地域活性化のムラゴンブログ

  • 気軽にリサイクルできる環境を整えたい

    吹田市がもっと皆さんから選ばれる街になるためにはどうするべきかと考えたとき、他の市で実施していることで、真似ができることは積極的に行うべきではないでしょうか。 例えば、小型家電の処理などです。 小型家電は、PCや携帯電話やデジカメ等が該当しそうですが、 リサイクルボックスを設けて小型家電を気軽にリサイクルしたい 現在、大阪市では、プリンターのインクや家電製品などのリサイクルボックスを設けていますし

  • 吹田市は鉄道の街、これを更に全国の人に伝えたい

    鉄道の街吹田を全国に更にアピールしたい 吹田市は,鉄道の街として発展しました。 かつて、吹田駅から岸辺駅を経て千里丘駅までの間に広がっていた操車場は、戦前は東洋一の規模と言われていました。 その歴史は古く、1923(大正12)年6月1日、大阪を通る貨物や大阪を発着地とする貨物を捌(さば)く一大操車場として、吹田操車場が建設・開業したとされています。 吹田操車場跡地の経過から引用 また、操車場に隣接

  • 広域連合について考える 第2話

    「需要対応型の広域行政」について考える 政策とか公約のようなものを語らず、このようなことばかり語るのはいささかおかしいと思われるかもしれませんね。 私自身、正直手探りでしています。 だから、他にももっとやりようがあるのかもしれませんが、私の得手がある方法で進めさせていただこうと思います。 私の基本的な考え方は、選ばれ続ける吹田市を構築することです。 そして、その一つの考え方として、広域連合と地域連

  • 公共交通空白地域を解消したい

    意外と若い人が多い春日三丁目地区 私が現在居住している、吹田市の春日地区を地区別に見てみますと、旧町内と言われる、春日三丁目に以外と若い人が多いことに気づかされました。 春日四丁目は、公団の住宅の他にも複数のマンションがあり、もう少し若い人が多いと思ったのですが、これは意外でした。 春日三丁目は、旧町内ですが、大型マンションが建設されたことで、若い人の比率が増えたものと思われますが、現在たの地域で

  • 千里ニュータウン地域に於ける新しい交通政策を考える

    高齢化社会に於ける交通政策を考える 改めて、高齢化社会に於ける交通政策を考えるべきではないでしょうか。 千里ニュータウンは、ご存じのとおり日本で最初に整備された地域であり、開設から半世紀以上経過して、街の住民も変わってきました。 開発当初は先進的な試みが多数なされ、特に交通面で考えますと、近隣センター方式、この方式は、スーパーマーケットの出現による流通革命や、冷蔵庫の普及、自家用車保有率の増大等に

  • 【明日16時、いよいよ…】

    写真、全て今日の様子です。 前回投稿をしましたが… ↓ http://enishi-re.muragon.com/entry/48.html いよいよ明日16時に千葉県区間の東京外環自動車道と国道298号線が開通します! ※国道298号線の一部は既に開通済みです。 簡単に豆知識として、 埼玉県の三郷南IC~千葉県の高谷JCTまでの出入口ですが… 1.三郷南IC 2.松戸IC 3.(仮称)北千葉JC

  • 大阪市営地下鉄の民営化を考える

    大阪市営地下鉄の民営化のメリットデメリット 大阪市営地下鉄が4月から、民営化されるとのことで、発表されました。 社名も大阪メトロ・・・正直このセンスのなさには愕然としたのですが、東京メトロの東京を大阪に代えただけであり、マークも・・・、まぁ、その辺は個人的な感想ですかそれをどうのこうのと言うつもりはありませんけどね。 さて、ここで地下鉄民営化がもたらすメリットとデメリットについて考えてみたいと思い

  • 今こそ政治家の信念が試されるとき 人口減少に対しての方策は?

