• 【車折神社】(くるまざきじんじゃ)京都市右京区(3/3)

    【車折神社】(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨朝日町にある神社。 社名は「車裂」「車前」とも書いた。 旧社格は村社で、現在は単立神社。祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。 頼業が文治5

  • 【車折神社】(くるまざきじんじゃ)京都市右京区 (2/3)

    【車折神社】(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨朝日町にある神社。 社名は「車裂」「車前」とも書いた。 旧社格は村社で、現在は単立神社。祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。 頼業が文治5

  • 【車折神社】(くるまざきじんじゃ)京都市右京区(1/3)

    【車折神社】(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨朝日町にある神社。 社名は「車裂」「車前」とも書いた。 旧社格は村社で、現在は単立神社。祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。 頼業が文治5

  • 【斎明神社】(さいめいじんじゃ)京都市右京区

    【斎明神社】(さいめいじんじゃ)京都市右京区 859年(貞観1)伊勢齋王に卜定された文徳天皇皇女恬子内親王が、嵯峨の野の宮に篭られた際、天照大神を祀って潔斎した旧跡と伝え、それに因んで1344年(康永3)天龍寺慈済院の仏慈和尚によって創祀された。現在の本殿は1771年(明和8)に建てられたもの。末社には稲荷大神、愛宕大神、八坂大神、天満天神を祭る。簀屋祢(すやね)に覆われた神明造の本殿と江戸末期に

  • 【斎宮神社】(さいぐうじんじゃ)京都市右京区

    【斎宮神社】(さいぐうじんじゃ)京都市右京区 天照大神を祭神とします。伊勢神宮に奉仕する斎宮が有栖川の辺に野宮を建て、精進潔斎をした旧跡と伝わります。小さな神社で、厄除け開運・婦女子の血の道の守護などに御利益があります。境内には、神殿の旧地を示す石碑が置かれています。この地は、垂仁天皇の皇女で初代の斎宮となった倭姫命(やまとひめのみこと)の別荘があったと伝えられています。 大きな木の下にある小さな

  • 【京都タワー…】

    皆様、ご存知でしょうか? 今後万一「京都タワー」が建て替える事になった場合、 今のような京都タワーは出来上がらない事を! 「えっ、なぜ?!」と思われる方もいらっしゃると思います。 その謎は…、 「条例」です。 その前に京都タワーについて述べます。 京都タワーは展望塔で、 京阪グループの京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社が運営しています。 設計者は山田守氏、 構造設計者は京都大学工学部建築学教室棚橋諒氏

  • 【提灯の謎…】

    浅草寺で際立っているのが「提灯」です! すぐに目に入りますよね! ところでこの提灯ですが… 高さ:3.9m 直径:3.3m 重さ:約700㎏ とかなり大きなものになります! 迫力ありますよね。 この提灯ですが、 京都丹波地方で採取した竹を骨組みとして使い、 周囲に300枚の和紙を貼りかたどっています。 和紙は福井県産のコゾウというクワ科の植物を使っています。 1971年から京都市下京区の「高橋提灯