自死遺族のムラゴンブログ

  • 遺品整理

    引っ越しまであと半年あるけれど、少しずつ家の中を整理しようと片付け始めた。 問題は息子の部屋の片付けだ。 息子が居なくなっても息子の部屋はそのままにしている。 ベッドも布団も、テーブルの上も、本棚も着ていた服も、全てが息子が生前使っていたままにしている。 息子が使っていた歯ブラシもお箸も食器も何一つ... 続きをみる

  • 共感覚

    次男が中学生の時に、学校の役員を引き受けました。その時の役員のお母さんの一人が「○○くんのお母さんって、人を見ると色がついて見えるんだって。物を覚える時も色で覚えるらしいよ」と言っていました。 非科学的な事が大嫌いな私。 それを言ったお母さんも、「色が見える」と言ったお母さんもただ単に「危ない人」に... 続きをみる

  • 人生トントンなのか?

    以前ブログでも、ハンカチ王子の事を書きました。 もてはやされていたのが、厄介者になるのは苦しいんじゃないかと。 作家の高村薫さんが賞をもらった時のコメントを先日ふと思い出しました。 「人生って、良くも悪くもトントンだと思うんです。私は教師運や受験運はあった。しかし、とことん家族運がない。身の回りの人... 続きをみる

  • 第2章のはじまり

    息子が居なくなってから、私の人生は変わった。 この1年半、ずっと靄がかかっているような毎日を手探りで進み、時折、暗闇の中に突き落とされ、迷子の子どものように泣き叫ぶ。見えない息子の姿を探し求め泣き叫ぶ。 当初に比べ、心穏やかな日も増えたけど、急に当時の苦しい感覚に引き戻され、悲しみに打ちひしがれる日... 続きをみる

  • 悲しみの中で

    次男に自死されてからショックで、大好きだった本がまず読めなくなりました。文章が頭に入らないのです。 新聞記事ですら、読み通せない。 また新聞記事に自殺などの文字や、警察などの単語を見つけるとクラクラしました。 また私には、次男の思い出を聞いてくれたり、話せるパートナーもいないのです。 そんな中リハビ... 続きをみる

  • 夏のおわり

    夏もあっという間に終わり。 小さい頃、夏休みに家族みんなで 毎年旅行に行きました。 そんな事を思い出します。 ジブリのオルゴールのCDを買ってもらって 帰りの車の中で、聴きました。 今でも聴くと涙が出ます。 家族みんなでご飯を食べたり、 お出かけしたりした記憶が 数える程しかないので、 私にとっては... 続きをみる

  • これからも元気で

    8月もあと一日です。 私の職場で、一人8月いっぱいで辞められる方がいます。 私の休みの日に出てくださる方なので、ほぼ会うことがなく4年間頑張って下さいました。 私より10歳位年下の方ですが、仕事もきっちりされていて独身の方ですが、他の勤務場所と合わせて週に3~4日だけ働いていました。 辞める段になっ... 続きをみる

  • 26回目の月命日

    ゆうとを想い過ぎて想い過ぎて… 月命日の日に夢にゆうとが出て来てくれた 目覚めた時に涙が…ゆうとだ!! 内容はあまり覚えてないけど確かにゆうとがいたね 亡くなってから初めてみた夢は幼い頃のゆうとだったけれど、最近は中学生位だった 私の誕生日の日にも蔓延の笑みを浮かべて来てくれた この時にと絶妙なタイ... 続きをみる

  • 今日はいい日になりました

    今日、人生の大先輩からプレゼントをいただきました。 ずっとここ数年「ついてないなぁ」と思い込んでいましたが、一気に幸せな気分になりました。 それを入れるためのものを買いに行きました。他の物も買ったので、電車で大荷物。 電車自体はすいていたのですが、ちょこっと迷惑。 でも隣に座ったご年配の方が「もう一... 続きをみる

  • フラッシュバック

    車を運転している時や、ふとした時に 苦しい記憶や感情がよみがえる時がある 警察から連絡があった時の事 警察署でゆうとと対面した時の事 動かなくなった我が子 触ったら頬は氷のように固く冷たくなって 変わり果てた息子を見て声をあげて泣いた時の事 呼吸が苦しくなって もう一度体験しているように生々しく思い... 続きをみる

