夢のムラゴンブログ

  • 魔法のかけ方をお教えする金曜日

    今日の夢。 めったにやらない(つか、やれない)パチンコが大当たりする夢でした。 パチンコは通常出玉を文鎮かカードに変えて交換所で現金と取り換えます。 ですが、私の夢の中では噛み終わったガムのようなデロデロの物体を交換機に突っ込んでいました。 交換機が故障して係のオッサンを呼ぶと「このデロデロでお買い物できるから」と言うのです。 仕方なしにデロデロの価値もわからないままお買い物に向かいます。 すると

  • 占用

    夢を見ました。 賃貸物件の敷地内に侵入した人、物に対して抵抗する夢です。 頻繁に迷惑行為が横行しており、僕を含め住民たちは困っていました。 ペットの糞やゴミを不法投棄したり、不法に侵入して張り紙をしたり、上空にケーブルを張り巡らせたりする人に対して、正当な理由を伝えてやめてもらうようにお願いする話です。 道路、河川、民地敷地、公共機関敷地、またはそれらの地下、上空に物を置いたりケーブルを設置したり

  • ベルリンのイベントvol.1

    こんばんわ、Awesome Andersonです。 ポエムをお読みいただきありがとうございます。皆さん元気にしてますでしょうか。 私は相変わらずベルリンで生きていますよ。最近は夏本場となり、風景が一変しています。 今回はベルリンで興味深いテーマを持ったイベントがあったのでそこへ出向き、そこで発見して得たものについて共有したいと思い投稿しています。 ベルリンのイベント「Kino Loop」 本日、ベ

  • 一途な恋、その思い出

    夢を見ていました。 僕はまだ10代で、その時好きだった年上の女性と交際していた時の夢です。 何も怖いものなんかなくて、全てをその人にぶつけて常に直球勝負だった頃です。 手元に残しておくような物など何も無くていいと思っていたので、その人に僕のすべてが渡るように手配していました。貯金から、何から、全て。 でもその恋は突然終わりを迎えます。 『他に好きな人ができたの』と言い去っていく彼女を僕は引き留める

  • 帰れない

    久々に怖い夢を見ました。 どんなに頑張っても家に帰れない、のです。 近くまで帰ってきていることはわかるのですが、どうしても家までのルートが思い出せない。住所もあいまいな状態。誰かに聞くこともできず、ウロウロして体力をどんどん消耗していきます。途中で、ああ、これは夢だ、と気づくのですが、目は覚めません。 目が覚めて良かった・・・。 あのまま夢に閉じ込められていたらどうなっていた事か・・・。 今日は支

  • French

    フランス語のささやく声 体が反射的に反応してしまう 抱擁だけでなく 頬へのキス 挨拶に変わりはないのだ 嘘に近い誘惑であっても 美しい笑顔に溶けてしまうのだ 30m先にある横顔 真剣に講義の内容へと耳をすませている 勝手に覗き込みたい気持ちで チラチラと目線を向けていた 帰りのバス停の隣 自販機に彼は立っていた 自然と足は隣に着地させていた 「驚かせたね」 はじめての会話となった バス停にある3つ

  • 書斎にいる作家妖精と羽根ペン

    書斎をついで、 落ち着いても来ていたし、 本棚を見渡してみた。 適当にみつくろった本を デスクにつむ。 形見分けは書斎と羽根ペン。 魔法のかかったそれは、 時折ムカつくことを 自分の意思で 書き留めたりする。 この書斎に住んでいるはずの 作家妖精の姿は見えない。 体が物質ではないのかもしれない。 読書中、 また羽根ペンが勝手に 何かを書き出した。 【それ、読んだことある。  死んだはずのやつが犯人

  • また愛想

    愛想の悪い君 愛想をつかしたのも君? きらきらひかる 夜空を瞳に映し 輝きだした芯間が 聖堂の炎へと導く 花風が吹く頃に あなたはきっと気づいてる 流れ星に願いを託し 恋人の香りが胸元からしてる 冴えた空に雲がかかり 雨はまたいつか晴れるや 雷音は正義をくだして 氷の涙はいつか溶ける まどろんでるかすみの中 夢は私を旅人にした おはようかおやすみ 本の中のしおりの気分 また出会いそう そんな予感に

  • フラワークラウド

    花びら舞う刹那 煌めいた星明かり 風にゆらぐ匂いヴェールで包んで 指先でつむぐ言の葉を殺め 口づけだけが真実だと言い張るの? あきれるほどの幻想を胸に秘めて 夢の中でまどろむ かたわらに 雲の上で あなたを見つけて 太陽なのか月なのか 巡りさまよう さざ波に海の音色 美しい奏でに身を寄せて あなたに届けよ 花曇り この胸に咲いた 満開の華 ー☆ー

  • ありえない

    昨夜は眠れず、朝のモーニングショー序盤だけ観て仮眠をとりました。 2~3時間でしたがよく眠れたと思います。 夢の中で日米首脳が「対等に」交渉をしていました。 中国の事、韓国の事、北朝鮮の事などなど・・・。 難しい事柄ばかりですが、どちらの首脳も積極的に意見を出し合い、活発な議論がなされていました。 「対等に」。 そんなこと「ありえない」のが事実だと知っているのにこんな夢を見るなんて、僕はまだどこか

