生きる力のムラゴンブログ

  • Panic!

    ……沈んでる……イライラしたり…… 凹んだり…… どうして… こんなに…空回りばかりなの? 現実の私は…… まるでうまく作られてない…不良品みたい 何か原因が自分にあるから やっぱり…うまく回らないのかな… それでもさすがに…失望してきた もう…浮上できないかもしれない 何も…かもが…思うようにいかず 誤算ばかり… もう今度こそ…最後かもしれない…   Panic! At The Disco: E

  • 感動する心

    大人になるにつれ 歳を重ねるにつれ 何かに感動する心が失われてきていた 子どもの頃のように 目を輝かせて なんの混じりけもない心で夢中になったこと 無心になること ワクワクすること そんな生きる力 沸き起こるようなエネルギーを 少しずつ奪われていったような気がする どうすればいい どうすれば心が晴れるのだろう 帰りたい 戻りたい 取り戻したい 自由な心を 『子ども頃に夢中になったことを思い出して』

  • 突破口

    気力が落ちているとき 目の前の壁が大きく感じるとき 「何もしたくない」 または 「これをやりたい、やらなければならないのだけれど、とても無理」 そんな思考が堂々巡りするだけ 気力を立て直すのは、なかなか困難だったり そんなときは決まって出来ないでいる自分を責めてるものだ しかし、お尻を叩き続けていてもただ辛いだけ やりたいことがたくさんあったり やらなければならないことがたくさんあったりすると 頭

  • 翔ぶための準備

    翔べる自分を夢見た 冬が終わりかけ、春を迎えようとする季節はいつも 春に向けて飛び立つ準備をしている渡り鳥を見るたびに いつか、わたしも輝くために飛び立つ日が、飛び立つための準備をするときが来て欲しい きっと来るに違いない 心はどこかで知っていた それを望んでいた 「翔びたい」と 天使は、わたしにメッセージをくれる存在は、口々に伝えてくる 『それは、今だよ』 わたしは翔びたかったの? ずっと温めて

  • 尊ぶべきこと

    特に大きなことが出来ていなくても 特に誰かに、何かに大きな影響を与えたりすることが出来ていないのだとしても 毎日、一生懸命生きている自分は尊い たとえ、そんな自分が小さく、つまらなく思えたとしても 毎日一生懸命生きる自分 しなければならない日課をこなして 後ろ向きになりたくなるときも 投げ出したくなる日もある だけど、そのたびに 一生懸命、奮い起ち、顔をあげ、前へ行こうとする自分 前へ行かなければ

  • 節句(こどもの日)

    5月5日は子供の日 我が家の長男が久しぶりに 顔を出した。 今年、二十歳 昨年から独立し 生活始めた長男 大学2年生になった 独立し 講師のバイトそして土日は朝まで弁当屋で働きながら 自力で生活している それでも学問は怠らす 学校の成績はトップクラスを維持している。 幼い頃から一緒に台所にたつことが多かったこともあり 包丁はかなり様になり魚も自分で捌けるようになった 食材はいかにいい素材を安く購入

  • 光に向かって

    変わっていこうとするとき 気持ちがアップダウンを繰り返す いつでも絶好調…とはいえない 何があっても前向きな姿勢を保ち続けるのは難しい 進んでは立ち止まり、進んでは引き戻され 前向きに行こうと決めて、一歩一歩進みはじめて、でも些細なことで気持ちがまた挫けたり 気持ちが挫けると、今まで少しずつ進んできたことも大したことのないように思えて 自ら積み木くずしをする 自分のこれまでの足取りが泡のように消え

  • 学校で教えてほしかったこと

    いつもあ~これいいなぁ♡ とか これってすごい!(^.^)/   とかブログに書いています 自由になんでも書いちゃうブログなので いつもつながりなくて、なんでもありなバラバラなブログですみません 今日は、意見!・・・いえいえグチかなぁ メンドい方はスルーしてくださいm(__)m 学校で教えてほしかったこと その1 人は、人間は、間違えるし、失敗するから 「間違えたり、失敗したりしても またやり直せ

  • キャンドルの炎

    天使は言う キャンドルの炎は、私たちの心に常に宿っている活力のエネルギーのイメージだ 神様と同じ何かを生み出す力のエネルギーとして 炎のように心の中で常に灯らされている 心が落ち込んで その炎が消えてしまったかのように感じるときがある しかし、それは神様から分け与えられた、『決して消えない炎』なのだということを忘れてはいけない 赤々と灯り続ける炎の強さを忘れそうになったときは キャンドルの炎を見つ

  • 決して消えない光

    眠っている力を呼び起こしたい 何かの思いや感情に蓋をされて、追いやられてしまいがちな大切な力 心の中の光 私たちの中に眠る、前向きな創造エネルギーを 前に進もうとする気持ち 何かを創り出したいという気持ち 肯定的な変化を起こしたいという気持ち そんな純粋な気持ちは 時に強い風に吹かれ、いとも簡単に吹き飛んでしまうのだけれど どこかへ消え去ってしまったわけではない 時に蓋をされて忘れてしまっても 大

  • 持っている力

    3月 なごり雪も降るような寒い風のなかで 雪にまみれて福寿草が顔を出していた 花びらには艶やかな黄金に輝く光を宿している 周りはまだ冬枯れの景色 冷たい風と雪にさらされて咲く福寿草に聞いてみた どうしてこんな寒い季節にあなたは咲けるの? どうしてそんなに強くいられるの? 辺りは、枯れ草と雪しかない まわりはまだ何も生まれていないというのに 厳しさも、ものともしないで 黄金色をたたえた花びらの中心を