ゴッホのムラゴンブログ

  • Hideの俳句・短歌 83 <絵画編>

    ただならぬ気配ありけりゴッホの絵裸の心震えるばかり 本質を抉るはうまきピカソなれど壊れたままを表しおりぬ 見事なり春風の吹くモネの絵や

  • 美術は難しい!?からこそ動画から学ぶ『ゴッホ』byむかちん

    こんにちは、こんばんわ🌸✨ むかちんです☘️✨ 本日は、歴史について学べる動画を 紹介します! 題材は、有名な芸術家『ゴッホ』 よく、芸術家には それぞれのドラマがある! と言いますし、 背景が隠れている! なんてことも聞きます😳✨ しかし、文章で認識するほど 知識がないので、 動画で、勉強しようと思います! 彼は、どんな人生を歩んできたのか、、 ◆美術系YouTuberいとはる ゴッホの生涯

  • ファン・ゴッホ美術館からの贈り物

    先日は、Disney Parks Blogで チュロスのレシピを公開されて おうち遊びを充実させてくれました。 昨日は、ファン・ゴッホ美術館が 楽しませてくれました。 ゴッホの塗り絵を無料ダウンロードして遊べます🌻 早速、iPad ProとApple Pencilで 遊んでみました_φ(・_・ 自由に描きたかったので実際の絵を見ずに塗って 「minami のひまわり」にしました。 ここまで塗って

  • エッセイ プチ・サンス <セザンヌ>

    セザンヌの言葉によると、ゴーギャンやゴッホは、私の絵から勝手にプチ・サンスを盗んで画業を成した画家たちで、セザンヌと親しくしていた人は、彼らのことに話が及ぶと、セザンヌは憤懣やる方ないという様子を見せていたという。 本家のセザンヌに言わせれば、そういう言い方になるのも、もっともかも知れないが、そのセザンヌの絵からプチ・サンスなるものを目ざとく見つけ、それを自分自身の絵の中で展開していったゴーギャン

  • ゴッホ*

    先月、上野の森美術館の「ゴッホ展」に行った ゴッホのファンは多い 見たいけれど混雑の中での絵画鑑賞は気が重くなる そこで作戦を考えた 上野の森美術館は珍しく月曜日が休館ではないのを発見 月曜日にいくことにした 大正解だった 入場で並ぶこともなく、見たい絵をじっくりと見ることもできた ミューゼアムショップでの買い物も美術鑑賞の楽しみ ポストカードは必ず一枚は買う けれど、どういう訳か欲しい絵のポスト

  • 久々の映画館《永遠の門ゴッホの見た未来》

    何時もは、GYAOの米ドラマや洋画を観てるけど、 ポイントが溜まって、1本無料で観る事が出来るので、 久々の映画館、最後に行ったのは5月だったかしらね、 その当時は、週に一度行こうと決めてたけど、 観たい映画がそうある訳でなし、 暫く遠退いていたけど、ポイントの有効期限があるし、 勿体無いから行って来ましたよ🚌💨💨 “ジョーカー”を観ようと思っていたけど、 或るブロガーさんが書いていた、 前

  • たゆたえども沈まず

    この言葉は、パリ市の紋章とのこと、その説明は以下ですが、ラテン語からフランス語で、すみません、良く分かりません。 パリの紋章にはラテン語で”Fluctuat nec mergitur“と書いてあり、これはフランス語に訳すと”Il tangue mais ne coule pas(揺れはするが、沈没はしない)”となります。 「揺れはするが、沈没はしない」、そうつまり「たゆたえども沈まず」です。 紋章

  • Hideの俳句・短歌 30

    いかばかり不幸な生のありしかどたとえばゴッホ思へば黙せり 地獄にてふたたび会はむ曼珠沙華 闇に浮かぶ炎のごとき牡丹かな

  • 現代詩 年齢

    中也の年を過ぎ ゴッホの年を過ぎ モーパッサンの年を過ぎ 芭蕉の年が過ぎ去りぬ

  • Hideの俳句・短歌 7 <アート篇>

    ピアノ鳴る小暗き部屋に情念のほむらかがようロベルト・シューマン ヤナーチェク朱離鴃舌(しゅりげきぜつ)すプラハ春 半獣神口あけておる午睡かな 秋の夜たとえば耳を切るゴッホ ゴーギャンの赤罪の色夏の色

  • 美術館で買った絵葉書たち!

