• 宮本輝『にぎやかな天地』を読んで!

     大好きな作家のひとりである宮本輝さんの作品『にぎやかな天地』を 図書館で 借りてきて 久しぶりに 読んでみました。輝さんとは 私が 23歳の時 私の親父から 薦められた短編集『幻の光』から 始まって 約30年の付き合いです。私にとって 宮本さんの作品は 常に 生きることへの勇気を 与えてくれ、人として こうあるべきだ ということが 楽しく教えてくれ 人間勉強の小説と言ってもいいくらいで いきいき

  • 読書録① 宮本輝 「ドナウの旅人」

    「ドナウの旅人」は初めて読んだ宮本輝の作品だった。 僕自身3年前の冬にドナウの流れる東欧の国々を一人旅したことがあり、本屋で偶然目にしたそのタイトルに強く興味をひかれて上巻を手にしてみた。 ドナウの旅人〈上〉 (新潮文庫) 新潮社 本 作者の宮本輝は凄く昔の人だというイメージを勝手にもっていたけどWikipediaによれば 生年月日: 1947年3月6日 (70歳) と割と戦後生まれの方だったから