• エッセイ 資本主義経済考3 <リニア新幹線>

    運動はどのような運動であれ、それが継続されていれば、内的にソフィストケートされる。資本主義経済という大運動も、その例外ではあるまい。現代の日本では、それが資本主義経済に付随する特徴であった「速さ」として洗練された。 リニア新幹線は、そのもっともシンボリックな表現と言っていいもので、これが、確かに富を増幅させる装置になるかどうかは、今のところ白紙のはずである。大需要→大供給の図式は後乗りとなるからで

  • 誰かに求められて初めて価値が出る、何をするにもいつも中心に人がいる

    誰かに求められてない物なら 切り捨てる 求められる物に視点を変える❕ 結局誰かが求めている物を提供しないと 需要は生まれない だからこそ切り捨てるまたは切り替えが必要になる だけど自分の軸は曲げない、これを継続する事でやりたい事を継続できる。 全ての物事の中心には必ず人がいる