学年初め 子どもの個人カルテ ◯学級担任になったら、ノートやルーズリーフ、クリアポケットなどを使って、一人ひとりの個人カルテを作成します。 ◯毎日、クラス全員の子の様子はなかなか書けないかと思います。 ◯でも数人なら書けるはずです。「担任日記」のつもりでその子の頑張りや成長、エピソードを記録しておくことをオススメします。 ◯ケンカやトラブルになった場合も記録しておきます。 ◯授業中、休み時間、

  • 学級開き⑥時間を守る

    🔴学級開き⑥時間を守る ◯初めに伝える事の中に時間を守るという約束をします。 ◯チャイムが鳴り終わるまでに着席しておく事を前の授業の終わりに伝えます。 ◯「先生はチャイムが鳴ったら、授業は終わります」 ◯「でも、あなたたちが時間を守らないなら、先生もチャイムが鳴っても授業を終わりませんよ」と話をしておくのです。 ◯次の授業の始まりのチャイムまでにトイレを済ませ、授業の準備をして、着席しておくこと

  • 学級開き⑤厳しくあたたかく

    🔴学級開き⑤厳しくあたたかく ◯私のモットーは「優しいけれど甘くない、厳しいけれどあたたかく」です。 ◯学級開きでは、「叱られたくない人?」と質問するとみんな手を挙げます。 ◯「叱られたい人?」と質問するとみんな手を挙げません。 ◯黒板にニッコリスマイルの絵とオニの絵を描きます。 ◯「先生がどちらになるかは、あなたたち次第です」と伝えます。「あなたたちが先生や友達の話をしっかり聴いていたら、こっ

  • 教室の机の配置

    🔴教室の机の配置 🔶教室の机の並びは、授業の内容によっていろんな形にしています。 🔶一斉指導では全員が黒板を向いた形が一般的です。 🔶学び合いの授業では、友達の話を聴きやすいようにコの字形やグループで机を合わせた形にして意見を聴き合います。 🔶それぞれの形には長所や短所がありますが、どんな授業をめざしているかで机の形は変わっていくはずです。 🔶全員が前を向いた一般的な机の配置は、黒板が

  • 学級開き③子どもたちの自己紹介

    🔴学級開き③子どもたちの自己紹介 ◯始業式の日に自分の好きなことを考えてきてと伝えておき、自己紹介の時に名前と好きなことを話してもらいます。 ◯みんなの前で一人ずつ発表してもらうのもいいのですが、ペアやグループで自己紹介をしてからでもいいと思います。恥ずかしい子もいるので、練習にもなります。 ◯そして、話す人に身体を向けて聴くことの大切さを伝えます。「聞く」のではなく、「聴く」のだと。詳しくは以

  • 学級開き②クラスは「暮らす」

    🔴学級開き②クラスは「暮らす」 ◯よく「黄金の3日間・1週間・1ヶ月」と言われていますが、四月のスタートはとても重要なのです。 ◯このスタートで緩かったり、甘かったりしていると、学級経営が難しくなる場合があります。 ◯始業式の日は学級開きをじっくりと出来ない事も多いので、「本当の学級開き」は翌日からになるかと思います。 ◯まずは、先生自身が「自分を開く」言葉を語ることが大切です。どんなクラスにし

  • 学級開き①

    🔴学級開き① ◯新しい学年になって子どもたちは、どんな先生なのかなぁと期待と不安でワクワクドキドキしています。 ◯最初の出会いはとても大切です。 ◯子どもたちの心を開く「学級開き」の時間にしたいものです。この1年楽しみだなぁ、この先生といっしょに頑張りたいなぁと思えるような出会いの時間にできればと思います。 ◯配布物などもたくさんあるので、残念ながら始業式の日は短い時間しかないかと思います。その

  • 最初の学級通信の作り方

    🔴最初の学級通信の作り方 ◯学級通信を出すことは、たいへんかもしれませんが、それ以上のものが得られます。詳しくは以前の記事をご覧ください。 ◯初めて学級通信を出される場合は、B5か、A4サイズの方が文章量も少ないので長続きすると思います。 ◯始業式の日の第1号には、自己紹介や自分の似顔絵、担任としての「所信表明」(どんなクラスにしたいのか)を書きます。 ◯保護者向けの文体よりも子ども向けの文体の

  • 最後の寄せ書き

    🔴最後の寄せ書き ◯学年最後に思い出に残るようなものを作ったり、渡したりする先生も多いかと思います。 ◯私もいろいろな形でクラスの子どもたちに渡してきました。そのうちの一つを紹介します。 ◯色紙や画用紙の真ん中にクラス写真や子どもの写真を貼ります。 ◯写真を貼る時間がなければ、真ん中にその子の名前を書き、先生から一言メッセージを書いたものを渡してもいいかと思います。 ◯子どもたち全員に渡して、あ