    千石の青ねこハウスです! 1人で美術館に行くのが好きです💕 でも、入場料高いですね(^^;; これが美術館で観た気に入った絵の絵葉書たち 最近買ったのがルドンのグランブーケ これはフランスのお城の食堂に飾られていた装飾画で、パステル画としては最大級だそうです 青が綺麗だった それにしても、買った絵葉書だち、どれも青が綺麗💕 美術館で買った絵葉書持ち寄ってのおしゃべりも楽しそう (^^)v

  • チューリッヒ

    スイス2日目 スイスの天気予報はずーっと雨☔️ 残念😂 昨日の予習の結果 ケーブルカー・登山鉄道に乗って 街を一望しようと思います! 中央駅からトラム3番に乗り換え5駅で 『Romerhof』へ 駅前のビルに目を凝らすと「Dolderbahn」の表示 ビルの1階にある乗り場 どしゃ降りー🌧️ ウケる⤴️ 晴れてたらチューリッヒ湖が見れるらしい! そのまま折り返して来ました笑笑 乗れただけで満足

  • ゴッホのひまわり✨

    ミュンヘン2日目 朝ごはん食べてミュンヘン市内を散策💕 メトロでマリエン広場へ✨ 新市庁舎✨ 人が凄い‼️ ドイツで最大の仕掛け時計! 11時と12時に仕掛け時計が動きます👍 んーんー なんか地味~😆 ペーター教会✨ レジデンツ レジデンツはミュンヘンを統治していた王家ヴィッテルスバッハの宮殿。 ノイエ・ピナコテーク美術館 ここに、あるんです‼️ 『ゴッホ(Vincent Van GOGH

  • ゴッホ展 に行ってきました!

         京都で開催されている ゴッホ~巡りゆく日本の夢 に、大学生の娘と 行ってきました。娘には 幼いころから 出来るだけ 本物の絵を 見せようと 機会があるごとに 連れて行ったりしていた甲斐あってか 絵を見ることが 好きになってくれて すごくうれしく思います。  美術館前にあった巨大オブジェ ↑↓ 持って帰りたくなりました!  持って帰って どこに置くねん!それが 問題ですが!(笑)  私は 

  • 現代詩 ゴッホ

    ここに人間がいる オーヴェルの夏の空の下 大地の黄と空の青とが直に連続する 色調の緊張に抗し 裸心だけで立ち続ける奇妙な人間がいる よくよく見れば なんというボロ着を纏った 人生に踏みつけにされた男だろう 武骨な節だらけの手は 画筆より鶴嘴を握った方が よく似合う 頑丈な真っ直ぐな腰は異様な忍耐力の 確かさを思わせるが 双肩はすでに健康な均衡を 失っている 麦畑がざわめく 男はもう驚きもしない も

  • 「ゴッホの手紙」ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ 岩波文庫

    ゴッホは画家ですが、弟のテオや友人に宛てて、非常に多くの手紙を残していたことはあまり知られていません。しかも、その多くの手紙は、ゴッホの多くの絵と同じくらいの、またそれ以上の文学的な価値を持ったものだとなると驚きを増す人は多いことでしょう。ゴッホの絵が、誰の真似も追従も不可能な、断固たる芸術的な価値を持ったものであることは論をまちません。ゴッホの生涯は自殺で終わりましたが、勘違いされて思われている

  • 納豆にドレッシングもいいね❣️

    上野で見たゴッホの絵を思い出してるみきでーす( ^ω^ ) 納豆と言えば醤油と決めつけてましたが、ブロガーさんの写真からヒントを得て、ドレッシングを使ってみました。 これがとてもおいしいんです。 少しとろみがあるので、ふかふかの高野豆腐には醤油よりドレッシングが向いてるかもしれません。 こないだ見つけてきたキユーピーノンオイル梅づくしドレッシングです。 大さじ1で4kcal炭水化物が0.5g糖質

  • サマセット・モーム 『月と6ペンス』を 読んで!

     最近は 俗にいう古典的な名作と呼ばれているの作品を よく読んでいます。名作だけしか味わえない 奥深さと味わいは 現代の小説とは 又少し違い ストレートで 自分の中で いつまでも居続ける感じがしてきて 読んどかんと 損やあ!と 思うようになりました。(大阪人根性みたいなものです!笑)  少し前に 20年ぶりに サマセット・モームの短編『雨』を 読み返しました。短編を 読むのも 結構好きで たまに 

  • 箱根彫刻の森美術館 ピカソ館で、パブロ・ピカソの名言と出会った。

    ピカソの名言に戦慄!野外彫刻や幸せをよぶシンフォニー彫刻もたくさ~ん! 箱根彫刻の森美術館 ピカソ館 箱根登山鉄道 箱根湯本駅 彫刻の森駅へ 特急ロマンスカー - 小田急電鉄 箱根湯本駅に停まっていました タイ人観光客など、箱根登山電車の中は外国人観光客でいっぱい! 車窓 登山電車は急勾配を登るため 3ヶ所でスイッチバックを行います。 ここで電車の進行方向が変わります。 彫刻の森駅到着 箱根彫刻の