• スイミングで背伸び

    久しぶりにスイミング 背筋をグーンと伸ばしてきました。 すっかり体がかたくなっているな~  倉敷屋内水泳センターは毎年12月に行われる 水球の全国大会が開催されるのでよく知られていますね。 ずいぶん久しぶりなので 泳ぎ方を忘れたみたいです。 でも、体は覚えているのですね~ たまたま水泳教室があり、体験入学ができる。 やったー 教室のタイトルはというと 「らくらく四泳法」 当日の練習メニューは背泳と

  • グリーンの🌸レタス

    結球が始まったレタスです。 両手を大きく広げたような苗を紹介しましたね。 それが今 こんなに生き生きしています。 まるで畑のグリーンフラワー。 外食で時々レタスを口にしますが、 甘さを感じるものに出会えません。 みなさんはいかがですか? 見かけだけにならないためには どうすれば。 土づくりの大切がを感じさせますね。 さて、魔法の筆さんのレタス。 いつも🌸そのものですね。 いつもご訪問、ありがとう

  • ほくほく・・・栗

    晴天がやっと3日続きました。 今しかないっと、 残っていたモチ米、 稲刈しようと田んぼに行くと、 第一歩目で長靴がズボリ・・・・ 半分沈みました。 こりゃあ手刈だ・・ そして、手には鎌、 暗くなるまで稲刈りです。 鎌で刈り取って➡束ねて結束➡運ぶ➡ハゼに架ける。 昭和初期の光景です。 三日間連続でやっと終了。 元気でないととうていできない重労働です。 おっと 今日は栗だった。 魔法の筆さん、お先に

  • スクスクと

    先日の台風25号、 24号と一週間違いの連続弾。 参りましたね。 キュウリは年滅。 ナスはかろうじて生き延びているのかな。 どちら様も今回は写真、遠慮してます。 そんな中で スクスク育っているのは キャベツ、白菜、人参、レタス、大根 今日は白菜です。 秋の野菜のうち、 最も虫害を受けやすいのはキャベツですが、 その次といえば白菜かな? スクスク育っていますね・ いつもご訪問、ありがとうございます。

  • コクのある枝豆? 黒大豆

    秋の楽しみの一つは 黒大豆の枝豆 枝豆って専用種があるのですが、 黒大豆の枝豆のほうが 断然 コクがあって甘みも強いです。 もういいかな~と 一株 抜いてみたら、 あらら ぺったんこ まだ早いですね~ 10月末がいいころかな~ 魔法の筆さんの黒大豆はこれ ! いつもご訪問、ありがとうございます。

  • この紅色も...秋色?

    一見 おいしそうなこの果実。 ご存知の 銀杏です。 赤みを帯びてきて、間もなく収穫期。 これも秋色でしょう。 魔法の筆さんもその秋色にトライ・ 株元の径30センチを超える樹が4本 面白いことに 豊作の樹は毎年順番に・・・? まさか・・・ そんな銀杏です。 私もそうですけど 果汁でかぶれないように気を付けましょう。 いつもご訪問、ありがとうございます。

  • この秋を象徴

    台風24号 すごい雨。 でも風はかなりつよいものの、 暴風の手前かな と思いきや バタン、 ゴーゴー とすごい風の音 そして 今は平穏になりましたが、 水田や畑がどうなっているか気になります。 しかしこの24号 この夏の猛烈に熱せられた 太平洋からの申し子みたいです。 また、9月に入ってからは すっきりしない天気ばっかり。 これも申し子かな? 松茸ならいいのにな~ 山裾の木陰に こんなにでっかいキ

  • 見えないところに宝物

    いつもの年はお盆過ぎに植えるのですが、 今年は特別。 だから植え付けはすこしずらして8月末に。 これば今の馬鈴薯。 出島(でじま)です。 スクスク大きくなったのは体だけ。 お目当てのお芋は土の中に。 宝物はまだ卵の大きさまでなっていないでしょう。 このまま放っておくと 蒼い芋になるでしょう。 だから土寄せしましょう。 霜が降りる前まで待ちぼうけ。 でも、 とっても楽しみです。 さて、魔法の筆さん

  • ぼくは元気いっぱいだよ。byネギ

    鍋料理に欠かせない ネギ 寒くなってくるとぐっと甘くなりますね。 今は元気いっぱいの 育ち盛り。 ピンとしているでしょう。 魔法のf筆さんも ほらっ 早生の玉ネギもスクスク育っています。 一方、 稲刈りは、というと、 モチ米を残してますが、やっと一息。 曇天・雨天の合間をぬって、 汗、だくだくの稲刈りでした。 ◎ブドウは残り少なくなってきました。 いつもご訪問、ありがとうございます。

  • こんな天気でも糖度20のベリーA

    ブドウのご用命ありがとうございます。 現在瀬戸ジャイアンツのミックスをご紹介していますが、 この中に同封したい一房、 雨r続きなのに なんと糖度が20度 それがこのベリーAです。 昔の「巨峰」など昭和時代のブドウが姿を消し 大粒&種無しに変わった今でも残っています。 それは、 中粒でも、ブドウ本来の味として 根強い人気があるからです。 さっぱりした瀬戸ジャイアンツと 食べ比べてみていただければ、

