• 国語 作文の授業 原稿用紙の使い方

    🔴国語 作文の授業 原稿用紙の使い方 ◯作文を好きになってもらうことがまずは大切です。文章を書くことは楽しいと思ってもらうことです。 ◯以前の記事で紹介しましたが、そのためには、書き方を教えること、楽しい題材を扱っていくことです。 ◯日記や作文の指導の際には、あまり文法の間違いや字の丁寧さなどに重きを置くよりも、内容面を重視した方がいいとかと思います。 ◯その上で、学年に応じて、文法的なことや原

  • 2年生 国語 詩を読もう 参観

    🔴2年生 国語 詩を読もう 「いろんなおとのあめ」 「空にぐうんと手をのばせ」 ◯2学期始めの単元ですが、授業参観に行なってもいい教材です。言葉の響きやリズムを楽しみながら、詩を読み味わうために工夫が必要です。 ◯この詩の授業の進め方にはいろんな方法があります。 (1)いろんなおとのあめ ①「はっぱにあたって ぴとん」「まどにあたって ぱちん」や「かさにあたって ぱらん」などの擬声語がたくさん出

  • 【高校入試対策】夏の勉強法~国語

    7/20金更新 古文・漢文に関する記述を追加しました。 こんにちは。 家庭教師の、大志 と申します。 ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 引き続き、「夏休みの勉強法」を科目別にお伝えしていきます。 本日は、国語です。 今回も、千葉県公立入試に関して言及いたしますが、国語の出題分野別のアドバイスもございますので、他都道府県のみなさまもぜひご覧くださいませ。 ※おすすめの教材に関しては、書店

  • 学級活動 ゲーム8 言葉当て

    🔴学級活動 ゲーム8 言葉当て ◯ある言葉を決めて、その言葉に関係するヒントを出していき、その言葉を当てるゲームです。 ◯ペアやグループで問題を考えさせることで、国語力がアップします。 ◯どんなヒントを出していくかが、なかなか難しいので言葉の学習にもなります。 ◯例えば 第1ヒント「鏡がたくさんあります」 第2ヒント「イスもたくさんあります」 第3ヒント「机はありません」 さてここまでで答えは見

  • ローマ字クイズ 帰りの会

    🔴ローマ字クイズ 帰りの会 ◯以前の記事で簡単なゲームをして、ハッピーな気分で帰りの会をすることを書きました。 ◯その中の一つを紹介します。サヨナラの挨拶の前に黒板に四角をいくつか書いてローマ字をその中に一文字ずつ書いていきます。 ◯例えば人の名前だと、◽︎s◽︎n◽︎◽︎at◽︎◽︎と初めは書いておきます。 ◯少しずつローマ字を書いていきます。 ◯「分かった子は先生の耳に小さな声で言いに来てね

  • 3年生 国語 ゆうすげ村の小さな旅館②

    🔴3年生 国語 ゆうすげ村の小さな旅館② ◯場面や段落ごとに「ハテナ❓」と思うこと、分からない言葉などをまず出し合うことから始めるのです。 ◯「切りもり」や「親しげ」って何?どういうこと?などが子どもたちから疑問が出てきます。 ◯教師がすぐに説明するのではなく、ペアに返して、考えてもらいます。 ◯国語辞典で調べる事もあっていいのですが、それよりも文を読んで、意味を考え、自分の言葉で説明する力を養

  • 3年生 国語 ゆうすげ村の小さな旅館①

    🔴3年生 国語 ゆうすげ村の小さな旅館① ◯この物語は、場面や段落ごとに読み深めていく教材というよりも、物語全体を通してその世界を味わうことの方がいい教材です。 ◯指導書にもあるように、最後まで読んたら分かる「しかけ」が文中にたくさんあります。その「しかけ」を探すことに主眼を当てた展開でいいかと思います。 ◯ただし、最初、登場人物を押さえる時に、旅館に手伝いに来る女の子は、最後の文にあるように本

  • 漢字の組み立て 部首カード

    🔴漢字の組み立て 部首カード ◯漢字の組み立てとして、部首の小単元があります。 ◯へん、つくり、かんむり、あし、かまえなどの形を押さえてから、それぞれの部首名を教えていきます。 ◯「へん」なら「木へん」「人べん」「さんずいへん」などを書いてから、その部首の漢字を見つけて書いていきます。 ◯二時間扱いの単元なので、最初は教科書を使って、部首の意味を指導するだけで1時限かかります。 ◯ここで子どもた

  • 音読 ペア読み 学び合いの基本

    🔴音読 ペア読み 学び合いの基本 ◯音読にはいろいろな方法がありますが、個々の読む力を高めるには、ペア読みが効果的です。 ◯一斉読みや1人読みでは、個々の読みが間違っていても教師が掴む事は困難です。 ◯席替えをして新しいペアになったら、一番最初に国語のペア読みをすると、とてもしっとりと落ち着いた雰囲気でスタートすることができました。 ◯ペアの子が読んでいる時には、くちびるだけ動かしていっしょに読

  • 1年生 国語 ひらがな②

    🔴1年生 国語 ひらがな② ◯ひらがなの指導は大きく分けると2通りあります。 ◯五十音順にあいうえお順に教えていく方法と、画数の少ない簡単な「く」「し」「つ」「へ」などから教えていく方法です。 ◯どちらの方法も長所短所があります。 ◯どちらにしても、文字を単独で教えるのではなく、言葉を通して教えることが必要です。 ◯「あ」なら、「あさ」「あし」「あり」などの言葉の「あ」を意識させて指導します。