  • 生きていたら27歳 誕生日おめでとう

    あの日から 生きていたら…となってしまった ゆうとが生まれた8月15日 予定日を2週間過ぎて陣痛促進剤を使ってようやく生まれて来てくれた 今でも鮮明に覚えている こんにちはって小さい手と私の人差し指で握手したよね まさかこんな事になるなんて思いもしなかった 私よりも長い人生を歩んで欲しかった ゆうと... 続きをみる

  • 自分らしさ

    最近、開店当時から買い物に来られてる 顔見知りのお客様に 「あら~久しぶりねぇ、元気にしてるの?」 といった声をかけてもらっています 息子の事がある前に、接客からベーカリーの業務に配置転換になったのですが、(あくまでも店側の都合です) 忙しい時は接客の手伝いにも駆り出されていました 昨年の梅雨時に、... 続きをみる

  • 天使達との愛おしい時間 3ピース 散歩

    今日はやっと晴れ…暑いそれでも風は心地良い。 ツクツクボーシの鳴き声を時々聞くようになったよ。 母さん達の世界は、後もう少しで秋が来るから「頑張れ❗️」そう言っているようです。 貴方の世界は、今どうですか?穏やかに笑顔で過ごせてますか? やっと次男も3ケ月を越え初散歩を始める事にしました。 少し不安... 続きをみる

  • もう帰るんだな

    お盆も終わります。 まず豪雨被害の方にお見舞い申し上げます。 そして現在、大雨の地域の方、命は一つですので十分お気をつけ下さい。 今年のお盆は雨風が強く、迎え火も送り火も無理。 低気圧で頭痛もひどいし。 今回はお花も早目に準備したし、ゆっくり家で過ごしました。 次男が天国に帰る時にぬれないように、傘... 続きをみる

  • 大切なことに気づかせてくれてありがとう

    日航機墜落事故から36年 一瞬にして大切な人を失った遺族の方々 こんなかたちで亡くなった方々の無念の気持ち 36年経っても悲しみが癒える事はないと思う 昨日ニュースで 遺族の方が書いたと思われる灯篭の映像が写っていた 「大切なことに気づかせてくれてありがとう」 一瞬だったけど目を奪われてしまった 普... 続きをみる

  • 金と銀のカノン

    昨日の小田急線の無差別切りつけ事件を目にして気持ちが暗くなりました。 お怪我をされた方々が早く治りますようにお祈りします。 「勝ち組の人が憎かった」と容疑者は言っていたとか。 もう40年近く前の「金と銀のカノン」という漫画を思い出しました。 主人公は、美人でピアノの才能がありあまるほどありました。た... 続きをみる

  • 言っても仕方ないけど

    非常にくどいけど、私は元夫がもう少しまともであったら、「次男は死ななかったのではないか?」という考えから離れることができません。 どんな仕事にせよ、普通に働き夫婦で子どもを育てるという当たり前の事ができていたら今、私は違う景色を見ていたのではないか?毎日、時間があるとこの考えにとらわれます。 先日、... 続きをみる

  • 25回目の月命日

    夏の熱い空 月が見え輝く星空 空を見上げる度 あぁ本当に居ないんだって肩を落とす 2年が過ぎても 息子を失った後悔や悲しみ苦しみは癒える事がない もう一度やり直したい もう一度生まれた日から子育てをしたい こんな事になるなんて夢にも思わなかった 悪い母親で本当にごめんね 大事な息子を死なせてしまった... 続きをみる

  • 涙そうそう

    自分が「年とったなぁ」と感じることの一つに音楽があります。 曲自体は素敵でも、歌唱力がないミュージシャンが多すぎて...。 伸びやかな声の方の歌を聴きたくなります。 岩崎宏美さん、大橋純子さん、布施明さんなどの歌声を聴くとほっとします。 夏川りみさんもその一人。 この時期は「涙そうそう」をよく聴きま... 続きをみる

  • 望んでいたもの

    今は気ままな一人暮らしです。 誰かのためにご飯を作る事もありません。 だから、かなり量を少なめにして作っても余ってしまい、いつまでも食べ続けなければなりません。 それが嫌なので、気分転換に時々一人で外食します。 次男との思い出の場所には行けないんですが、新しいお店には比較的一人でも行けます。 ただコ... 続きをみる