  • 小学校教員に必要な力⑧優しさと厳しさ

    🔴小学校教員に必要な力⑧優しさと厳しさ ◯新任や若手教員の時に学級経営で大切にしてほしい事は、優しさと厳しさのバランスです。 ◯優しさについては、「優」の漢字の意味を使って、前の記事で述べました。しかし、優しさを「甘さ」や「緩さ」と勘違いをしないことです。 ◯「先生〜次の時間は◻︎◻︎しようよ」などと子どもたちはいろんな要望を伝えてきます。 ◯安請け合いをして「じゃあやろうか〜」と安易に乗ってし

  • 小学校教員に必要な力⑥集団指導の基本

    🔴小学校教員に必要な力⑥ ◎集団への指導の基本 ◯学級経営の指導の基本は、子ども一人ずつとの対話にあります。 ◯しかし、離島や山間部の少人数のクラスを除いては、学級には30人前後の子どもたちがいます。 ◯多数の子どもを指導するためには、技術がいります。これがなかなか難しいのです。 ◯個別の対応を優先していると、全体への指導が後手に回り、集団が崩れていく場合があります。それが「学級崩壊」になってい

  • 小学校教員に必要な力④学級経営力

    🔴小学校教員に必要な力④学級経営力 ☆学級経営(1)担任としての目標 ◯学級担任になったら、どんなクラスにしたいのかを明確にすることです。 ◯例えば、「誰もが安心して、自分の持ち味を発揮して、協力し合うクラス」という目標を担任として考えたとします。 ◯その目標を実現するためには、どんな具体的な手立てが必要なのかを考えて、ノートに書き出します。 ◯「安心して持ち味を出す」という目標のためには、「友

  • 教室の席替え2 ゲーム

    🔴教室の席替え2 ゲーム 🔶席替えをしたら、新しいグループになるのですから、協力し合える関係になるようなゲームを行ないます。 🔶3学期のこの時期なら、席替え後に「席当てゲーム」ができます。 🔶新しい座席を覚える時間を1分ぐらいあげます。 🔶答える人を2人〜4人決めて廊下で待ってもらう間に何人かに席を入れ替わってもらいます。 🔶そして教室に入ってから、どこが変わったのかを相談して、答えて

  • 「しなさい」より「おとながする」

    🔴「しなさい」より「おとながする」 🔶「勉強しなさい」「本を読みなさい」「◯◯をしなさい」と子どもに声をかける事は、学校でも家庭でもよくあるかと思います。 🔶その言葉で素直にする子、しぶしぶする子もいれば、言うことを聞かない子もいます。 🔶どんなふうに言葉をかけるかがカギになる場合があります。 🔶いつも教室から抜け出し、授業に参加しないAくん。みんなは図工で楽しく工作をしています。 「教

  • 目標を立てる 大谷翔平選手の目標シート

    🔴目標をたてる 大谷翔平選手の目標シート あけましておめでとうございます。 新しい年の始まりです。365分の1に過ぎない元日ですが、気持ちを新たにする事ができます。 🔶3学期の初め、子どもに今年の目標を書かせる事をされているかと思います。 🔶目標は、できるだけ具体的に書くように指導します。 🔶低学年はその子らしい目標でいいと思いますが、高学年はより具体的な内容を考えて書くことが必要だと思い

  • 学級で紅白歌合戦

    🔴学級で紅白歌合戦 🔶大晦日の紅白歌合戦は、ご覧になりますか? 最近は視聴している人も減ってきたようです。 🔷子どもたちと遠足のバスの中や教室で「紅白歌合戦」をしたら、盛り上がっていました。 🔶真ん中から左と右に分かれて、歌の対決をしていました。 🔶左チームから、全員で何でもいいから曲を決めて歌います。 1人では恥ずかしくてもみんなでなら歌えます。 🔶「ぞうさん」や「ドングリコロコロ」

  • 転入生への配慮 ようこそ

    🔴転入生への配慮 ようこそ ⭐️新学期に転入生が、学級に入ってくる場合、どんな配慮をされていますか? 新しい学校に来る子どもも保護者も不安がいっぱいです。 安心して、来られるような配慮が必要です。 学習はどこまで進んでいるか、前の学校と教科書も違うこともあります。 ◯すでに終わった単元がある場合には、休み時間などで教えてあげる必要があります。 ◯友だち関係がスムーズにいくように座席は、家が近所の

1 2 3