• これが本当の最後を覚悟するパプリカ

     あきらかに活力がなくなってきた。 夏季におけるもわっとした立体感がない。 そろそろ本当にお終いなんだろうな。 その前に、今、ぶら下がっている果実を収穫してしまおう。 実にまあまあの大きさです。 本当ならば、ここから色が変わるまで待つのでしょうけど、もう待つのは止めました。 後に続く花も咲いてませんし、これで今年のパプリカはホントに終わりでしょう。 ご苦労様でした。

  • 獅子唐と化したパプリカの衝撃的な収穫

    獅子唐として収穫することを決めたパプリカ。  そろそろ終盤の収穫。 その中で、衝撃的な2本をゲット。  大きい! 大きさ的には初めてパプリカらしい大きさ。 やっぱり果実を間引きすべきだったのかも。 いやいや、2~3本しかついてないときも大きくならなかったし。  まだこんなのが残ってる。 でも次あたりが最後の収穫かもね。

  • パプリカの割り切った収穫第二弾

    茶色くなるはずのパプリカを「これは獅子唐だ」と言い聞かせて収穫を始めた第二弾。 数だけは出揃う。 ぼちぼち寒くなってきたので、今月あたりが一つの区切りかな。  まだ花は咲いているが、 活力はないような気がする。 さて、あと一週間だけは様子を見ようかな。

  • パプリカの緊急的考え方の変更

    茶色くなるって言うことで育てていたパプリカであったが、 さすがに最近は元気がなくなってきたように見える。 そこで、と言ってはなんだが、 割とたくさんついている果実を収穫した。 今後はこれらはパプリカではなく、ちょっとかわった獅子唐として収穫する。 ということで路線変更することにした。 こういうのを臨機応変というのだろうか。 いやいや、あきらめっていうんだよ。

  • パプリカはワイアール星人

    このタイトルは以前のブログでも使用したが、本サイトでは初めてのはず。 そもそもワイアール星人って何? ウルトラセブンで登場した宇宙人とだけ言っておこう。あとは自分で調べてね。 そしてうちのパプリカ、 このシルエットがワイアール星人と似ているのだ。 それだけの話だけど。  まだ花は咲いている。 つまりは果実ができる可能性があるという事。 しかし、あまり期待していないので、早々に秋冬用に撤収するかも。

  • 悔しいのでパプリカは無理やり収穫

    枝だけは立派に育っているパプリカだども、まだひとっつも収穫できていない。 茶色になる筈なのに、緑からすぐに赤くなって、そして腐っていく。 そのまま秋を迎え、さらには終焉を迎えるのはさすがに悔しいので、 「ええい、ままよっ。」ってな感じで無理やり収穫してみた。  まずは緑の果実。 明らかに変色途中。少し茶色がかってはいるもののこれがあっという間に赤になる。 そして、 これが赤くなった果実。 これでも

  • パプリカの果実色々諸事情

    久しぶりに朝まで飲んでたら色々と大変だった諸事情。 オイラの色々なモチベーションが維持できないのもこんなところに所以があるか。 パプリカもなかなか敏感。まだ一つも収穫できていない哀しさ。 たとえば、 こんなの。 折角大きくなったのにと思ったらすぐさま赤くなって、しかも部分的に傷む。 たとえば、 こんなの。 このままこういう色に変わってくれれば、一応マニュアル通り。 たとえば、 こんなの。 若い果実

  • やっぱりパプリカはダメだべさ

    まだ一本もパプリカとして収穫できていない今年の株。 期待していた果実も、  結局こんなんなっちゃった。 あとは、 これも曲がってるし、  これぐらいかな、綺麗なのは。 袋かけしなきゃダメなのかな。 雨も降ってるし、やってみるかな。 今日も帰りは遅いかな。

  • 期待をしていたいパプリカなのだが

    今回のパプリカは難しすぎる。 花も咲きにくいし、実がなっても色が変わるまでに腐ってしまう。 まだ一つも収穫できていない。  次の果実はこれだ。 そしてその次がこれだ。 今のところ、果実化しているものはこの2つしかない。 蕾は?  一応ある。 今まで挑戦してきた中で一番苦労しているパプリカとなっている。 さて、9月を終えるまでに一つでも収穫することができるのでしょうか。 みなさん、どう思います?

