ビジネスのムラゴンブログ

  • 不倫と婚外恋愛 イメージ戦略

    「不倫」 という言葉を聞くと、この恋はいけないもの、 倫理に反している、 わたしはゲス、 わたしは最低、 罪悪感をもちながらの恋、 そんなイメージだよね。 結婚制度という法律があるからね。 法律違反ということになるし、 悲しむ人たちをつくるということで倫理に反していると。 子どもがいるとなおさら…。 それとメディア、マスコミ、文春砲などの雑誌は、錦の御旗を立てて、 「〇〇が不倫発覚!」 「あの人が

  • こんなの見つけた vol.180 【2019年5月23日 ネットより】

    2019年5月23日投稿 (ここに含まれる情報は全て投稿時のものであり、予告なく変更されることがあります) (詳細については、各主催者に直接お問い合わせください) 5月24日・31日 見学会 問い合わせは同社ハイポニカ事業本部(072・685・1155) 5月25日 5月25日 5月25日・26日 5月31日・6月1日 6月2日 6月2日 【高槻ナッシュビルウエスト】 6月3日まで 6月9日 【高

  • 椅子 トピック

    デスクワークで椅子は必需品。 多方、座る作業の健康に対するトピックはあまり、芳しくないのが現状・・・。 そこで、小耳にはさんだ情報の件。 コクヨが開発したオフィースチェアのingシリーズ。 身体や頭に貢献・・・。 まさに頭脳労働のための、デスクワークチェア。 ingの件、ご紹介。 頭脳労働で頑張るビジネスパーソンの健康にとか・・・。 自営業で頑張っているデスクワーカーの秘密兵器にとか・・・。 コク

  • 完璧主義ほど仕事が出来ない?

    ありがたいことに、この中身の無いブログも毎日100近いアクセスがあります。 ブログの世界ってすごいです! そんな私は、今日も1冊本を読んだのでご紹介します。 マンガですが、書いてあることは実用性が高いです。 ※私はマンガは賛成派です。短時間でイメージを持ちながら読み切れるので。 マンガでわかる! 「先延ばし」がなくなるノート術 宝島社 本 【勝手にソムリエ】・・・★5つが最高 ※個人の見解であり、

  • この記事を読み終えたら、1つ行動してみてください

    久米 信行さんの「考えすぎて動けない人のための「すぐやる! 」技術」を読んでみました。 「すぐやる! 」技術 日本実業出版社 本 著者の経歴紹介を辞めました。 その経歴がバイアスとなり、読む人の楽しみを減らしてしまうと感じたので。 【勝手にソムリエ】・・・★5つが最高 ※個人の見解であり、絶対的な評価ではありません。 タイトル ★★★★ ・・・シンプル。 内  容 ★★★  ・・・精神論が中心だが

  • 専門のスポーツマーケティングについてかいてみた

    こんばんは 少しずつ執筆活動にも慣れてきたので本業に関する記事を書いてみます。 実は、私、都内のポンコツ大学院生です。 専門はスポーツビジネスマーケティング研究をしています。 皆さんはスポーツマーケティングという言葉は聞いたことがあるでしょうか? スポーツという言葉はあると思いますし、マーケティングという言葉もあると思います。 しかし、私が学ぶのはマーケティングを親学問とするスポーツマーケティング

  • 胡散臭い本を代読してみた

    午堂 登紀雄さんの「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んでみました。 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人 学研マーケティング 本 【経歴】 中央大学経済学部卒⇒米国公認会計士⇒東京都内の会計事務所⇒アーサー・D・リトル⇒株式会社プレミアム・インベストメント& パートナーズ⇒株式会社エデュビジョン 【 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人のマリアージュポイント】 ・人生を後悔す

  • マーケティングって何だっけ?

    原点回帰ということで、少し専門分野のマーケティングについて書いてみます。 注:私は、あくまで研究者見習いであり、ビジネス現場の人ではありません。 【マリアージュポイント】 ・「ドリルを買う人が欲しいのは〝穴〞である」 【解説】 これは、1960年~70年に出版されたT・レビット博士の著書「マーケティング発想法」の冒頭に ある格言です。 《参考》 マーケティング発 想法 ダイヤモンド社 本 マーケテ

  • 経済学のエッセンスから始めよう

    ジャーナリストの池上 彰さんの「池上彰のマンガでわかる経済学〈2〉 ニュースがわかる」 を読みました。 池上彰のマンガでわかる経済学〈2〉 ニュースがわかる 日本経済新聞出版社 本 【経歴】 慶應義塾大学経済学部卒業⇒NHK⇒フリーランス⇒ジャーナリスト⇒信州大学経済学部特任教授⇒東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授⇒愛知学院大学経済学部特任教授、日本大学文理学部客員教授⇒名城大学特別講師⇒