  • スズランテープとぬいぐるみ

    次男の仏前には陶器でできたウサギの置物があります。 これは、次男の「DNA がご遺体と一致しました」と連絡があったのと同時に届いたのです。 雑誌で一名だけにプレゼントの物があたったのです。 何か不思議な縁を感じて飾っています。 次男は怖がりだけど、動物が好きな子でした。 私の信念として「手間もかけず... 続きをみる

  • 嗚呼 人生が二度あれば

    かりゆし58というバンドが好きです。 昭和の人間だなと思うのは、やはり歌詞に意味がある曲が好きなんです。 いつからか、バンド名は横文字で、日本語の歌詞だけど言葉だけ追うと、何言ってるか分からないという曲が増えました。 かりゆし58は、そんな中でも歌詞がとてもいいのです。 彼らの曲で「嗚呼人生が二度あ... 続きをみる

  • 息子の友達からの手紙

    ゆうとの遺書には高校からの友達への メッセージもありました 俺の中で1番仲良かったKには幸せになってほしいって心から思っている 凄い友達思いでもっと自分の事も大事に考えてね ゆうとのiPhoneには写真の中に沢山Kちゃんが映ってました 私の元にKちゃんからの手紙が届きました 体調崩してませんか? 思... 続きをみる

  • 熱海の土石流

    私の出身地の近くの熱海。 先日の土石流の被害を見ると心が痛みます。 ここでも何回も書いていますが、そんな事になるとは思わずに前日も過ごしていたはずです。 災害が起こるとテレビでは「身を守る行動を」とさかんにいいます。 また「ハザードマップを見て確認して」ともいいます。 でも、人ってそんなに「ここ危な... 続きをみる

  • Pale Blue

    出来ることなら いつまでも 一緒に居たかった どれだけ生まれ変わろうとしても 意味がないくらい 世界はこれまでも何ひとつ変わっていないのに 君を失ったあの日から見える景色や 目に映るものは まるで変わってしまった どんなに大切な存在だっかと打ちのめされた 突然に愛する人を失うってどんなに悲しいか…。... 続きをみる

  • 貧困

    コロナ禍で貧困問題が更にクローズアップされています。 貧困を考えた時に私は次男が小さい頃遊んでいた、あやのちゃん(仮名)を思い出します。 小学校に次男が入学した時に登下校が、同じ方向だったので、あやのちゃんと次男はよく遊んでいました。ある日、次男があやのちゃんの家に遊びに行きました。 帰ってきた次男... 続きをみる

  • 常識

    先日、ニュースで「マスクつけてない」云々で、口論となり殴った人が逮捕されるという事件を耳にしました。 気持ちのいい話ではありませんが、私も「マスクをつけるのが常識」になりつつある今、忘れたり、途中でゴムが切れたりした場合用にいつもスペアをひそませるようになりました。 今日も、認知症のお年寄りを娘さん... 続きをみる

  • 三回忌 今までありがとう

    6月24日 三回忌 あの日から2年が経とうとしている まだ生きていて帰って来るような気もする 本当に居なくなってしまったんだろうか…。 この現在が夢であって欲しい 今も尚 悪い夢の中に居るような気がする でも今日は感謝を伝えたい ゆうちゃん 今までありがとう 私の子供に生まれてきてくれてありがとう ... 続きをみる

  • 人を許すという事

    もともとが激しい性格のせいか、人を許すという事ができません。 許せない人がたくさんいます。 まず私達を捨てて働かなくなった夫。 私を平気で傷つける親。 小さい頃に私をいじめた人。 もっと広い意味で言えば、オリンピックを強行しようとしている政府。 人をひき殺しておいて「悪くない」といいつのる池袋事件の... 続きをみる

  • ラーメン🍜🍥

    小さい頃からラーメンが好きです🍜 作るのも食べるのも好き。 だから、図書館から「ラーメンのうまい店100選」みたいな本を借りては「美味しそう❗」と読むのも好きでした。 次男が小学校高学年の頃、一緒に図書館に行った帰りに、電車でラーメン本を広げ「ねぇねぇ、今度ここに食べに行かない?」と言ったら「それ... 続きをみる

