• 17. 隣のカフェレストランでロゼ・ワインとチョコレートケーキを食してみたいです - Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区)

     渋谷駅周辺には高層ビルも建ち始めていますが、センター街に代表されるように小さなお店が数多く集まっているのが渋谷。そんな街で、高級デパート、美術館、コンサートホール、劇場、映画館、カフェスタイルのレストランなどが一箇所に集まっていて、見かける人達の年齢層がちょっと高めなのが特徴かな。 ざっとした御説明(2019年1月上旬の情報です)  展示スペースはこじんまりとしていて、常設展示はなくて企画展のみ

  • 今日は仕事休みでした

    今日は仕事休みだったので八千代の丘美術館へ車を走らせました🚗 広島県民なら誰もが知っている土師ダム(桜の季節には有名な場所ですよね😄)の近くにある美術館なんです✨ 1人静かに絵画観賞 本当に贅沢な時間ですね やっぱり私は『お一人様』で行動するのが好きですね〰️🌟 途中で野菜産直市場があって そこには花の苗も置いてありました💐 クリスマスローズの苗があり ついつい衝動買い(笑) 今日は しっ

  • 16. 道路沿いの上島珈琲店は記念館のカフェだったんですね - 東京国立博物館黒田記念館(東京都台東区)

     美術館に行くのは好きなのですが新聞、雑誌で企画展のスケジュールを丹念に調べてスケジューリングするというマメなことができません。そんな私がちょくちょくお世話になっているのがテレビ東京の「美の巨人たち」なのですが、年末年始に録り溜めていた番組を見直していたら黒田記念館で展示されている「智・感・情」を紹介していました。黒田記念館という建物が国立博物館の近くにあるらしいことは薄々知っていたものの、特に興

  • 15. 新宿のビルの谷間の平成の名残り - 東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館(東京都新宿区)

     高層ビルの42階にある美術館。いまでは六本木ヒルズの52階に森アーツセンターが出来て「高さ」のインパクトはちょっと弱めになってしまいましたが、高層ビルからの眺めとゴッホの「ひまわり」をいっぺんに楽しめるのは世界でもここだけ。平成が終わるのに合わせたかのように地上に新館を建設していて、いつの間にか長くなった美術館名というか損保会社名共々、30年という時間は決して短くなはいと思わされてしまいました。

  • 14. 道がつづら折りになるチョイ手前 - 町立湯河原美術館(神奈川県足柄下郡湯河原町)

     超有名観光地である熱海のお隣、湯河原町も温泉の街ですが、大きなホテルのネオンが煌びやかな熱海とは方向性がだいぶ違います。特に「奥湯河原」と聞くと「庭園付きの和邸宅一棟貸し」だの「離れのみ、4棟」とか言った、高級外車が似合う隠れ家的な高級旅館が思い浮かんでしまうのですが、今回訪れた美術館はそんな奥湯河原のチョイ手前、谷沿いの昭和を思わせる温泉街の中に建っていました。 ざっとした御説明(2018年1

  • 13. 真鶴岬の先っちょ、原生林の中に静かに佇む - 真鶴町立中川一政美術館(神奈川県足柄下郡)

     東京方面からやってきた東海道線の車窓からの眺めは、小田原、早川を過ぎたあたりから「前は海、後ろは山」になって、関東の端と言うよりも伊豆の入り口といった感じが強くなります。  人家は入江の崖地に張り付くようにして建ち、森には常緑照葉樹の巨木。そんな景色のさらに奥、小さな岬の先端近くまで行ってきました。 ざっとした御説明(2018年12月下旬の情報です)  真鶴町にアトリエを構えていた中川一政画伯(

  • マーチングバンドの結果発表~~

    なんだか非常に疲れました・・・・ というのも、今回お泊りしてくれてるお友達は大学時代のお友達なので、彼女が東京にいた時はまだスカイツリーなんてものは無かったのです。 せっかくだから見たい&登りたいということで朝の8時出発!! 早く行って良かったですよぉ~~土曜日なのにまだそんなに人が来てなくて、並ばず入れました。 という私もまだ登ったことないのです(^_^;) スカイツリーできた時って確か一人48

