• センサ+ソフトウェア農業のための Sensors + software for farming

    センサ+ソフトウェア農業のための Sensors + software for farming Sensoren + Software für die Landwirtschaft Capteurs + logiciel pour l'agriculture Combining the power of hardware sensors and software to help small sca

  • ニート43日目(ラ・フランス)

    秋の味覚を堪能したユキです。 先日、台風の真っ只中で収穫したラ・フランスが食べごろになりました。 *収穫後、冷蔵庫等で熟成が必要な果物です。 うちのは生食用なので、シンプルに皮を剥いていただきます。 ん~、美味い。 さくらんぼほどの知名度はありませんが、山形を代表する果物の一種です。 食べるタイミングが難しいのが難点ですが、機会があればご賞味ください。 [ムダ知識] ラ・フランスの食べごろは、実の

  • ニート39日目(美味しいカリアゲ)

    げっぷり。 満腹のユキです。 市営体育館でいい汗を流して、いざ帰ろうとしたらスマホに着信が・・・。 ん?母者? ユキ「なんぞー?」 母者「カリアゲ(刈り上げ餅)をついたから取りに来ないか?」 *刈り上げ餅:豊作祈願的な感じで、農作業の山場を超えたら作る餅のこと(?) *ユキはなんとなくしか分かりません ユキ「おぉー、行くぞー!」 で、2日連続で実家へ。 うひょーい! ぬた(枝豆を潰したもの)餅と、

  • ニート38日目(卑猥じゃないパイプカット)

    背筋、特に肩甲骨の間が疲労しているユキです。 実家の親父から連絡があり、 「農業ハウス立て直して出た廃パイプ(鉄パイプ)、なにか使うか?」 いやー、ニートに鉄パイプ持たせちゃ駄目でしょ。 ・・・ あっ! (スマホを取り出す) (新規就農した友人に連絡) ユキ「ういっすー、時間ある?」 友人「なんぞ?時間なら無くもないが。」 ユキ「さくらんぼハウス用のパイプで廃棄予定のあるんだけど、要らない?」 友

  • 今年のみずかがみを精米しました。

     滋賀県で開発されたお米、みずかがみ。一般財団法人日本穀物検定協会が実施する平成29年産米の食味ランキングで、3年連続最高ランクの「特A」に評価されているお米です。我が家ではコシヒカリ、キヌヒカリ、ゆめごこち、みずかがみの4品種を栽培していますが、昨年はこのみずかがみが一番おいしいと思いました。先ほど、今年のみずかがみを精米してみました。そして、今晩の食卓で味わってみることに!とっても楽しみ・・・

  • 吊るし柿づくり

     我が家は庭にも山にも残念ながら柿の木がありません。ですが、毎年ご近所の方々が柿を分けてくださるので、とてもありがたく頂いています。  昨日、隣村の仲良しさんから渋柿を頂きましたので、早速家内が吊るし柿にしてくれました。  一週間ぐらいして表面が硬くなってきたら揉んであげます。それを2~3回繰り返し、1か月ぐらいで美味しい干し柿の完成です。今から楽しみ!

  • にんにくの植え付け

     家内と二人で福地ホワイト六辺ニンニクを植え付けました。無農薬・有機栽培で毎年栽培しているのですが、その中でも大きく立派なものは種用に残し、この季節に植え付けを行います。  福地ホワイト六辺は薬効成分が多く、血液サラサラ効果や免疫を高める効果があると言われ、お裾分けにも大変喜んでいただけます。  明日は玉ねぎの植え付けです。晴天が続くと農作業が捗り有り難や、有り難や!

  • イノシシのトンテキ、美味💛

     獣害対策で捕獲したイノシシのトンテキ。とっても美味しくいただきました。  ニンニクは無農薬100%有機栽培で自家栽培している福地ホワイト六辺。キャベツもお米もすべて自家栽培。自分で育てたもの、自分で獲ったものが自分の生命になる。これこそが目指していた田舎暮らしです。  自分で獲り、さばいていただくからこそ、いただく命の尊さに深く感謝できる。お米の一粒一粒、野菜の一かけらも、みんな命。私たちは日々

  • ニート8日目(果樹収穫)

    もう、体が限界なユキです。 結構頑張ったっぽい・・・。 腰と背筋が限界なので、明日は少し療養しよう。 ただ、無心で作業をするのはストレス発散に有効だなぁ。 ウォーキングよりも負荷があったので、余計なことを考えている余裕がなく、黙々と体を動かせました。

  • ニート7日目(果樹収穫)

    もう全身がボロボロのユキです。 台風の接近(というかぶり返しの風)で果樹(ラ・フランス)がヤバイということで、実家に緊急招集、早朝より収穫作業スタート。 *ユキの実家は農家です リアルタイム天気予報では、現在風速7m。 うん、こんな状態で収穫作業は初めてだなぁ・・・。 畑への移動中、親と「まずは落ちた実を確認して、傷がないやつだけでも確保」という、非常に辛いスタート。 畑に到着。 ん? あれ・・・

  • 舞茸の佃煮。山里の贅沢!

