田舎のムラゴンブログ

  • 安心をお届け ツバメ

    朝六時 玄関の戸を開けると 電線に留まっているツバメさんの 大きな鳴き声、 いつもと違うな 翼も震わせている。 その視線の先にはお風呂場の窓。 アッ、窓が閉じられている~ 今そのお風呂場の電球の笠の上では 巣作りしています。 ま・・・ 狭いところ・・・ もうすぐひながお出ましかな。 わずか2メートルの高さですから、 背の高い人なら楽々手が届くところ いつもお風呂の入ると眺めています。 今日も一日、

  • 夏野菜の代表は、キュウリかな

    今回の野菜シリーズのとりはキュウリ 丸かじりで食べると さっぱりとした歯ごたえもあって 夏野菜らしさを感じますね。 でもキュウリが一番おいしいのは秋 焼けつくような暑さの中で育つキュウリは 最高においしいですね。 まだまだ魔法の筆さんとのコラボは 続きますよ。 いつもご訪問、ありがとうございます。 さて次回はツバメです。キャベツのように大事にはぐくむ ツバメの姿が見れるでしょうか。

  • 何を抱いているの? キャベツ

    キャベツって、 いつも目にしている野菜ですが、 畑の中のその姿は、 何か大切なものをはぐくんでいるように見えませんか? そういえばつばツバメさん。 今、お風呂場で卵を抱いていますね。 ここ、 畑の中でひときわでっかいこのキャベツ 一玉あれば食べきれませんね。 さて、魔法の筆さんのおでまし~ いつもご訪問、ありがとうございます。 次回もおなじみのお野菜、 さて、何でしょう? また、近いうちにツバメさ

  • ギュッとしまっていますね。 ばれいしょ

    今年はカラカラ天気が続いていたので 芋が太っていないだだろうな~ そう思いながらの最初の一株を掘ってみると、 土の中からコロコロっと。 程よい大きさのお芋さんです。 この一瞬、 収穫できてよあった。 これはメークインという品種です。 ツルっとしていて、 皆さんおなじみですね。 ギュッと締まっていておいしそうですね。 皆さんに味わっていただきたいです。 もちろん無農薬栽培です。 さあ、魔法の筆さんの

  • 待ちきれない~  ビワ

    今年も鳥さんたちとの 取り合いが始まりました。 たくさんのビワが実っています。 おいしそうな色合いになってきました。 最も気の早いのがカラスさん。袋掛けしたのですが、 まだ青いというのに 袋掛けしたとたんに狙い撃ちです。 そんなわけで、 二度目の袋掛けのあとには しっかり網かけしました。 カラスさんも手が出せないでしょうと。 その様子がこれ! 粒を一か所で3個くらいに間引いてから 袋かけしている果

  • しっかり抱きしめて ブロッコリー

    今日も一日お疲れ様と お風呂に入って天井を見ると、 電灯の傘の上にはツバメさんが しっかりと卵を抱いています。 じ~としていて全く動きません。 下から見られているのに気が付いているのかな? 畑でもこんな姿がありますよ。 ブロッコリーです。 まるでたくさんの親葉に 抱かれているようですね。 雨上がりのブロッコリーは たくさんの雨滴をたたえていまっした。 さて、魔法の筆さんのブロッコリーは グリーンフ

  • 鮮やか・・ナス色

    旬の野菜っておいしいですね。 久しぶりに夕立。 ブドウや野菜、もちろん稲も喜んでいるでしょう ここ最近は今の時期には珍しくさらっとしたお天気が続き草刈りしたり、 梅の収穫と あっという間の忙しい毎日でしたが、 今日はちょっとお休みしています。 今、茶園でひときわ目を引くのが 鮮やかなナスの🌸 茎も濃いナス色 あらっ後ろ向き、恥ずかしいのかな? しっかりした土づくりができていれば 秋まで収穫できま

  • 待望の雨でした。 水田は満水になりました。 貯水池の貯水率は20%くらいかな? でもこれから梅雨入りだからね。   梅雨入りといえば そう、 玉ねぎやばれしよ、 梅の収穫時期です。 玉ねぎはギュッとしまていて品質は上々。 今回の雨の前に収穫を終えました。 次は梅、 梅雨入りに合わせて収穫です。 収穫量はというと少ないです。 二年連続して剪定作業をおろそかにしてたから、 枝がすっかり込み合ってる。

  • 50代の興味あることって、、。

    こんにちは。蒸し暑くなってきました。 20代の時の興味、関心のあることとは明らかに違う。 まぁ、当たり前だけど。 同じ50代でも子あり、孫ありさんと子なしさんとは 興味、感心ごとは違うと思う。 もっぱら、老後のこと、親の介護、体にいいこと。 貯蓄の問題、ご近所の問題、パート先での人間関係とか。 (この日はお蕎麦にしました。) この間、横浜の姉と東京でランチをしたとき、 もちろん話になったのは田舎の

  • 漂う、ヒノキの香り

    今日は待望の雨です。 まとまった雨としては4月29日以来で、 ホッとしています さて先日のこと。 裏山に行くと、 ヒノキの香りがプーンと・・・ その源はというと、 今日はその間伐のお話です。 いつも山のことでお世話になる 津山さんのお話を聞き、 私もやってみたのが これです。 ヒノキの荒皮をむいて間伐 混み入ったところを間引くのですが、 通常は冬の作業です。 皮むき間伐はタイミングが大事とのことで

