• 今日

    朝から人が入ったり出たりの音で目を覚ます。毎朝早くから行動する女の子は、朝以外もはや顔を合わせない。ブッキングコムからのお客が増えたから毎日色んな外人がくる。俺は肌がダニですごいことになっていて、ダニアレルギーだった事を思い出した。 とりあえず昨日はカンナビスをどこかに忘れて探し回ったけど見つからんから色んな人からお裾分け狙いでぐるぐるホステルを徘徊していた。わかった事は、海外の女の子は英語が話せ

  • やすいホステル

    おそらくブッキングコムというサイトに、今住んでる宿が表示されるようになってから日本人がめちゃ来るようになった。 ありがたいことかもだけど日本のノリが出ちゃうとOGとかと話す時とっさに話せんかったりするから、なんとも言えないかもなと思った。 今日までほとんど外人環境だった。外人のノリを掴みつつあった。 日本のノリのパターンと海外との違いは結局話す相手のノリに合わせるのがベストだけど、外人は基本話した

  • 金欠

    金欠過ぎて外に出られない。外へ行けば金を使う。YouTubeを見るしかない。 今日起きてから何度目かのカンナビスをし、ホステルをウロウロした。どうやら皆おかしいようだ。クレイジーが多い。 同室のブレイクは精神病らしく、集中疾患なんちゃらを持っているらしい。だから仕事が出来ないといい、宿の清掃で生活を繋いでいるらしい。カンナビスは好きだけど弱い。そう言っていた。 上の階のリビングでディム?とかゆう怒

  • ジャンキー

    宿へ帰ってきた。一応シドニーの栄えている所は回ってみたけど、そもそも俺はそんなに建築物に興味がない。シドニーはシティだったけど、感動はなかった。 10ドル宿では金ない奴らがBBQして飯を食っていた。そっちの方が安く上がるんだろう。同室のブレイクは6ドルしかないって言ってたっけ。カンナビスのディラーが飯とか酒の金を出している感じがあった。 イングランドから3人くらい別口できてるらしい若者がカンナビス

  • シドニーの都会感

    日本からアデレードに来た時は、正直微妙だなぁと思ったけどシドニーはやはり都会だった。アデレードは田舎らしい。アデレードに住むOGが教えてくれた。 シドニーの公園でセブンで買ったコーヒーを飲む。暇だ。宿戻っても皆金が無さすぎてタバコのたかりが凄まじいから、街へ繰り出した。 俺のこの生活は、日本からやってきた普通の人とは色々と違うだろうなぁ。ドラッグとか危なそうな人とかには、縁遠いと思うし。距離を詰め

  • シドニー生活3日目

    おそらく、Sydneyで一番安いホステルに今泊まっている。 一泊10ドルで管理がめちゃボケボケで、大変汚いし電気はつかないけど、お湯は出る。俺としてはそこが重要だったので、割と気に入ってる。値段が安ければしょうがないよね。 あと俺の住んでる10人部屋の前が駐車場になってるんだけど、そこで堂々とカンナビスをさばいている。俺にとって一番そこが良かった。 毎日夜遅くまでクラブのノリで音楽ガンガンだけど、

  • アデレードからシドニーへ車旅

    アデレードのコストコで集合し、シドニーへ向かった。この時拾ってもらったのはネットで知り合った女の子。女の子は26歳でセカンドをとってすぐらしい。これからはシドニーで生活するみたいだ。 車で一心に走る。それだけ。恋愛トークしたり、生活について話したり、お互い今までの事を話したりした。 1日目は割とすぐ予定の宿に到着。飯をご馳走になり、満足して寝る。2日目はかなりの距離のある移動になった。でも日本人と

  • アデレードバックパッカーINN2日目

    アデレードバックパッカーズINNに泊まっているけど、アデレードバックパッカーズINNっていくつもあるんだね。知らんかった。 適当に今までぐるぐる4モーテルくらい泊まっているけど、中東系の人が経営していた一番最初の宿が一番良かった。 安いけど汚い!みたいな宿ばっかだったけど、集まってくる金なしバックパッカーがおもしろい奴らばっかだった。 昨日は、同室のジェシーってやつが金なさ過ぎて、たかられまくった

  • 私立入学の難しさ

    今回は、私立入学にあたっての難所を説明していきます。 1 空きがないと言われる     シドニーって留学生や駐在員のお子さんが本当に多いので、学校側としては基本的に生徒数が少ないなんて問題はないのです。また、英語ができない生徒はストレートにいうと学校からしても面倒なんです、実際。なので空きがあっても、空きがないと言われて断られてしまうことも多々あります。 2 AEASテストのスコアがシビア   A