     裏庭で採れた原木の舞茸の佃煮。庭の梅で梅干を作ったときの梅酢で自家栽培の生姜を漬けた紅生姜。我が家の田んぼで収穫し、手刈り、はざかけ乾燥したキヌヒカリのご飯。町内で無農薬栽培されているお茶。山里に暮らす者の最高の贅沢です。

  • イノシシ駆除

     お昼前に村の獣害対策委員さんから、集落で設置している箱罠にイノシシが入ったから止め差しをお願いしますと連絡が入り、行ってきました。30kg弱の、まだ若いイノシシでしたが、頭部を狙い、スラッグ弾1発で仕留めてきました。  天候不順で稲刈りが思うように捗りませんが、午後は少し風もあり、稲が乾いてくれそうです。

  • 村の獣害対策会議

     昨夜は村の会議所に委員が集まり、獣害対策委員会が開かれ、出席しました。私が暮らす村では稲刈りの時期になると、毎年ニホンジカやイノシシの獣害に悩まされますが、今年は特に深刻です。町全体では総延長200kmに及ぶ防獣フェンス(ワイヤーメッシュ)が山裾や圃場の周囲に張り巡らされていますが、それでもイノシシなどはフェンスの下を掘り、圃場に侵入してきますし、そうしてもろくなった部分はシカの進入路にもなりま

  • ベチャベチャ田んぼで稲刈り

     滋賀の山里に移住して、もうすぐ丸7年。それまでベランダでミニトマトを作ったり、ゴーヤでグリーンカーテンを作った経験しかなかった私たち家族。地域の方々に少しずつ米や野菜の作り方を教えてもらい、最初は機械も貸してもらい、今では約2町の田んぼを耕作しています。  農業機械って結構高価。新品はちょっと手が出せないので、うちの農機具はすべて中古。まず最初の年に買ったのが軽トラと刈り払い機(草刈り機)とチェ

  • 牧場、三年目の夏

    今年の夏は暑いだけでなく雨がほとんど降らなかったですね 未だかつてないほどの干ばつで、雑草もしおれてくるほどでした それでも強かったのはやはり芝でしたね 再生は遅かったものの、枯れることはありませんでした うちには野芝とセンチピート(ムカデ芝)がありますが、どちらもしぶとく生き残っています しかし、種を蒔いてからすくなくとも2年はものになりませんね 一度根付くと強いですが、根付くまでが長い上に発芽

  • 台風21号の爪痕

     9月4日に西日本を中心に記録的な猛威を振るった台風21号。大阪や、私が暮らす滋賀県でも犠牲者が出ました。お亡くなりになられた方々に心からお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。  私の家や田んぼも数十年ぶりと言われる強風によって大きな被害が出ました。苗代用のビニールハウスはフレームが曲がり、散水設備はあちこちで分断、ハウスの中にあったトラクターのガードバーが破損

  • 鹿肉カレー

     昨日の有害駆除で捕獲した鹿の背ロースで美味しい鹿カレーを。無農薬、無化学肥料、有機栽培で収穫した自家栽培の玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、福地ホワイト六辺ニンニク。有機肥料も町の浄水場から汚泥乾燥肥料をいただいています。つまり、カレールー以外のすべての材料が地場産。これこそが田舎暮らしの醍醐味。お米ももちろん自家製。この地区は粘土質なので、耕作には苦労しますが味はどこにも負けません。  山里に暮ら

  • 農業の雑記

    こんちは。みやこ。です。  3連休の初日。かなり暑くなって、熱中症で倒れた方が全国で1500人。大分ではお亡くなりになった方もいるようです。気をつけなければいけません。 遅々として進まない、農業です。 やっとこんな感じ。 一週間ほど前から草を刈り始めて、今日は草を出す作業をしました。 一反(300坪)をほぼ一人でやっていますのでなかなか進みません。 雑木の根が多いのでスコップで掘って根を取り除いて

  • 芝の種まき改【山かけとろろ方法】

    5月下旬に今年も山に芝の種まきを行いました。 昨年度までの反省を活かし、初期成育と活着を良くするためにネットや雑誌で見かけた【山かけとろろ法】なる播種方法を試して見ました。 用意するもの ・播きたい種(今回は野芝1.5kg、バヒアグラス3kg) ・混ぜる容器 ・バケツ ・古新聞1日分 ・のり(今回はアミノールという障子用糊) ・水適量 1 まず、あらかじめふやかしていた新聞紙を水でバラバラにほぐし

  • 農業の雑記

    仕事とは別に貸していただいた畑。 ここは自分が好きに使える畑です。 商売は関係なし。 あれこれ作ってみたいもの、試してみたいことがたくさんあります。 でもまずは、茂りすぎた草の除草から。 約一反(300坪) これを刈り取って運び出します。 中には草以外にも、笹や雑木なんかも生えていて、苦労しそうです。 半分ぐらい刈り進んだところ。 別角度から 力尽きました・・・w 草刈りをなめてはいけません。一反

1 2 3