  • 今、はじけて  ブドウの🌸

    5月末からブドウの🌸が先始め、 花火のように咲いているのが瀬戸ジャイアン(通称;桃太郎)です。 ブドウの🌸は童話で、桃太郎のお出ましの姿に似ていて、 桃が二つに割れるように🌸の殻が開き、 はじけるがごとく咲きます。 そして、3~4日後には小さなブドウの果実が誕生です。 ☟は🌸殻が取れにくい品種ですが、 茶褐色の花殻と、幼果のお目見えです。 すくすく育ってほしいです。 さて魔法の筆さん、おそ

  • 畑のバラの🌸。。。レタス

    各地の公演ではバラの🌸がきれいでしょう。 こちらの田舎でも バラの🌸のようなレタス。 じっくり見ても、 また食べてもいいですね。 今旬のレタス。 共演している白い🌸は蕎麦です。 シャキシャキ感もお伝え出来たでしょうか? もちろん魔法の筆さんの🌸も 楽しみですね。 いつもご訪問、ありがとうございます。 次回は今満開のブドウの🌸、魔法の筆さんとの コラボがちょうど200回目になるのかな。

  • 甘露の雨を降らしては 五穀の種を結ばしめ・・・

    引用させていただいたこの言葉、ご存知ですか? 弘法大師和讃の中で出てきますね。 神・仏問いませんから どなたか雨を降らして~ 当地では田植えの準備ができないという農家が多いですね。 年間降水量が少なく、小さな谷川や貯水池を水源とする水田が多いのですよ。 我が家では田植えはいつもの年より 10日近く遅いのですが、 何とか終えました。 今思うと、 早くから田植えの準備をしていたら 給水に行き詰っていた

  • ♯104 司書の館を作りました~の3(*´ω`*)

    正確には館より先に作ったのですががが、司書の館に村人さんを送り出す田舎風の施設です(*´ω`*) 鳥と牛を飼って革や羽を生産して、本や羽ペン付きの本を生産して司書との取引に使おうかな~と。 普通の家っぽいけど中では村人さん繁殖中🐤子供ちゃんをトロッコに乗せておいて大人になってから館に出荷しますw テラスからは司書の館と雪の村の1部が眺められます(*´ω`*) なんとなく焚き火なんか置いてみたり。

  • ブルーベリーに網掛け? なるか、一石二鳥に?

    先日の雨のこと、 残念ながら池の水位は変わらずでした。でも 何とか田植えはやらなくちゃ・・・と。 さてさて、 ブルーベリーの虫よけにと、ハーブを混植していました。 そのハーブは元気良くて いつの間にかブルーベリーを圧倒。 そこで、 ごっそり抜き取ってみたら・・・・ 数日後には虫が集中しました。 やっぱり虫よけ効果があったのですね~ きれいに抜き取ったのだからと、 代わりにたくさんの落ち葉と稲わらを

  • 雨を待っているの?馬鈴薯の開🌸

    れいしょの登場です。 赤紫色の🌸は、メークイン 白い🌸は出島(でじま) ばれいしもいろいろな品種が栽培されていますね。 今年はこの二種類を栽培しています。 こんんなにカラカラ天気、 ばれいしょさんも雨を待っているの? 煮崩れしにくい、早生系のメークイン 中生系でポテトサラダに最適な出島。 皆さんはどちらがお好みでしょうか。 🌸がきれいなのはメークイン。 魔法の筆さんはおそらくこちらかな? 雨

  • 雪化粧かな? あれは八朔の🌸

    遠くから見ると 白い綿帽子を振りかけたように見える🌸 今、八朔の🌸が満開です。 確か収穫時期は2月ごろだったかな。 今から咲くのですね。 さあ、魔法の筆さん 白い🌸ってむずかしいだろうな。 さて、こちらは梅さん。 混み合った枝の中ですが、 間もなく収穫時期を迎えます。 いつもご訪問、ありがとうございます。 次回は咲き始めた馬鈴薯の🌸を お届けします。コラボも連載予定です。

  • 各地で大☂雨&強風なのに・・・

    いつもの年だったら田植えしているかも・・ でも今年は、 私のダウンに加えて 雨が降らない~ 当地での雨らしい雨は4月29日以来のこと なんと三週間も・・ 連休の間に娘が水溜を手伝ってくれた田んぼも ほらっ、 田んぼの半分が干上がった。(5月20日現在) 左上の水の無い広いところはひび割れて盛り上がり、 その高さは10センチくらいで、運動会ができるくらい硬いのです。 3~4日ごとに給水していたんです

  • 懐かしい柏餅(かしわもち)

    私が子供のころ、 母が作ってくれた柏餅。 そもそも、端午の節句(5月5日)にお供えとして お米の粉を使ってお餅を作り、 中には粒あんを入れてくれていました。 2枚の柏の葉で挟んで蒸せば出来上がりです。 でも、5月5日ごろにはまだ柏の葉は 生育途中で、 ちょっと今頃が葉も大きくなって 柏餅つくりに最適になります。 裏山の山道沿いには、 まるで 「こっちだよ~」と呼んでいるように 首をのぞけています。

  • 初・初しいアスパラガス

    春の季節の便りをお届けしているうちに いつの間にか初夏の陽気になりました。 私も体調も回復してきたので 農作業もぼつぼつ再開しています。 でも、パソコンに向かっているとだん眠くなって ブログは書くのがやっと。 と言いながら、 今回はアスパラガス。 お店では緑色一色の品物が並んでいますが、 地上に出たばかりの時は赤味を帯びていて とっても愛い初しいです。 そんな姿をお届けします。 緑色の双葉は蕎麦の

1 2 3 4 5 ... 23