• パプリカを収穫したけどなんか変?

    先々週の収穫パプリカ。  2ケ そして先週の収穫パプリカ。  1ケ そして、 まだ花は咲いている。 結構長く楽しめそうだ。 だけど、あれ?なんか変だ。 オイラが植えたのはグリーンパプリカだったっけかな? 何か違うような気がする。

  • ここにきてパプリカラッシュ

    台風も無事に過ごしたパプリカ。 台風前の写真ですが、青々としている様子は今も変わらず。 そして、 ここにも、 また、 ここにも、 はたまた、 ここにも、 果実が収穫を望むように待機しています。 あとどれぐらいで大きくなるだろう。 まだ花も咲いているし、今月いっぱいは楽しめそうだ。

  • パプリカが垣間見せてくれる果実と花

     苦戦中のパプリカです。 まだ、それらしい果実を収穫できないまま9月を迎えてしまった。 しかし、 ところどころに花や、 至る所にとは言わないまでも、 果実が垣間見られる。 正直言うと、これは先週の写真であり、昨日の作業時にはまたぞろ違った顔をのぞかせてくれていた。 それはそれとして、もう少し進展があったら紹介できるかも。 それまで、もう少し頑張ってねパプリカ君。 キミの撤収予定は11月なのだから。

  • パプリカの応答が途絶えている

    パプリカってピーマンより収穫率が悪いのはわかっている。 それにしても応答がなさすぎる。 それなりの大きさになっていると思うんだけどなあ。 先端では、 こんな景色もあるのに。 この先へ進展しない。 第一果目を摘果し、第二果目を失態し、第三果目以降は現れない。 今年はパプリカに限らず、全体的に良くないね。 っていうしかないのか。

  • 最近よく聴く曲。

    それは「パプリカ」 米津玄師さんがプロデュースした、5人組の小学生ユニットfoorin(フーリン)が歌ってる。 なんでも「NHK2020応援ソング」プロジェクトだそうで、 “2020年とその先の未来へ向かって頑張ってる人を応援する”っていうことらしい。 とにかく、5人がカワイイ。 知ってるのは子役のちせちゃんと、もえのちゃんだけなんだけど。 そして、曲がいい! 元気が出る曲なのに、どこか切なくて、

  • パプリカの残念な報告

    パプリカだべさ。 コイツは獅子唐と違って果実の数が少ない。 そして大事に育てなければならない。 第一果実を摘果し、第二果実を留保しているところだったが、残念な報告をしなければならない。 これも大雨の被害なのか。 傷んでるよね。 本当に残念だ。第三果実の発現を待たねばならない。 花は咲いていたのだが、果実となるのはいつの日か。

  • パプリカの花と第二果

    やや底浅のプランターに一本植えしてあるパプリカ。 まだまだ食われた葉っぱが目立ったまんま。 それでも、その葉っぱをかきわけると、  蕾が見えます。 もっとザクザク咲いてよ。 さらにかきわけてみると、  第二果実を発見。 これは大事に見守ります。 水やりを忘れないようにしないとね。

  • パプリカの葉っぱと果実

    苗で購入、パプリカです。 中央に果実が見えます。  第一果実です。 コイツは教科書通り摘果します。 問題なし。 それよりもコイツの方が問題です。  葉っぱが食われています。 何者? ヒヨにやられたみたいな残骸。しかし、今頃ヒヨ? 今度夜中に見に行った方がいいのかな。

  • 夏に向けて新苗購入その2はパプリカ

    さてさて、購入した苗は全部で3本。今日はその2本目を公開。 いつもなら、デカチャンプなるパプリカを花壇で植えるのだが、今年は種もなくなったので、パプリカの苗を購入した。  ちなみに、こういうものです。 どんな大きさの、どんなパプリカになるのか。今から楽しみです。 浅いプランターだけど、上手くいくかな?

  • これにてパプリカは全て撤収完了

    のこりわずか。撤収までカウントダウン状態となっていたパプリカは、無事に今年度の役割を果たし終えました。   色々ありましたが、「こいつはシシトウとして認識する」としてからは、まあまあこんな感じでいいだろう。と思うようになりました。  すでに気に活力はなく、 花も咲いていないので、この週末に撤収作業を行う予定です。 ご苦労様でした。

  • これが本当の最後を覚悟するパプリカ

     あきらかに活力がなくなってきた。 夏季におけるもわっとした立体感がない。 そろそろ本当にお終いなんだろうな。 その前に、今、ぶら下がっている果実を収穫してしまおう。 実にまあまあの大きさです。 本当ならば、ここから色が変わるまで待つのでしょうけど、もう待つのは止めました。 後に続く花も咲いてませんし、これで今年のパプリカはホントに終わりでしょう。 ご苦労様でした。