  • 明日天気にな~あれ・・🌸蕎麦🌸

    9月になって すっきりしない天気が続いてますね。 でも、 こちらでは日差しの合間をぬて スクスク育っている秋蕎麦です。 真っ白い🌸が次々と、 咲きかけの🌸を 魔法の筆さんが描いてくれます。 じゃ~ん あたり一面 真っ白になりつつありますよ。 品種名は”ヒタチアキソバ” 広さは二か所合わせて 7アール、210坪くらいかな。 鍬で草取りと、 倒れないように土寄せしました。 もちろん、農薬は使用しま

  • 今が盛りの秋キュウリ

    みなさん、ブドウ無事にとどきましたか? さて、 今年三回も登場する 秋キュウリ 7月24日種まきですから、 猛烈な暑さの中で育ちました。 もうそんなこと 忘れてしまってるんだろうね。 キュウリは種まきから50日後から収穫だから、 忘れてあたりまえでますね。 今ではネットの最上部まで生育したので、 先端を摘芯します。 この全盛期の姿、魔法の筆さんは どうとらえてくださるかな。 いつもご訪問、ありがと

  • ペット…かな?^^;

    こんばんは(><) すっかり夜はもう冷えますね(´・ω・`) 体調管理が難しくなってきた今日この頃です…。 無気力状態になりかかっていても出勤してしまうのが私の悪い癖^^; シフトに穴あけない意地は未だ健在の様です…性格って治らないものですね( -᷅_-᷄ ) その意地のせいで前職はパワハラ+過労で体壊しましたが…^^;気をつけなくては…。 さてさて、表題! 通勤途中にあるものが目に飛び込んできま

  • 厳しい夏だったね、シキビさん

    シキビって、 シキミというほうがいいのかな。 「仏🌸花」と書きますね。」 お彼岸に重宝されるお供えですね。 数年前から栽培ができないかいろいろ試しています。 先輩の津山さんからの手助けもいただきながら コツコツです。 挿し木もたってみるものの、 難しいです。 なかなか成長してくれないと思ったら、 挿し木苗を 一夜にして、 イノシシに堀りうがされたりしたことも・・・ さらに、 今年の夏はカラカラ天

  • ブドウのお届け予定は18日夜

    雨天が続いていていますね。 稲刈りを始めた。 イノシシが踏みつけた稲を 手で刈り取った後にバインダーで刈ります。 でもお天気は雨模様。 ちょっと一休みして、ブドウの出荷準備です。 稲の天日干し、 こちらでは「はぜ架け」と言っていますが、 珍しくなってきました。雨の後に撮影しました。 魔法の筆さんもイラストにトライされます。 楽しみですね。 コンバインだと、翌日には袋詰めできますが、 はぜ架けの場合

  • 秘蔵の、南蛮キセル

    まあ、この秋は いろんなことがあって 皆さんのブログになかなか訪問できません。 台風や地震の被災の報せがあっても 何もできなくてごめんなさい。 早く元の生活に戻れることを願っています。 今回はこれを見て一息ついてほしいです。 今、 我が家の風物詩として紹介するものは、 南蛮キセル 田舎でも自生している姿は ほとんど見かけなくなりました。 今年もと、 草刈のタイミングを見計らって 生えそうな場所が

  • 田舎を紹介します👍

    こんばんは🌇 あべ けんです^_^ 今日は僕の地元を紹介します!! 新潟の田舎です👍 18歳の時に上京して、 お盆と正月に帰っています😊 夏は暑く、 冬はとにかく雪が積もるところです(^^; ヤバイですよね…😓 多い時で3メートルほど積もって、 屋根に積もった雪の重みで ふすまが開かなくなるほどです(^^; ま、そんな地域なのでスキーは 必ずやらされます! まだリフトに乗れない小さい頃から

  • 収穫の秋

    やっぱり私も日本人 黄金色に 大きく垂れ下がった稲穂を見ると 秋だなと感じます。 これは早生品種の”ひとめぼれ"です。 今年はイノシシが入った田んぼもあるので すべて手刈とバインダーで刈り取って 天日干しの準備をしています。 コンバインだと簡単なのですが 口当たりと味にその差が出ます。 今年も低農薬栽培です。 殺虫剤を一回、苗の時だけ使いました。 お天気になあれ!! さて お楽しみの魔法の筆さんの

  • やられた~

    収穫をまじかに控えた先日のこと。 田んぼの中が な・ なんとも騒々しい 近くに行くと イノシシが田んぼの中で 遊んでいる これって 写真ではたいしたことないようですが 株元はガタガタ 稲の葉や穂先は踏みにじられています。 見かけの三倍以上の被害 と思っていいでしょうね。 コンバインで刈りとろうとしても 刈り取り爪にかからないので だめなのですよ。 周囲はトタン柵などで囲っているのですが、 どうやら

  • もち直した里芋さん

    みなさん 残暑が厳しいですね。 ブドウ畑のイノシシ柵の点検をしていましたが、。 狸さんの通路の発見しました。 7月豪雨での時にできた水路を使って 通用口を作っていました。 出入口には3枚くらい袋を残していましたので すぐ見つかったのです。 大きな石で邪魔しました。 さてさて、 畑もだんだんにぎやかになってきましたが、 この猛暑でかなりくたびれていた里芋さん ここ最近 元気を取り戻してくれたようです

1 2 3 4 5 ... 18