    皆様今晩は、私自身も政治家を目指すと言いながら、肝心のこのblogを更新していないと何をしているのだとお叱りを受けてしまいそうです。 毎週最低1回は更新できるようにしたいと思いますが、今回は、改めて政治家の信念が試されるときと言うことで、私なりに取組みたい政策などを一つづつ提案していきます。 私が目指しているのは、地方政治家であります。 特に、地方の衰退は著しいものがあります。 和歌山市の人口減少

  • 和歌山県営鉄道 廃線部分(和歌山港~水軒)間の活用を考える

    廃止された和歌山県営鉄道 和歌山港~水軒間 現在は、和歌山市から和歌山港駅まで、特急列車のみ乗り入れる和歌山港線であるが、ここで簡単にその歴史を振り返ってみたいと思います。 昭和31年、南海四国航路が開設されたさいの、旅客輸送に和歌山市~和歌山港(初代、後の築港町駅)間が開業 国土地理院 昭和31年頃の航空写真から引用 昭和40年代に和歌山港の拡張整備が行われ、昭和46年3月には、和歌山港駅も現在

  • 地方都市の問題点を考える 第3回

    地方だからこそ、第6次産業をもっと発展させよう TPPの問題などで、農業が壊滅するなどと言われていますが、それ以上に深刻なことは、農業の就業者が今後さらに減る続けるのではないかという問題が言われています。 そして、今一番問題になっているのは、田舎には若年者がいないと言う悪循環になっているといることです。 仕事が無いから都市部に出かけるわけで、結果的には生産年齢人口(子供を産める適齢期の人がいないも

  • 地方都市の問題点を考える 第2回

    人口減社会に備える 地方都市では、若者人口の減少が著しく、各自治体とも大きな問題となっています。 私が現在取り組んでいる三江線と呼ばれる、広島の三次市から島根県江津市を結ぶ路線は現在日本で2番目に利用者が少ない鉄道として廃止が取りざたされている。 実は、この線区は調べてみると昭和50年に開通するまでは、三江南線・三江北線と呼ばれる、二つの盲腸線(途中で線路が途切れるローカル線の意味)でした。 それ

  • 地方都市の問題点を考える 第1回

    市役所や役場は、県や国の出張所なのか? 実は、三江線という島根県と広島県を結ぶ延長110kmのローカル線の存続運動に関わることになりました。 まぁ、私の方から積極的にアプローチした部分もあります。 口の悪い言い方をすれば、そうした運動に参加することで売名行為をしたいんだろうという人もあるかと思います。 そうした人にははっきり言いますよ。 はい、「売名行為です」と でも、それに対して、私は見返りは求

  • おさかな電車に見る地方活性化

    ピンクの電車 この電車を見たことあるだろうか? 南海加太線で走り始めた、「おさかな電車」 派手さが目立つ水戸岡デザインの梅干し電車と比べるとかなり地味だが、観光路線ではなく純粋の通勤路線であるため室内は普通のシートのまま もちろん、シートもお魚バージョンに変更されていたり、釣り革がおさかなデザインになっているなど、そうした細かいギミックはされていますが基本的には大きな改造費を掛けずに改造した電車で

  • 東京都知事選 都民は誰を選ぶのか

    東京都知事選挙、後継者は誰? 舛添東京都知事が辞表を提出して、東京都はまた新しいと知事を選ぶと言う事態になってしまった。これで2期連続であり、いくらなんでもこれは世界から見ても物笑いの種であろう。 まして、東京だけで、発展途上国以上の国民総生産と同等の毛財力があるだけに、言ってみれば日本国の中にもう一つの国があるみたいなもの。 ただし、だからと言って知事が外交する理由は無いですよね。 知事はあくま

  • 地方の活性化を真剣に考える

    和歌山市の現状を自分の足で感じる 昨日、和歌山で勉強会に参加させていただいたのですが、私自身の思いと大きく異なる、後半の先生の講演は聞きたかったのですが、一度帰りますと啖呵を切った以上、何もなかったように戻るのも恥ずかしかったので、その足で和歌山のかつての繁華街であった築地まで足を運んでみた。 想像以上に落ち込んでいる築地 私は、基本どんな地域でもそうですが足で歩く、特に昼間では数多くの路地などに

  • こすもす(秋桜) 勝浦町の花

    道の駅「ひなの里かつうら」前の田んぼに,町の花「こすもす」が美しく咲いている。 今はちょうど見頃だ。 町の花「こすもす」は町村合併30周年を記念して制定された。 町村合併は昭和30年3月1日,旧横瀬町と旧生比奈村が合併し,誕生した勝浦町。 今年は奇しくも勝浦町町制施行60周年である。  写真は道の駅「ひなの里かつうら」前の田んぼ。(H27.10.24撮影)    写真の正面は小松島市櫛渕町方面 写