  • 獅子唐と化したパプリカの衝撃的な収穫

    獅子唐として収穫することを決めたパプリカ。  そろそろ終盤の収穫。 その中で、衝撃的な2本をゲット。  大きい! 大きさ的には初めてパプリカらしい大きさ。 やっぱり果実を間引きすべきだったのかも。 いやいや、2~3本しかついてないときも大きくならなかったし。  まだこんなのが残ってる。 でも次あたりが最後の収穫かもね。

  • パプリカの割り切った収穫第二弾

    茶色くなるはずのパプリカを「これは獅子唐だ」と言い聞かせて収穫を始めた第二弾。 数だけは出揃う。 ぼちぼち寒くなってきたので、今月あたりが一つの区切りかな。  まだ花は咲いているが、 活力はないような気がする。 さて、あと一週間だけは様子を見ようかな。

  • パプリカの緊急的考え方の変更

    茶色くなるって言うことで育てていたパプリカであったが、 さすがに最近は元気がなくなってきたように見える。 そこで、と言ってはなんだが、 割とたくさんついている果実を収穫した。 今後はこれらはパプリカではなく、ちょっとかわった獅子唐として収穫する。 ということで路線変更することにした。 こういうのを臨機応変というのだろうか。 いやいや、あきらめっていうんだよ。

  • パプリカはワイアール星人

    このタイトルは以前のブログでも使用したが、本サイトでは初めてのはず。 そもそもワイアール星人って何? ウルトラセブンで登場した宇宙人とだけ言っておこう。あとは自分で調べてね。 そしてうちのパプリカ、 このシルエットがワイアール星人と似ているのだ。 それだけの話だけど。  まだ花は咲いている。 つまりは果実ができる可能性があるという事。 しかし、あまり期待していないので、早々に秋冬用に撤収するかも。

  • 悔しいのでパプリカは無理やり収穫

    枝だけは立派に育っているパプリカだども、まだひとっつも収穫できていない。 茶色になる筈なのに、緑からすぐに赤くなって、そして腐っていく。 そのまま秋を迎え、さらには終焉を迎えるのはさすがに悔しいので、 「ええい、ままよっ。」ってな感じで無理やり収穫してみた。  まずは緑の果実。 明らかに変色途中。少し茶色がかってはいるもののこれがあっという間に赤になる。 そして、 これが赤くなった果実。 これでも

  • パプリカの果実色々諸事情

    久しぶりに朝まで飲んでたら色々と大変だった諸事情。 オイラの色々なモチベーションが維持できないのもこんなところに所以があるか。 パプリカもなかなか敏感。まだ一つも収穫できていない哀しさ。 たとえば、 こんなの。 折角大きくなったのにと思ったらすぐさま赤くなって、しかも部分的に傷む。 たとえば、 こんなの。 このままこういう色に変わってくれれば、一応マニュアル通り。 たとえば、 こんなの。 若い果実

  • やっぱりパプリカはダメだべさ

    まだ一本もパプリカとして収穫できていない今年の株。 期待していた果実も、  結局こんなんなっちゃった。 あとは、 これも曲がってるし、  これぐらいかな、綺麗なのは。 袋かけしなきゃダメなのかな。 雨も降ってるし、やってみるかな。 今日も帰りは遅いかな。

  • 期待をしていたいパプリカなのだが

    今回のパプリカは難しすぎる。 花も咲きにくいし、実がなっても色が変わるまでに腐ってしまう。 まだ一つも収穫できていない。  次の果実はこれだ。 そしてその次がこれだ。 今のところ、果実化しているものはこの2つしかない。 蕾は?  一応ある。 今まで挑戦してきた中で一番苦労しているパプリカとなっている。 さて、9月を終えるまでに一つでも収穫することができるのでしょうか。 みなさん、どう思います?

  • 今年のパプリカはとても難しい

    今朝からの豪雨で目が覚める。 雷が耳を劈く、稲光は輝いては消え、やがて静かな日の出を迎えた。 一息ついて朝のプランターを見回ると、  パプリカに目が行く。 かなり大きく育ったにもかかわらず、もう花は咲いていない。 果実はどうなっているだろう。   期待していた果実は、いずれも先端の方から腐食していた。 獅子唐タイプのパプリカで、ここから茶色っぽくなるはずなのだが、今年はなかなかうまくいかない。 青

1 2