• 端午の兄弟とさわやかな季節!

    オリジナル小説「太陽の風になる!」の挿絵用に描いたものです。 兄の公一(高3)と弟の陽太(小2)は父親の違う腹違いの兄弟。 亡き父の後に母が再婚した陽太の父親とは仲が良くはないが陽太に対しては誰よりも愛情を注ぐように大切にする公一。 二人の兄弟のかけがえのない絆を描いた物語りですが文章として残していなくて海路と同じようにイラスト小説としていつかゆっくりと描いて行きたいと考えています。(*^_^*)

  • YouTubeで、「寄せる」感覚を養おう!

    おはようございます。 そうだ、「ボッチャ」をやろう!案内人の たけちゃんです。 本日は 、 [「YouTube活用術」で、寄せるイメージを膨らませよう!] ということで、 お話したいと思います。 ◇◇◇◇◇ 一昨日の日曜日、 「ボッチャ」の練習だったんですが、 昨年の年末くらいから 「自分の型」というか、 自分の中での 「いい感じ」のコツを掴んだため、 今回はすこぶる調子が良くて、 いい練習になり

  • 「ボッチャ」が、10倍簡単になる方法!?

    おはようございます。 そうだ、「ボッチャ」をやろう!案内人の たけちゃんです。 本日は、 [「ボッチャ」が、10倍簡単になる方法!?] ということで、 お話したいと思います。 ◇◇◇◇◇ さて「ボッチャ」っていうスポーツは、 基本 ボールを目標物に寄せ合う競技であって、 「距離感覚」の鋭さがものを言うんですね。 でもこの「距離感覚」ってなかなか難しくて、 毎回毎回の投球が あまり一定しないんですね

  • 端午の節句といえば。

    こんにちは🌞 今日は朝から義母の家に 出掛けました。 義母は目がほとんど見えません。 掃除もヘルパーさんにお願いしてます。 ヘルパーさんも掃除できる範囲が 決まっています。 前々から仏壇の埃が気になってたので 旦那さんと2人で掃除しました✨ 写真は撮ってませんが、 とってもキレイになりました😆 (自己満足🎵) 片付けを始めてから、見て見ぬふりを やめることにしたので、 とてもスッキリしました

  • 常識はひっくり返る

    きょうは・・・・・・・ (「フォーラム堺学第9集」高田武/2003より) 「鯉幟というのは追い風に乗って泳ぐものではない。逆風の風を口に受けて腹にためて、それをエネルギーに変えて浮力で上がるのだ。今の時代を生きる人々にとって、鯉幟に何か勇気づけられたり、教えられたりすることがあるのではないか」 ※「高儀」の高田武史さんは、昨今の住宅事情から考案されたという手書きの「鯉幟掛け軸」「鯉幟セラミック置き

  • こどもの日アレンジメント

    子供たちの幸せを祈って まだ菖蒲の花が咲かないけど、バラが咲ききってしまったので急いでパチリ。 私のグーよりデッカイよ!