  • 特別な6月

    ゆうとの命日6月25日 旅立ってから2年になろうとしている 月半ば頃からゆうとは自殺の仕方の検索をしていた 煉炭 ドリエル 酒 ネット通りに準備をして逝ってしまった ゆうちゃん 怖くなかったの?! 私はゆうとのあとを追いたく何度か考えたけど怖くて出来なかった 怖さよりも決意が固かったのかな 6月が近... 続きをみる

  • 天迄届けハッピバースディトゥユー

    6月13日晴れ…風も心地良い空気も美味しい気がする。 天使達からも「おめでとう🎁🎂🎉」の声がする。 ベランダの花は、殆ど枯れモードだけど紫陽花が少しづつ花が咲き始めてる。 色とりどり真赤、紫、水色未々沢山咲いてもっと紫陽花で一杯になるよ。 ちゃんと天の隙間から見えてるかな… ライトの輝1つ1つ... 続きをみる

  • やり残したこと

    こんばんは、彩乃です。 やり残したこと。かなうかわかりませんが。 母が死んだ現場に横たわって号泣すること。 母が死んだあと、父親との異様な雰囲気。 そして私の避難生活。 ついぞ、現場で思いをぶつける機会が一切なくて、いままで来ました。 このまま機会がないかもしれません。 私がながく生き延びれば、その... 続きをみる

  • 死なれるよりマシ

    私の職場の同僚の事です。 彼女は、お子さんは娘さん一人。 現在、23歳です。 大学を一浪して入って、わずか1年で中退、その後、専門学校に入ってやはり一年で中退、現在はアルバイトしながら自宅で通信教育をやったりしているようです。 だから、同い年の子などは社会人になっており、同僚いわく「いつまで、お金だ... 続きをみる

  • 勇気

    昨夜のNHKスペシャル ご覧になった方はおられるでしょうか 「あの時に、5分でも10分でも話を聞いていれば………」 公共の電波に乗る事を承知の上で 自死遺族であることをあかして インタビューに応じて 取材を受けて下さったお父さん 隠れて日々を送る私のような親の代わりに 気持ちを代弁して下さった事に ... 続きをみる

  • いいなぁ

    「いいなぁ」は、私の中で禁句にしている言葉の一つです。 これを言い出すと、気持ちが後ろ向きになり悲しくなり、泣きたくなるからです。 泣くと更に悲しくなります。 あの人は、健康でいいなぁ。 あの人は、優しいパートナーがいていいなぁ。 あの人は、働かなくても余裕があっていいなぁ。 あの人は、親と仲良しさ... 続きをみる

  • たどりつけない場所

    私の好きな半崎美子さんの曲の歌詞で「声を枯らして泣いてもたどり着けない場所がある」というのがあります。 もちろん、次男のいるあの世も「たどり着けない場所」ですが、私がなかなか足を踏み入れる事のできない場所の一つに、二駅先のショッピングセンターのバッグ売り場があります。 次男が本意ではない大学に行かざ... 続きをみる

  • お酒を飲む量がどんどん増える

    心療内科の先生に なるべくお酒を飲まないようにね って言われているけど… 飲まずにはいられない 眠れない時は眠剤飲んで でもお酒はダメよ でも飲みたい 私はアル中? アルコール依存症? 5年前にタバコをやめたから お酒だったら飲んでもいいよね って感じでいたら どんどん増え続けてしまった ビール飲ん... 続きをみる

  • 空を見上げて

    ゆうとが亡くなってから空を見上げる時が多くなった 今までは空を見上げる事なんかなかった あの空に君は居るのかな 沈む夕陽を眺めながら、JUJUのまた明日を聴く また明日あなたを抱きしめる約束さえ出来ないなら 今はただ限りない愛であなたの事包みたい あなたに本当の愛伝えられていたのかな どんなに遠く離... 続きをみる

  • イチゴ狩り🍓

    私の家の近くには、イチゴ狩りができるハウスがあります。 電車で帰る時に、このビニールハウスが見えると泣きそうになります。 次男は、とてもイチゴが好きな子でした。 長男とは4歳違いなので、次男はいつも上の子の行事に連れていくだけで、長男に比べたら行く場所も少なかった気がします。 だから、彼が2歳位の時... 続きをみる

