• 命日

    今日はたくちゃんが彼方に逝ってしまった日。 昨日は2年前の今日はまだ生きて居たんだと考えてたら泣けてきた。 4日には自死者追悼法要に参加してきて。 法要後に茶話会があった。(昨年はお茶とお菓子を頂いただけでお話はそれぞれだった) 茶話会では何グループかに別れ、いつもの分かち合いのように話を聞いて頂く。 そこで私のグループにはお子さんを亡くされ8年や10年以上の遺族の方がみえた。 長年になってくると

  • 病院にて

    私は13年ほど前に、乳腺腫瘍の手術を受けました。 良性のものでしたが、その後も年に一回フォローの検査が義務づけられている状態です。 昨日は、その日だったのです。 年齢と共に、乳房の石灰化が進み 昨日は先生から「気になる石灰化なので、後日麻酔して奥まで針を入れて、調べる検査をしましょう」と言われました。次男が生きていたら「悪いものが見つかって、働けなくなったらどうしよう? 彼の学費が稼げなくなっちゃ

  • 三回忌法要

    6日は たくちゃんの命日なので今日は三回忌法要でした。 前日から長男が帰って来てて一緒に晩御飯を食べた。 旦那は、長男に「お母さんの作ったご飯は美味いやろ?」 「やっぱりお袋の味って良いよな!」って話してた。 食事中に、たくちゃんはご飯をあまり食べず、おがず食いだったよな! たくあんばっかり食べて、お母さんによく怒られてた。って長男が思い出を話しだし。 そんな2人の話を聞いてたら、何でたくちゃんが

  • 目の前の霧が晴れてきた気分

    今日の天気は晴れ☀️ 今日は後回しにしていた用事に電話を かけたり、用事で出掛けてきました。 ちょっと息抜きにデパートに寄ってみたりもしました。 ひとつずつ・少しずつ やらなきゃいけない手続きやらが前に進んできて、やっと 目の前の霧が晴れてきた気分になってきました。 私は、大切な人をふたり亡くしています。 今年の7月に自死した彼(元旦那さん)と 彼と離婚した後に再婚した主人。 主人を亡くしてからは

  • 最近思い出した事

    たくちゃんが小さかった頃、何度か寝顔を見ながら この子が居なくなったら私はどうなるんだろう?と考えた事があった。 何でそんな風に思ったのか、わからない。 今思えば、こうなる事の知らせだったのかも。 お兄ちゃんの時は、そんな事考えた事もなかった。 もしかしたら私の守護霊が教えてくれてたのかも!って考えた。 たくちゃんが大きくなるに連れて、忘れてしまってた。 あの頃の事を思い出していれば・・・今更後悔

  • 書類と手続きと思い出させる

    今日の天気は晴れ☀️ 風が少し強く吹くときもあったけど 太陽が出ていたお陰で バス🚌と歩きの移動も平気でした。 娘👧と役所に行き、 親権者の変更が完了しているので その書類を貰って 銀行に行きました。 銀行では1時間くらいかかったでしょうか。 提出した書類を確認してもらい 最後に私の署名をして終わりました。 やっと・・・終わった😶 3ケ月はかかりました~📝 亡くなった彼(元旦那さん)の口座

  • 日曜日に

    お茶会がありました。 前回と一緒カラオケボックス!(場所は違うけど) 今回も関西方面、関東方面と遠くからの参加者さん達と 全員で8名、天使ママさんでした。 ゲストの葉月さん、始めましてだったんだけど ブロ友さんから聞いてた通りの、女神様のようでほんわか癒される方で安心しました。 葉月さんにはパワーストーンのお話、実際手に取り感触を感じたり。 各方面の神社の神様のお話などなど、色々教えて頂きました。

  • この時期がやって来た

    この花、私はずっと椿だと思ってたら、何と山茶花だったんです^^; たくちゃんが旅立った時、私はこの山茶花の写真を撮っていた、、、 今朝リビングのカーテンを開けて咲いてるのが目に入ってきた。 またこの時期がやってきたのだ、、、 花を見たらやっぱり泣けてきた、、、 そして今日はカウンセリングの日で午前中、心療内科へ 臨床心理士の先生にひたすら話しして沢山泣いて少しスッキリした。 心のモヤモヤ先生にも話

  • 秘密にしてたってどんな気持ち❓

    今日の天気は晴れ☀️ 出掛ける用事がある日は 天気が良いことがありがたい😊 今日は娘👧が彼(元旦那さん)の父親のいる施設に行く用事があるので付き合い、 その後、私の掛かり付けの病院🏥に行くのに付き合ってもらいました☺️ 彼の父親のいる施設に行くのにバス🚌でも 時間がかかるなぁ~😔といつも思います。 昨日、検査の予約をしていて📝ドキドキと緊張しながら病院🏥へ。 検査というのは 血液検査

  • 姉妹

    法要で帰省していた妹。 実家で好き勝手を黙って見ていたのですが 数日間の滞在で、とうとう叱り付けてしまいました。 自分の常識と妹の常識。 常識と非常識。 個々の人間は違うと理解出来ています。 思考も嗜好も何もかも。 妹と絶縁状態になったのは数年前、 母方の祖母が亡くなった時でした。 妹は親戚付き合いを嫌う割に、冠婚葬祭では張り切るタイプ。 迎えに行った私の新車、 後部座席のシートにキャリーの車輪側