  • 1年生 国語 ひらがな

    🔴1年生 国語 ひらがな ◯1年生のひらがなの指導は、とても丁寧に行なう必要があります。 ◯一度の指導だけで覚える事は難しいので、何度も反復して繰り返し習熟させる必要があります。 ◯おとなが新たな言語「アラビア語」や「ハングル」を覚えなければいけないと置き換えて考えてみるとその難しさが分かります。 ◯一度では到底覚えて書けないはずです。 ◯1年生のひらがな学習は、ひたすら書くだけでは、面白くない

  • 3年生 国語 説明文 自然のかくし絵

    🔴3年生 国語 説明文 自然のかくし絵 ◯この単元で初めて文章のひとまとまりを「段落」と指導する事になっています。 ◯一字下がって書いている所が段落の始まりだという事は、理解できます。 ◯指導書では段落ごとの要旨をまとめるようになっていますが、今の3年生ではなかなか困難です。 ◯全部で12ある段落の全てを要約するには、時間もかかり、面白くもありません。 ◯一部を穴空きにした形でプリントにして語句

  • 国語 想像力 魔法のテレビ⑦

    🔴国語 想像力 魔法のテレビ⑦ ◯3年生の国語で俳句を使って、想像力の授業をしました。 ◯以前の記事で紹介した「魔法のテレビ」の説明をした後、一つの俳句の情景を想像しました。 ◯「母の歌 せんたくものも すぐかわく」皆さんにはどんな情景が浮かびますか? ◯この俳句から「見えたもの」「聞こえたもの」「匂った香り」「感じたもの」を「魔法のテレビ」に映してもらいました。 ◯すぐに出てくるものは、「お母

  • ビンゴで楽しく学習

    🔴ビンゴで楽しく学習 ◯どの教科でもビンゴは使えます。マスを印刷したプリントをたくさん用意しておいてもいいですね。 ◯3✖️3のマスだと9個の用語を書くことができます。 ◯単元の学習に出てきた用語の中からマスの中に言葉を書いていきます。 【国語】 ◯漢字、部首、熟語、本文に出てくる主語など 【社会】 ◯地図記号、市町村名、都道府県名、歴史人物、平安時代に出てくる用語など 【算数】 ◯九九の答え、

  • 3年生 国語 言葉 参観

    🔴3年生 国語 言葉 参観 ◯子どもが出来るだけ登場出来る場面を作ります。 ◯授業参観は、いろんなパターンの授業を見てもらうことがいいと思います。毎回ワンパターンの授業より、子どもの発表がメインのもの、グループ活動がメインのもの、一斉授業でも多様な変化を取り入れて見てもらうことです。 ◯国語の授業参観は、最初に音読を句点や段落ごとにすると、全員が登場出来ます。 ◯また、これまで学習した漢字を一人

  • ノート指導② 視写のススメ

    🔴ノート指導② 視写のススメ ◯たいていの国語の教科書は、最初のページに詩が掲載されています。 ◯詩を音読して声をみんなで出すことから始められるようになっています。 ◯音読だけで終わってもいいのですが、2〜4年生ぐらいまでなら、視写をさせてもいいかと思います。 ◯ノートに丁寧に書くことを最初に指導しておくことが今後につながります。 ◯子どもの国語ノートをコピーして、詩を書きます。 ◯その見本通り

  • 新企画 不登校やなんらかの障害のあるお子さまの学習塾

    こんばんは。 いつも、ご訪問いただき、ありがとうございます。 突然ですけれども…… 実は、これも前々から温めていた企画で。 お店の一画に、こんなスペース作りました。 新入学、新学年、そんな時期ですよね。 おめでとうございます。 あの、私は大学を2つ行ってるのです。 やっぱり先生するなら、学歴も話したがいいかな?と。 普通の大学と、音楽大学。 で、家庭教師から、公立高校受験から、有名私立中学受験まで

  • 国語 大造じいさんとがん⑤第四場面

    🔴国語 大造じいさんとがん⑤第四場面 🔷「残雪は、大造じいさんのおりの中で、一冬をこしました。春になると、そのむねのきずも治り、体力も元のようになりました。」 🔶「魔法のテレビ」でこの一文から残雪と大造じいさんの様子を想像します。 🔶残雪はどんな様子でおりの中にいたのだろう? 🔶「頭領としての威厳を保ち、大造じいさんの手当てをじたばたせずに受けていた」「回復するためにえさも食べていた」「

  • 国語 大造じいさんとがん④第三場面

    🔴国語 大造じいさんとがん④第三場面 🔶第三場面が一番のクライマックスの所です。 🔶読み深めるための主な発問です。 ①つりばりの計略で生けどったがんが大造じいさんになついている様子が分かる所は? (羽をばたつかせながら、飛びついてくる) (今ではすっかりなついていました) (鳥小屋から運動のために外に出してやる) (口笛をふけば、どこにいても帰ってくる) (じいさんのかた先にとまるほどに慣れ

  • 国語 大造じいさんとがん③言語活動

    🔴国語 大造じいさんとがん③言語活動 🔶「単元を貫く言語活動」もいろんな方法を考えてみましょう。 🔶以前、紹介した「ごんぎつね 」での言語活動のように「残雪日記」も作ることができます。 🔶大造じいさんの視点ではなく、残雪の視点で物語を作らせても面白いかと思います。 🔶「残雪とかりゅうど」というタイトルで逆転の視点で物語を構築すると、どんな文章を書けばいいかを考えることができます。 🔶書

1 2 3 4 5