  • 思い出を乗せた笑顔の幼稚園バス

    今日も快晴暑くなりそうです。 以前通勤時間毎日の様に見掛けてた息子達の通ってた幼稚園バスを全く見掛けなくなってました。 全く見掛けないので…時間が合わなくなったのかなと思っていたのですが 久方ぶりに月、火曜日と2日続けて見掛けました。 以前は、あっ!「息子達が通ってた幼稚園バス」それで終わっていたの... 続きをみる

  • 池袋暴走事件

    何か動きがあったわけではありませんが、この事件の事がすごく気になります。 事件、事故は突発的に起きます。 避けられない事もあるでしょう。 でも、この事件に関しては避けられた話だと思うのです。 都内で生活するのなら、バスやタクシーはたくさんあるし、鉄道だって本数はたくさんあります。 足が不自由なのに車... 続きをみる

  • 23回目の月命日

    来月は三回忌 最後に会ったのは5月19日だった ゆうとを笑顔で見送った あれから2年 まさか、こんな事になるなんて予想もしなかった 色々な思いが渦巻く 後悔しては涙して 毎日同じ繰り返し あの日あの時こうしていたらと 毎日自問自答するけど2年前に戻ることも出来ない 何もしてあげれなくてごめん 助けて... 続きをみる

  • そっくりな高校生

    医療関係者なので、2回目のコロナワクチンを済ませました。 腕は痛みであがりにくいわ、腫れ上がるわ、頭が痛いわ、だるいわで、少し気分が晴れません。 朝からぼよよーんとしていました。 働きたくないわ~と思っていたときに、ラッシュ(東京の人からしたらラッシュではない)の電車を降りる時に、次男とそっくりな高... 続きをみる

  • 忘れていたのに。

    先日、帰宅したら留守番電話が点滅していました。 内容を聞くと「○○クリニックですが、高齢者のワクチン接種の準備が整いましたので.....」という明るい医療関係者の声でした。 これ、別れた夫の母親のクリニックからです。 クリニックに「私の自宅に電話されても離婚して数年たっており、もう関係がないので困る... 続きをみる

  • ここ数日の悲しみ

    2日前から息子を失った当初のような激しくて深い悲しみに襲われています。 まるであの時に引き戻されたかのような、発狂しそうな程の苦しみを感じています。 それは彼の遺した遺書を読んだからだと思います。 1年前、よく読めずにいた遺書を、1年経って再び読んでみようと思いました。 彼の死を受け入れることが出来... 続きをみる

  • 君の最後の言葉

    「もっと普通に、もっと楽しく生きたかった」 君が遺書の最後に書いていた言葉… 本当は死にたくて死を選んだんじゃない。 本当は生きたかったんだよね。 生と死のはざまで君は1人孤独に闘って、 希望より絶望が勝ってしまった。 君は生まれたことを悔やんだのかもしれないけど、 君が生まれてきたことは奇跡で、何... 続きをみる

  • 空も飛べるはず

    以前、拉致被害者の横田めぐみさんのドキュメンタリーをテレビで見た時に、ギョッとした事がありました。 お母さんの早紀江さんが、めぐみさんの合唱コンクールの音源を流していて「めぐみちゃん、ソロパートの部分歌ったんですよ」と言った曲名が「流浪の民」 私はずっとずっと、めぐみさんの帰還を待っていますが、この... 続きをみる

  • どうして助けてあげれなかったんだろう

    ゆうとに会えなくなってから2年が経ちそうな今頃 常に思うのは 離れて暮らしていたけど息子の苦しみをわかってあげれなかった事 死ぬほど悩んでいたのに気付く事が出来なかった事 本当は助けを求めていたのに また、いつもの事だと思っていた事 遺書にあった どうせ死ぬなら早く死にたいとずーっと思っていた そん... 続きをみる

  • トラブルメーカー

    先日、母から電話がありました。 私からは一切連絡していなかったので、3ヶ月ぶり位ですかね。 母いわく「普通に会話していたら急に私が怒り出して、びっくりして何が何だか分からなかった」との事です。 「次男が亡くなった原因に私の性格も関わっている」などの発言は「初めて耳にしたし、母親が娘にそんな事言うわけ... 続きをみる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 11