  • 幸せの定義

    幸せって何だろう 幸せと不幸せ 母を亡くしてから、普通がわからなくなってしまった。 信じていたもの、価値観 常識、非常識も。 母を亡くすまで、いわゆる普通の家族だと思っていました。 家族間の不仲や諍いも、母を追い詰めるまで、良くあることだと思っていたのです。 母が亡くなる前から、良くしてくれる友達がいました。 母が亡くなってからも何かと気にかけてくれ、食事会にも誘い出してくれました。 有難い気遣い

  • 1年経って思う事

    今日でブログを書き始めて1年になる。 皆さんのブログを拝読し、皆んな同く苦しく、悲しい想いをされてる事を知り 自分だけじゃない。と再確認し。 ブログで自分の気持ちを吐き出し、共感してもらい。 助けられました! そして1番はブロ友さんに巡り会えた事! 同じ家族でもわかって貰えない事や、辛い気持ちを お茶会に参加し、同じ想いをしてる方々と涙し共感して 次まで踏ん張ろうと思える。 このブログを書いてなけ

  • 七回忌

    家族だけの七回忌でした。 お経を上げて頂き、自宅に帰る。 会食も無い、ささやかな法事です。 お経を上げて頂いている間、父はすすり泣いていた気がします。 何年経っても寂しいし、 思い出す都度、辛いんだな……と改めて思いました。 父の全てだった母の存在。 喪失感はどうやっても補える筈もなく 最近では私と会話する機会もだいぶ増えてきました。 以前は口を開けばぶつかり合い。 成人してからも 癇癪で殴る蹴る

  • 告別式②

    火葬場から斎場に戻る途中でお墓に寄りました。 即身成仏の為、四十九日を待たず、お墓に納骨するのです。 母を自宅に戻して頂いた時、お墓の場所を訊ねられました。 斎場の方が予めの下見と、お墓の掃除をして下さったのです。 「芝桜が枯れているのですが、どうしますか?」 母がお墓に植えていた芝桜は、 時期と手入れが出来ないのを考えて片付けて頂きました。 裁縫、園芸、何でも出来る母と違って 私は何一つ出来ない

  • 告別式①

    さよならの朝です。 納棺、出棺、火葬場 お別れは刻一刻と近付いてきます。 お棺の中は母が好きだった物、思い出の品 参列して下さった方のお手紙など…… 宿泊室の冷蔵庫からプリンとアイスを取り出して いよいよ、いよいよなんだな……となりました。 火葬場のバスの中、 母がお世話になった病院を横目に…… 看取りをさせて頂いた日々が、まるで遠くのようです。 不意にお父様を見送ったお友達の 「車窓の外は、何時

  • 喉とストレスと・・・

    今日の天気は曇り☁️ 太陽が出ないと寒いですね😣 曇りだけど洗濯🌀🎽をして・・・。 お昼過ぎにちょっと食料品を買いに 出掛けている間に 自死した彼(元旦那さん)の父親から 着信📱があって、その後ウチに来ました。 用件は(裁判所の件がどうなっているのか❓)ってことと、入院していた時にお見舞いに行ったのですが その時のお返しを持ってきてくれました。 『カタログ』から好きなものを選べるようです。

  • お通夜

    お経を上げて頂く時間になっても 父とお坊さんは控室から出てきませんでした。 斎場の方は直接呼びに行けないので 長子である私に迎えに行って下さい……と 早速のハプニングです。 後に、父を問い詰めたところ 檀家さんでも自死が多い、あの家もそうだ、と 話し込んでいたとのこと。 守秘義務……とも思うのですが、 父は呑気に気にしていない様子。 私が母が自死だと打ち明けられない理由の一つに 父の体裁が含まれて

  • 門送り~斎場へ

    母が自宅を出る朝、 ホテルをチェックアウトしたから、と叔父家族が家にやってきました。 特に妹は、親戚付き合いが苦手です。 門送りも家族だけで、と話し合いをしていた矢先に…… お茶を振る舞ったりとバタバタに拍車がかかります。 「母の好きだった食べ物を持って、斎場に向かって下さい」 咄嗟に、用事をお願いして お茶の片付け、火の元、戸締り。 霊柩車に運ばれる母の遺体…… 妹が乗り込むのを見届けて、父とは

  • 通夜前日

    母が自宅に帰って来て翌日 不謹慎かもしれませんが、私は午後から仕事を入れていました。 シフト的に休めなかったのと 十日後に大きな仕事が控えていたからです。 午前中からお昼過ぎまで 葬儀屋さんとの打ち合わせ、母が亡くなった連絡、と 休む間もなく動き回っていたのを覚えています。 家族葬にする為に、 父は組内に頭を下げてくれました。 私と妹は、遺影に使う写真選び (着物と背景を合成するので、その組み合わ

  • 19日目~物言わぬ母帰宅~

    母が亡くなってからも、大忙しでした。 警察に連絡、規則に基づき検視 その間、裸の母を一人にしなくてはならないのが辛かったです。 その間にも葬儀屋さんへ連絡。 何も考えていないように見えた父の 「〇〇が良い。叔父さんの葬儀に参列した時、綺麗だった」 の言葉で、病院近くの葬儀屋さんにお願いすることとなりました。 病院から自宅に戻して頂くところから、葬儀屋さんが関わって下さります。 病院に相談したところ

1 2 3 4 5 ... 9