  • 今年のパプリカはとても難しい

    今朝からの豪雨で目が覚める。 雷が耳を劈く、稲光は輝いては消え、やがて静かな日の出を迎えた。 一息ついて朝のプランターを見回ると、  パプリカに目が行く。 かなり大きく育ったにもかかわらず、もう花は咲いていない。 果実はどうなっているだろう。   期待していた果実は、いずれも先端の方から腐食していた。 獅子唐タイプのパプリカで、ここから茶色っぽくなるはずなのだが、今年はなかなかうまくいかない。 青

  • ピーマン⁈ 成長期のトウモロコシ

    ムチムチに育ったピーマン。 に見えますよね。 でもこれ、もう少し、もう少し待てば、黄色になるはずなんです。 パプリカの苗を買って植えたので…。 本当に黄色になるのかしら? 一抹の不安…。 もう少し待ってみます。 もう一つ今成長期を迎えているトウモロコシ。 6月7日は、 こんなだったのが、 7月14日 7月21日一週間でググっと成長しました。 最近の毎日の暑さ、梅雨時期は、こちらは雨がしっかり降った

  • パプリカがイマイチどころか最悪

    背丈だけは大きくなっている。 しかし、思ったほど花も咲かず、当然果実もならない。 数少ない果実も、 こげな感じで虫に食われている。 なんじゃこりゃ? 今まで割とうまくいっていたピーマン系。 ここへきてなんだかリズムが狂う。 もともとオイラのリズムが狂っているからかもしれないけどね。 一昨日の朝。娘が事故を起こして車が大破。 おかげで買い替えることになってしまった。 しかも一日保険に入っていやがらね

  • パプリカの第一果実は早い目に摘果するのだ

     あまりよくわからない初めての種類。 しかし、パプリカとはいえピーマン系。 前回記録した咲いた花はやがて、  果実になります。 で、ピーマン系の第一果実は摘果するのが基本。 もちろんこの撮影の後、きっちり取り除きました。 あとは、それに刺激されてわんさか花を咲かせることを期待するだけです。 しかし、梅雨ってこんな感じだっけ?全然降らないよね。 その分、真夏にゲリラっぽく降るんだろうな。 ござるな偏

  • ああパプリカの花は咲く

    タイトルの後に次のような文書が続く。 「されどわが身に花は咲かず」 なあんてね。  今年初めての種類。 茶色で長くなるパプリカだって。 ピーマン系は虫が付きにくいので助かる。  これが花。 一つ目の花は実になってすぐに摘果する。 その方が刺激が与えられて次以降が育ちやすいんだって。 適度な刺激は必要なんだね。 必要以上の刺激はダメージが大きくなるので注意しましょう。 あんまり刺激を求めないように、

  • パプリカの苗はややこしくなるのか

    パプリカです。 どんなふうになるのか。初めての品種なので未知数です。 てっぺんをのぞいてみると。 なんだかややこしそう。 ピーマン系は三本仕立てっていうけど、全然枝分かれしてこない。 大丈夫かな。

  • 新しい苗植えました

    先日ホムセンで買ってきた苗を植えました。 左上から①スイカ②ミニトマト③パプリカです。 面白そうなので買ってみた。 うまく育つかどうかはこれからの育て方次第です。 結局デカチャンプの芽は出ませんでした。今年はどうしようかなあ。。 恋の続きがあったなら作っていたのに。

  • 再生ねぎの収穫とデカチャンプの種まき

    土曜日の朝は久しぶりに袋めんを食べた。 (「ござるな偏り食い」ブログを参照のこと。) その際にはネギ坊主がどんどん生産されている再生ネギを活用する。  一番太いの。 これはまだ坊主生産前のネギ。 これを根っこ部分は大きく切って、葉っぱ部分は細かく刻んで麺と一緒に煮込むのだ。 しかし、やっぱり再生ねぎは重宝だね。 今年もデカチャンプに挑戦します。 春も爛漫になってきたので、早速種まき開始。 都合3株

1 2