• あなたのことはそれほど (再)

    しょこたんの役どころが気になる ストレス解消で他人を攻撃 ママ友のためとゆー大義名分で でもそのママ友にも嫉妬と怒り 私なんか…とゆー劣等感 共感より提案(それも正論)されて ストレスフル 「当たり前のことを偉そうに!」 仲里依紗演じる寝取られ妻も 育った環境に難があって 学生時代 学級委員を押し付けられて うぅ…なんか似たことがワタシにも(闇) 思い出したくないから忘れてた 委員 押し付けられた

  • 渇く乾く

    世間は梅雨 ストレスを溜め込んだ曇天 なーのーにー ワタシは渇いている ドライアイ ドライマウス ドライスキン ところによりインナードライ? リアル干物!Σ(゚Д゚) 「ボク、運命の人です。」 今期のドラマの中でホっとする 脱力して安心できるドラマw 阿佐ヶ谷姉妹のお姉さんが言ってた 三枚おろし→干物→佃煮 になるらしぃ(謎) …佃煮になる準備しとくかぁ?w 潤いは大事 心も生活もw 韓流追っかけ

  • なるほど(腑に落ちる)

    絶縁状という日記を書いた ワタシの場合  友だちと認識した同士の お互いの深い部分を共有してた(ハズ)の 関係が断ち切られるコトが絶縁 携帯の時代になって 住所録に気軽に登録 機種変するときにお知らせを送るかどうか この決断も軽く絶縁なのだな 何気にされたり してたりする日常 一昔前なら 電話は家族の共有物 なんとなく薄れた関係にも 気付かない そぅ…鈍感 便利な今 便利ゆえの ややこしさ 今まで

  • 本日は晴天なり

    あとで買い物行く として 今は ようつべで桑田佳祐チャンネル CD持ってるけど たまに映像観たくなる ほんの少し 桑田さんの顔みると癒される 中学の時からずっと好き サザンというより桑田さん個人w たぶん 本能で好き(謎) 理由は言葉にできない 好きだから好きなのだ DVDとかは買ってない …家族に知られるのがイヤ(何) 歌が好きということにしてる(建前) でも むしろ本人が好き(本音) …意地っ

  • 絶縁状

    ツバキ文具店(NHK)で語られていた どうでもいい繋がりとかなら  わざわざ絶縁しない 好きだから愛があるから執着があるから  絶縁するのだ 辛いから悲しいから これ以上は無理だから 前を向いて生きていくために (ドラマのセリフの再現ではない) 絶縁するには するだけの思いが存在する 絶縁するほうも辛いが  されたほうも辛いかも知れない でも裏を返せば それだけの思いがあった ということ 思いは重

  • one for all 、 all for one

    スポーツでは特に有名な言葉 ひとりは万人のために 万人はひとりのために ワタシは何ができる? やらない後悔より やった後悔 …口にしたものの 無責任すぎたorz やってしまったコトで とりとめなく後悔してる子 見てられなかったから 口をついて出た言葉 そう…思いやりではない ワタシが聞いていられなかったのだ  昔から言われていた ワタシは冷たい 後悔なんかしないにこしたことはない それでもしてしま

  • 老いは追々

    あちこち痛くなったり キレが悪くなったり(何) 見え難く聞き難く話し難い うーん 漢字の字面がどーにも暗い orz カラダが若い時とは明らかに違う でも今も悪くないと思う(負け惜しみ?) オシャレにかけてた時間はケアの時間 まだまだ人間関係しつこくいろいろある 子育てと親の介護が同時だったり お金も健康も 苦労や不安があるけど 天候の影響 モロに受けたり なかなか敏感なカラダの持ち主だけども 花や

  • ひとカラ

    少し慣れてきたw まだ機種の違いとかわかんない そして誰にも聞かないけど疑問 …アルコールはフリードリンクなのか? 飲まないからいいんだけどw 思い切り泣きたいとき 大声出したいほどストレスフルなとき ひとカラは大事な場所と時間 …泣きながら歌ってるオバサン(怖) こないだ行ったときは 知人を亡くしたときだった ワタシよりもっとショックを受けてる家族 その前では泣けない だから ひとカラ そして今

  • 人間万事塞翁が馬

    掛け時計 買った 電波時計!(電池ある限り正確) 選ぶのって楽しい? 楽しむってステキだ でもワタシは呪文のように 「後悔しないように損しないように」 目を凝らし頭の中フル回転 …楽しくな~いっ! 何も考えないで買い物できるほど 潤沢な資金は無い!のに 節約を楽しむ性格でもない それでも価格を比較して 性能を比較して …頭痛くなったorz Time is money 時間を浪費してる気がする 一番

  • こんなハズじゃなかった

    …と言われる ダンナには結婚一週間で(早っ) 学校の先生にも 「お前だけはマジメだと思ってた」 勝手に期待されて勝手に落胆される …もう慣れてきたけども 職場でも速攻「長」に気に入られたり (でもすぐに落胆されるんだけど) 習い事でも初めはトップ?に覚えめでたく やたら話しかけられ(同じ話の無限ループ) そして最後は華麗に無視(ソレってどぉよ) まぁ それなりにやらかしたけどw(正直) ざ・見掛け