  • 経済学とは〇〇な学問なんです

    ジャーナリストの池上 彰さんの「池上彰のマンガでわかる経済学〈1〉 経済のしくみ」 を読みました。 池上彰のマンガでわかる経済学〈1〉 経済のしくみ 日本経済新聞出版社 本 【経歴】 慶應義塾大学経済学部卒業⇒NHK⇒フリーランス⇒ジャーナリスト⇒信州大学経済学部特任教授⇒東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授⇒愛知学院大学経済学部特任教授、日本大学文理学部客員教授⇒名城大学特別講師⇒名城大学

  • そのHYIP案件平気なのか?MLM(連鎖販売取引)とはなんなのか徹底解説‼

    MLMとはマルチレベルマーケティングと呼ばれ、お堅く言い直すと、連鎖販売取引といいます。 連鎖販売取引  一言で説明をしてしまえば、個人を販売員として勧誘し、更にその個人に次の販売員の勧誘をさせるというかたちで、販売組織を連鎖的に拡大して行う商品・役務の取引のこと。  特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。 物品の販売の事業であり、再販売、受託販売もしくは販売のあっせんをする者

  • 本当のリーダーシップとは?

    悪いヤツほど出世する 日本経済新聞出版社 本 今回はジェフリー・フェファーさんの「悪いやつほど出世する」を読んで面白かったので、紹介します。 この本の主な内容といたしまして、世の中に存在するリーダーシップ論があまりにもひどいというテーマからはじまったおります。 アメリカにおけるリーダーシップ産業の規模は非常に大きいらしいのですが、そのわりに昔に比べて自分の会社のリーダーシップよくなったよねという、

  • ビジネスにつかえる心理学

    今回は、行動経済学や心理学の知識の中でビジネスで使えるものを紹介します。 選択枝は5つくらいに 行動経済学では、人は選択枝が多すぎると満足度が低下するとわかっています。 では、具体的にどれくらいの量がいいのか。5つ以上の選択枝が増えてしまうと人は満足度が低下してしまします。 具体的には、 同じような商品(色違い)などは5種類以上置かない。 商品の数が多すぎるときは、新しいジャンルを作成する。 マッ

  • 話し方

    本日読んだ本に直接質問と間接質問というものがあった。 聞きたいことを聞く前に「~についてお聞きしても大丈夫ですか?」と承諾を得ることなど相手を不機嫌にさせない質問を心がける。

  • 初投稿

    適当にアウトプットの場にしていきます。 よろしくお願いします。

  • システム手帳

    スマホにはない、システム手帳がもたらしてくれる、情報や記録の持ち歩き。 敢えて手間をかけて、バッグやカバンにしのばせておいて、手書きで保存。 いずれ愛着が芽生えて、結構長持ちなスローで存在感のある、ウェアラブル端末。 昔ながらのビジネスアイテムは、ペンを執って書き込む納得感を満たしてくれて記憶の扉としては、脳裏にシッカリインプットできるアイテム。 ホッタラカシにできない、身近で即必要な情報を保存し

  • ベトナムのマイニング企業も怪しい

    ベトナムのマイニング企業CEOが資金を持って逃亡wwwwwww損失額およそ38億円wwwww http://coinmatomesokuho.blog.jp/archives/10929178.html

  • 無料で紹介が苦手でもできる案件です

    お疲れ様です 暑い日が続きますが 熱中症にお気をつけくださいね 実は 月収3000万円の権利収入を 実質無料でゲットできるチャンスのお話をお伝えします 紹介が苦手な方でもできるグループです 実質無料なのでノーリスク グループがフォローしますので ノースキル 結果的にお金はかかりませんので 無料で参加できます 立ち上げにつき 参加されたい方をさがしています ご興味がありましたら 詳細の 資料をお送り

  • ブログは自由、ブログは平等。

    ブログを始めるとあなたは!? 老いも若きも、男も女も、個人でもビジネスでも、プロでもアマチュアでも、実名でも匿名でも、カジュアルでもマニアックでも、写真でも動画でも、短文でも長文でも、若者でもシニアでも、日本からでも海外からでも、交流してもしなくても、毎日でも時々でも、日記としてでもアルバムとしてでもメモとしてでも。ブログは自由度が高く自由自在に使えます。 ブログはとにかく自由で、平等なのです。

  • 本のレビュー「ビジネスモデル2025」

    この本も図書館で借りました。内容は、ITを活かした世界のビジネスモデルの最新の事例を解説しています。但し、この本の最初から半分くらのページまでは、各ビジネスモデルの事例について詳しく説明していますが、最後の方は、急いでまとめた感じで言葉不足を感じます。ここに書いてあることは、現在の最新ビジネスモデルと誰も想像できるちょっと先の予測です。従って、そらにその先を予測して、何か新しい事業を構築する際の頭

1 2 3 4 5 ... 6