  • シドニー旅行の写真 - 2010年(平成22年)3月

    ▼オペラハウスとハーバーブリッジ ▼ボンダイ・ビーチの夕暮れ パソコン内の写真を削除するため、うまく撮れてる写真をウェブ(インターネット)上にログ(記録)しておきました。更に詳しくは下記のリンクをクリックして昔書いたブログ記事をご覧ください。   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ オーストラリア・シドニー旅行記 オーストラリアへ Let's 豪~ 豪沈(轟沈) シドニー到着~ Sydneyは素敵な街 生オペラハ

  • まずはGPで受診

    どれが正しい方法なのかあまり分からず妊活始めましたが...私の不妊治療の体験記を書き始めます. これから同じ体験される方にとって少しでも役立てればいいな. 私は36歳、夫は45歳で結婚5年目. シドニーに赴任して3年. これまでルナルナなどでタイミング図りながら自然妊娠にトライ. でも未だその兆しが無く今回思い切って不妊治療に踏み出しました. 永住権など持っていないため、現地のMediCareなど

  • シドニーの現役シニア外科医に聞いた「手術(執刀・料金)と医療訴訟に関する話」のまとめ

    ご無沙汰しております。 m(_ _)m そこx2 幸せに シドニーライフを 満喫しております。 静かな海、エタロング ビーチ(シドニーから北に車で2時間かからない位の所)術後の身体には きつかったけど、良かったです。 やっぱり海を観ながらのBBQは最高ですねぇ。 ビール怖くて飲めなかったのが残念。>。<; 胆嚢をとって早1ヶ月が過ぎました。 GP(かかりつけ医)に「あなたが私の妹なら弁護士の所へ引

  • ホームステイされる方、オーストラリアへ冬にいらっしゃる方、お土産に悩んでいらっしゃる方、是非、ご一読ください。(^-^)

    以前、ホームステイ関連の記事でも書きましたが、シドニー・オーストラリアの冬は、最高気温が10℃以上でも乾燥しているせいか、体感温度はカナリ低く、雪の降る地域では、零下の所もあります。 私もオイルヒーターや裏起毛系の愛用家です。 とは言え、気温の差が激しく、1日の気温差が10℃以上だったり、「昨日はコート着ても寒かったのに。。。今日は半袖でも暑いってどゆことぉ!?」って感じです。 シドニーから数時間

  • 第2弾「医療訴訟。。。どうしよう。。。とチョコォォォット関連英語」

    7月6日、「トレーニングの為? 私の胆嚢・・・」の記事に非公開でメッセージを下さった方がいらっしゃいます。 もの凄ぉく簡潔に申しますと「『No Win No Fee』と宣伝している弁護士を使っても 訴訟進行費などで、数千ドルから1万ドル以上かかる場合もあるから 事前にしっかり調べて 勝訴される事を。 お体お大事に」という、アドバイスと 励ましの言葉でした。 涙出るほど嬉しかったです! 他にも非公開

  • 2016年の七夕、シドニーは雨です。だから、雨の日お勧めの場所と 星を綺麗に観れる所、お教えします!

    2016年の七夕、どう お過ごしになりましたか? まぁ、七夕は。。。子供と親のイベントですかね? 特に気にせずって方も多いんですかね? 私は、シドニー在住だからこそ、古きよき日本の(アジアの?)文化を息子に教えたい。 そして、新しい文化も。 ということで、頑張って 七夕仕様の朝ごはんと ディナー&デザート 作りましたよぉ! お蔭様で ご飯中に 話が 弾むの何のっ!  って、それは どうでも良いです

  • トレーニングの為? 私の胆嚢かえしてぇ! +オーストラリアの医療システム(?)とちょこっと英語と韓国語

    どうも。アンニョンハセヨ。ハロー。ニーハオ。ボンジュール。今日は、ちょっとパニックというか멘붕(メンブン=メンタル崩壊=멘탈 붕괴)状態のSydneyMamaです。 というのも、先々週、腹痛で(ホームドクター斡旋会社3社で×で、電話越しの看護婦さんの通報で)救急車のお世話になり、緊急入院。先週、緊急手術したんですが。。。退院して、かかりつけの先生(GP)に病院(ホスピタル)からの手紙を持って行った