  • コペンハーゲンの美術館 - デンマーク

     コペンハーゲンでびっくりしたのが中央駅の真ん前にある「チボリ公園」。東京駅の丸の内駅前広場に絶叫マシンを並べた感じ。クリスマスの電飾も始まっていて綺麗ではあったのですが、宙釣りブランコのタワーの高さやジェットコースターの捻れ具合はおぞましい程で、「身の毛がよだつ」という感じがぴったり。バイキングの末裔、侮りがたし…、でした。 ニイ・カールスベルグ・グリプトテクト美術館  カールスベルグは日本語読

  • デン・ハーグ、ロッテルダムの美術館とおまけ - オランダ

     朝から晴れた4日目は旅行中の小旅行、OV-チップカールトというICカードに「全国共通一日乗車券」をチャージしてデン・ハーグとロッテルダムへ。ちょうど、JR九州が九州内の鉄道と福岡の地下鉄、熊本の路面電車、鹿児島の市内短距離バス共通の1日乗り放題乗車券を発売しているといったところ。お得かどうかは微妙だけれど、列車を間違えて200kmくらい一気にあらぬ所へ連れて行かれても切符の買い直しがいらないとか

  • ハールレムの美術館 - オランダ

     オランダ3日目の朝はまたしても霧雨。とは言っても、現地の人は傘もささずに歩く程度の降りなので、観光旅行らしく「オランダの明治村」ことザーンセスカンスへ風車を見に行きました。しかしながら、着いた頃には風も吹きつつのまともな雨で、10時になってもあたりは暗い…。 そこで一人旅の柔軟さで予定変更、アムステルカードが使えて濡れずに済む「列車+美術館」をメインとして残りの時間を過ごす事にしました。行った先

  • アムステルダムの美術館 - オランダ

     中央駅からトラムで15分ほどのところにある「広場」という名の「広い公園」の3辺を取り囲むようにして美術館が三つとコンサートホールがありました。アムステルダム到着の翌日は霧雨が降り続ける暗い日で、公園への人出は少なめ。カフェやショップも人影まばらでしたが、美術館の方は盛況でした。  ちなみにコンサートホールは「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」という、日本でも人気の楽団の本拠地です。お昼に観光客

  • 古墳展@美術博物館

    市の美術博物館で開催されているご当地の里帰り古墳展へ行ってきました。 (考古学とか好き) 主な展示品: 金銅装馬具、ガラス製トンボ玉、金銅装圭頭太刀、金銅製杏葉、円筒埴輪、鉄製太刀ほか 館内は基本的に撮影禁止なのですが、ここだけは撮影OKでむしろSNS紹介推奨だったのでパシャパシャ。 文化財保護の観点から照明が控え目なのがちょっとあれよね。仕方ないんだけど。 ついでに館内の他の無料展覧会を一巡り。

  • 11. 彫刻に興味はないのに今度が3回目 - 彫刻の森美術館(神奈川県足柄下郡箱根町)

    ざっとした御説明(2018年11月中旬の情報です)  国立西洋美術館の前庭のように、美術館の庭に彫像が置かれていることは珍しくありませんが、こちらは屋外展示がメインの美術館。ピカソの絵画、陶芸と彫刻を展示する建物など屋内スペースも複数あり、そちらでは様々な企画展をやっているとのことですが、メインはあくまでも屋外のほう。日本では他にも屋外展示をメインにしている所があって、アラカンは同じフジサンケイグ