  • 光の末裔

    黄緑色の液体で満たされたガラスの 円柱の中に、彼女はいた。 気泡の水玉に光が宿るのを見つけ、 内心綺麗だと思ってしまった。 僕の存在に気づいたのか、 眠っているように見えた彼女が うっすらと目を開け、 僕を見つけた。 機械を通して彼女の声が聞こえる。 「《ばんちゃん・・・?やっぱりだ》」 彼女を探しに出てだいぶがたつが、 おじさんとも呼べる 年齢になった俺に比べ、 彼女は美しい少女のままだ。 「《

  • ZOO

    動物と触れ合える時間 ポプラの綿毛が風に舞い包む 木柵の扉を開けて進む 走って近づいてくる一匹の子ヤギ 私の前に立ち止まれば 撫でられた額に沿ってゆっくりと身震いする 犬に触れるような感覚だ えさを求める兄弟たちは走り回る 散歩を共にしている気分だ 刈り取られた羊毛が少しばかり地面にある 背丈を同じにして微笑むと 後ろから突然角を押し付けられた えさを求めてやってきたやんちゃたち 二匹の子ヤギはく

  • 娘の夢![腰痛、膝痛、ダイエット専門 宮崎市 高鍋町笑ごころ 整体院

    娘の夢![腰痛、膝痛、ダイエット専門 宮崎市 高鍋町 笑ごころ 整体院 宮崎県宮崎市、高鍋町で唯一の根本改善専門整体院 笑ごころ 今回は、娘が語った夢についてお伝えしていきます。 当院はカラダの骨格を触るだけでなく、カラダの中から良くすることを目的にしております。 体が健康になる話ではないので無理にみないでくださいね。 ↓↓↓ 娘の夢 整体院 笑ごころでは 私一人で施術に携わらせていただいておりま

  • Snake and You

    瞳の奥に吸い込まれた 垣間見えた人間性に惹かれていった フレンドリーで 気配りもできる 体が熱くなるような 刺激があった  意識はその程度に留めたつもりだ 今日もアルコールを取り入れる 突然悩みを告げてきた 苦しそうな表情を浮かべている 悩みを告げたのは君が最初と言われた 大人らしく振る舞った 悩みに触れたと同時に ハンガーに吊るされた気持ちがあった  なぜそれを私に伝えたのだろう 他の人ではダメ

  • めたんこかわいいイラストを描いてもらった月曜日

    今日は昨日に引き続き調子が悪いんです。 朝ごはんを食べず、お昼は冷やし中華。 「1玉で大丈夫です」 「え?Σ(°Д°;)大丈夫なの?足りないんじゃない?(´・ω・`)」 いやいや、そんなに食べられない(;^ω^) 退院したての頃は3玉食べてましたけど今はそんなに食べられない(;´・ω・) アイスも冷たくて美味しいんです。 普段は好んで食べないけれども今ならガリガリ君も美味しく食べられる気がする。

  • Frisbee

    曇り空が異様に広がり始めた スマホの表示には晴れマークだけだ 視線の右側には草をすする数羽のスズメ ベンチを横切り私を通り過ぎた えさを探し求め 人間に近寄ろうとする共存動物 可愛いと判断を下す人間の価値観とは違う世界があるのだろう 涼しい風が体を締め付けるようにまきつき ポテトチップスをかじりはじめた 青いシートに敷かれたリュックサックから ビールの瓶が音を立ててずれる 数年ぶりのフリスビーに笑

  • ◆An Illusion of Woodland

    An Illusion of Woodland Water River Nature Woodland Tsurugi Warrior Flowers Nag An Illusion of Woodland 木こりの宿に arrive  itemを揃えて 膝に薬を塗って ルビーを探しに行く An Illusion of Woodland 妖精の導き 路が青く 優しい光 孤独吸い上げ 森林がさざめき

  • 夢でも会えない

    こんばんは。 今日も1人の夜ごはんです。 最近ちょっと気持ちも落ち着いたかな?と思いながらもやっぱり寂しくなる。 そして夫に会いくなります。しかし叶うことは出来ない。ならせめて夢に出てきてくれたらと思っていますが、最近全く会えずじまいです😔 この間ブログで書いたあの時は3日連続夢で楽しく話をして、とても嬉しい気持ちになれたのに。 どうしてなのかな?念じてみようかな?なんて思っていたんですが。 夢

  • G W M A G I C

    ジャズのさえずり 体から溢れる振動が柔軟を帯びる スマホを薄眼で探し 目覚ましが鳴る前に消す動作をする 「起き上がれません」 日本ではゴールデンウィークが作動中 「なんでもいいや」 あっけらかんとしたあくび キッチンまでの距離が遠いと気づく 靴下の袖を急ぎ足ですすぎ 革靴に足を運び ドアを強く閉めてしまった瞬間 今日もまた始まる 新しい一日 仕事までの道のりにエキスを加えよう イヤホンをセットする

  • Color and Pastime

    各国の旗がひらひらと風に揺れ 日差しと青空が色彩を生み出した 階段を掛け終えた少年は カーキ紫のスポーツシューズに力を込め歩き始めた 白いテントと茶赤のグラウンドレンガ 鉄板の煙と 揚げたてのポテト 望遠鏡を覗き込んだ瞬間 辺りには色とりどりの野菜と果物が並ぶ 今日はマーケットなのだろう きゅうりの緑 なすの濃い紫  スイカの薄い緑 アスパラガスの白 たまねぎのだいだい トマトの赤 オレンジのオレ

1 2 3 4 5 ... 19