  • 私見

    ワタシは男の子を授かった なかなかの小心者 ワタシの想像を超えていく 予想外に他人に叱られると固まった 1時間以上 しがみつき声も上げず ひたすら石になってた 子どもの世界は無法地帯 傷だらけで帰宅 それでも遊びたいから行く そのうち見栄を張る 怖がりな自分を隠すため ウソもつく 自分を守るため よく泣く子が泣かなくなった そのかわりにキレる 心は土砂降り ヤラレたらヤリかえした 世間は暴力的な子

  • モチベ

    教えられないこと 自分にもわからないこと モチベーション TOPになれるワケでも プロになれるワケでもないのは 本人もわかっていて 自分の可能性と限界と 好きなことと食べていくこと プライドみたいなモノとの 折り合いをつける 漠然とみてきた夢 これからどうするのか ワタシには経験がないこと? ふわふわな輪郭 あやふやな夢なら …あったのかも 現実に追いつくのがやっとで いつのまにか忘れていた ワタ

  • 折れる

    メンタル だメンタル 何をしても凹む こーゆー時は…遊ぶに限る! レッツ…何しよ(・_・;) 寝よ!(遊んでないじゃん) って書くと 少しホッとする 心の中を整理できた気がする だったら誰にも見せない日記でいい? …うーん 相当ブラックな内容になるかも 人目を気にすることで 書く内容をかなりセーブする それで自分の心が少しずつ落ち着く 制限なしに書くとヒートアップしそうで 自分の闇に呑み込まれそう

  • いかに小さき者とかは知る

    百人一首をパクるw ホンモノは いかに久しきものとかはしる だったかな… 自分の今が 他人任せと言うか あるヒトのお膳立てに乗っかってるだけで 土台がグラグラなコトに今更気づいた そ~言えば小学校時代 宿題忘れ常習犯のワタシ 授業中ずっと後ろに立たされ たまに廊下に追い出され(笑) 苛立った担任に 下のような詩?を暗唱させられた それも身ぶり手ぶりまで教えられ 立たされながら発表し笑いモノ扱い な

  • 木蘭の涙

    スタレビの歌 もう木蓮は散ってしまう 春本番が来る いろんな想いが去来する春 今年の桜 心静かに観れますように

  • 夢をみる

    眠った記憶がないのに 夢をみた …ウトウトしてる時間があるとゆーこと(安心) 今までみた夢で印象的なもの ①母の葬式(小学生の頃 抑圧の裏返し?) ②好きな人Aとの相合傘の落書き…中学生だったw ③付き合った人Bと駅でのすれ違い(駅名まで鮮明) ④好きな人Cと駅でのじゃれあい(願望でしかない) ⑤虹♪(ふわっふわでキラッキラのステキな夢) そして今回…「オーブントースター当選!?」 超現実的~♪ 

  • かてかて - 八王子のひと・モノ・こころをつなぐ情報誌

    かてかて 八王子のひと・モノ・こころをつなぐ情報誌 NPO法人 八王子ワークセンター ワークサポートかてかて 【かてかて】八王子周辺の方言で、まぜごはんを"かてめし"とも言います。そこから「まぜまぜ」の意味でつくった造語です。障害のある人もない人も、まぜまぜの社会をあらわしています。 うむむ・・・ 僕は代々八王子なんですが、この「かてかて」という方言は聞いたことないんですよね(笑)たぶん、八王子の

  • キャパ

    どーにもこーにも容量が小さい?少ない? バッテリーでもなく メモリでもなく ワタシorz すぐに行き詰まる すぐにパニック そして放棄 運が悪いとか 厄とか業とか 生い立ちのせいにして逃げる そして引きこもる 逃げてもいい時もある 逃げなきゃいけない時もある でも いつか自分の中で精算しなきゃ 封印したまま生きていくと どこかで壊れる …そんな気がする 良くも悪くも影響は避けられない 親子は難しい

  • おさらい

    いい加減うまくなりたい できることが増えて 動作も前よりわかってきた ツモリ でも できないことが見えてきて まだまだ険しくて遠い道で気が遠くなり 好きなのに辛くなったり このまま続けることに不安が芽生える なのに諦められない  カッコわるくても追い越されても 悔しいけどテニスしたい もっともっともっともっと 頑張ったら違う世界が見えるかな 真剣勝負の先に何かあるのかな とりあえず基本と応用 そし

  • 母への気持ち

    私の両親は若い頃から喧嘩ばかりしていた。 母は私に、父への憎しみや恨みを言って聞かせ、私も実際に暴力をふるう父を見ると「父が悪いヤツなんだ」と思って育った。 子供ながらに「離婚をしたほうがいいのではないか」と言ったこともある。 その時、母に「アンタ達のために離婚しない」と言われたのだ。 ところが、大人になり結婚をして子育てと仕事、そして離婚と再婚を経験すると、父だけが悪いヤツではない!と理解できた

1 2 3 4