  • 【美術館・博物館決定版!】おすすめ美術館・博物館ブログ記事一覧 ミュージアムの写真たくさん有♪♪

    美術館や博物館へ行く前にぜひ僕・村内伸弘が写真や動画をたくさん撮り、心込めて書き上げた美術館・博物館旅行記(美術館・博物館ブログ集)をご覧ください。そしてミュージアムを旅してみてください。 美術館や博物館の歩き方 - 美術館や博物館の代表的景観、箱根彫刻の森美術館 ピカソ館 美術館や博物館はすばらしい! 美術館や博物館はうつくしい!! ▼美術館&博物館 尾道・鞆の浦旅行 鞆・町並ひな祭の雛人形めぐ

  • 始まりはアフリカ晴れのイタリアだった

     2012年の7月、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に行きました。ローマ、フィレンツェ、ベネツィア、ミラノという定番コースの添乗員付きパックツアーで、システィーナ礼拝堂で「最後の審判」、ウフィツィ美術館で「ビーナスの誕生」、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会で「最後の晩餐」を鑑賞するというもの。事前予約や団体さん用ファスト・トラックを利用して並ばずに入場できるというのが売りで、加えて、半日単位の

  • 秋はお出かけの季節です

    こんにちは! 先日友達とバレルコレクションを見に美術館に行ってきました。 バレルは産業革命期のイギリスの海運王と呼ばれた人で、 古今東西から贅沢な美術品の収集をしていたそうです。 パンフレットの絵は明るい青空ですが、全体的に暗い色彩の絵が多かったような・・ 恐ろしく暗い、黒い木陰の絵、怖かったな・・ こちらは踊り子の絵で有名なドガの絵、ほんわかと柔らかな色彩でほっとします。 何百年も前にイギリスの

  • こんなところにムンクの叫び

    今年5月、北欧に行った際、 ノルウェーのオスロ国立美術館に、 ムンクの叫びを見に行った、 色々思い入れのある“ムンクの叫び” 美術館の中で、ムンクのマグネットを購入しょうと、 けっこう楽しみにしていたけど、 このオスロ国立美術館の売店にあるマグネット、 全然楽しくないモノばかり、 もうチョット商売っ気を出して作ればいいと思う程、 ホント、な~んにもなかったの、 今は海外旅行記念として、自分へのお土

  • 【おすすめ無料ブログ】本心が書ける場所、そしてあなたの個人美術館がムラゴンです

    ブログの始め方 - ブログ初心者の皆さんへ、ブログ歴14年の僕からの熱いメッセージです(^^)/ みんな人間、あなた宝物。 ムラウチドットコム社長・村内伸弘です。 muragon(ムラゴン)であなたもブログを始めてみませんか? 僕自身が作って、ブログのすばらしさを語っているこの動画を、皆さんぜひご覧ください♪♪   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ブログの魅力を伝える動画 動画制作&出演: 村内伸弘(ムラウチ

  • 富山市ガラス美術館! キラリ☆

    おわら風の盆で、久方ぶりに… 富山へ、こゆるぃだケド… 昨夏は、よさこい祭り♪ と、 魚津・たてもん祭り♪ を、愛でたっけな☆ 大好きな富山ぢゃ‼ (*^ー^)ノ♪ ここ数年、ハマッてたり… ん… らぁめん♪も、んまぃし☆ やぁ… 美術館巡りも、楽しぃし♪ めっちゃ、ヲタきゅん‼ (* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪ で… こゆるぐ度に、此処へ行きまする* 富山市ガラス美術館 ・ キラリ 6Fに、グラス・アー

  • 北斎展

    ドライブ日和でした 途中 砂の像が 道の駅にありました。 「だいこん足の湯」に たくさんの方々が いろいろな足を(笑)入れてました。 あっという間に 「北斎展」会場へ。 北斎ファンの方々の気持ちが 少し分かったような気がしました。 作品数がバラエティーにとんで、浪富士のようなダイナミックなものから、 美人画から、漫画、妖怪、等々  ため息ですねぇ 時には茶目っ気たっぷりの笑わせる絵も描けるなんて

1 2 3